ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

カテゴリ:オーディオ訪問記( 175 )

先日、エクスクルーシブさんの紹介でお知り合いになったナカナカさんより
深夜のメール便が届き、11日お暇なら遊びましょう!!とお声をかけていただいたので
早々、突撃訪問してきました。w

ナカナカさんのオーディオ日記のブログはこちらをクリック

自宅隣の旧家がフリーで空いているそうなので、そこの和室を
シアタールームとして使用されていました。

c0141933_22382738.jpg


ナカナカさんの使用システムです。

パワーアンプ EXCLUSIVE M5 (フロント)
       Exclusive M5a (センター)
AVアンプ  Pioneer VSA-AX10Ai-N

c0141933_22391793.jpg


スピーカー JBL   S3800 (フロント)
      JBL S2400 (リア)
JBL   S1500C(センター)
YAMAHA YST-SW1500 (サブウーファー)


プロジェクター  三菱DLPLVP-HC3000
スクリーン  OSスクリーン100インチ16:9 AM-H100B
プラズマテレビ HITACHI W55P-H8000(オマケ)

CD/DVDプレーヤー marantz DV9500
c0141933_2239495.jpg


EXCLUSIVE M5...は、AVアンプでS3800を駆動するもパワー不足で
鳴らないことから、エクスクルーシブさんの影響で導入したとか。w

c0141933_22355258.jpg


大画面55V型ハイビジョンプラズマテレビ  HITACHI W55P-H8000を導入するも
エクスクルーシブさんが導入したプロジェクターの大画面の映像の迫力に
圧倒され、即プロジェクター導入となったとか。ww

c0141933_22362276.jpg


近所に怖いマニアがいるとなにかと大変ですね~。www

和室にもかかわらず、フロントスピーカーからはそこそこ量感のある低音が出ています。
流石 EXCLUSIVE M5ですね。

しかし、解像度が低く全体的にベールに包まれた感じもします。
ナカナカさんも気にされている様子でしたので、手始めに高額な投資や機器の買い替えを
しなくても実践出来そうなアドバイスをします。
定位もぼやけているようでしたので、メジャーでスピーカー位置を測定しつつ
スピーカーの設置を追い込んで、ボーカルの定位を追い込んでこの日の
プチクリニックは終了。w

只今、ナカナカさんはネットデビューに向けてPCの勉強中ですので
近日中には出てきてくれるのではないかと思います。w

まだまだオフ会初心者とのことで、これからいろいろオーディオ&ホームシアターの
勉強したいとのことでしたので皆様にも今度とも宜しくお願いします!!とのことでした。

エクスクルーシブさんも途中合流されましたので、午後からも一緒に遊ぶことになりました。

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2009-07-11 22:50 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
夕方から、bio-nさん宅に遊びに行く。
エクスクルーシブさん & ナカナカさん bio-nさん宅のお洒落なハイエンド機器に驚き、
出てくる音にまた驚く。w

c0141933_0574228.jpg


使用しているスピーカーは...
REVEL AUDIO ULTIMA SALON レベルオーディオ ウルティマサロン
TacT Audio 2150X (タクト)を2台使用してバイアンプ駆動

c0141933_0575589.jpg


ESOTERIC P-70 をトランスポートとして使用 
ESOTERIC G-03X クロックジェネレーター

c0141933_05862.jpg


DAコンバーターは、TacTの内臓DAコンバーターを使用

小さなユニットからブリンブリンと肉厚な低音が出てくる。w
スキャンスピークのツイーターが採用されている影響か、綺麗な音色の高音は
まさしく美音。w

VICTOR AX-V8000 ホームシアター用アンプはこちらを使用する。
JBL L65 (アルニコのユニットに変更) シアター用のメインスピーカー

c0141933_165335.jpg


今日の目的でもある、ブルーインパルスのブルーレイディスクを視聴させてもらう。
流石、ハイビジョン YouTube の動画とはぜんぜん違う~w
そりゃ画質が違うのも 『 あたり前田のクラッカー 』

c0141933_059674.jpg


5月にちょこっとだけみることが出来たブルーインパルスの詳細はこちら

時間の関係でちょっとしか見れなかったので見飽きたら、今度レンタルお願いします。w

最近、ゴルフが忙しくてオーディオぜんぜんしていないbio-nさん。
そろそろゴルフは夏休みしてオーディオ遊びしましょう。
セプターも聴きに来て下さいね。久万のライブ一緒に行きましょう!!
[PR]
by contakuto79 | 2009-07-08 01:18 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
今日は、AMIEさん宅にONKYO MONITOR 100R を聴きに行って来ました。
私が、セプター5001をハイ落ちハイ落ちとアピールするので、
『ハイ上がり時代のONKYOサウンドを聴かせてやる!!』 と、オーディオ機材遺体安置所で
眠る100Rを引っ張りだしてきてセッティングしてくれたようです。w

c0141933_19205131.jpg


ONKYO MONITOR 100Rの詳細はこちら

100Rを駆動するアンプは、ONKYOの最高グレード M-510で鳴らします。
ONKYO Grand Integra M-510  の詳細はこちら

MONITOR 100Rの最大の特徴は,中域ユニット、高域ユニットの振動板として
世界初のマグネシウム合金振動板を開発して搭載していることです。

高域の伸びは綺麗に伸びていて、ハイ落ち感は全くありません。
32cmのコーンウーハーは、重低音こそ出ませんが、量感のある低音で
音の厚みもなかなかです。
1979年に発売された100Rのウーハーと同じとのことでアナログレコードでの
再生音に合わせて開発されているようで、CD再生の時よりレコード再生の時の方が
低音のバランスは良くなるようです。

しかし、中域ユニットのマグネシウム振動板は音色の癖が強く、楽器やボーカルの
音色が変わって聴こえてしまいます。
高域特性はそれなりに優れているマグネシウム振動板ですが、中域での
愛称の悪さがネックとなり、以後使われることはなくなったようです。

c0141933_19211079.jpg


今回視聴した100Rですが、内部配線が変更されています。
SPのアッテネーターを通らないようバイパスされ、フラットの特性になるよう
ネットワークを一部改良して組み直しているそうです。

中域の音色の問題で、ボーカルや楽器の音色を楽しむ音楽には愛称いまいちですが
派手な録音のフュージョンやロック系のドンパチ系サウンドを爆音再生すると
おおっ!!ONKYO結構いいじゃん!!と思わせる魅力もあるスピーカーでした。

100R以後、カーボンウーハーに変更され低音が出にくいウーハーが主流になったそうです。
時代は、レコードからCDに移り変わり、CD創世記に発売されたCDはハイ上がり録音が
多かったことあり、ダイアトーンを除く各メーカーから、ハイ上がりCDにバランスを合わせた
ハイ落ちスピーカーがたくさん発売される事になります。
1980年代中盤の頃ですから、セプター5001も時代の流れで自然とハイ落ち気味の
音作りがされたのも当時の時代背景が多く影響を与えたのでしょう。

当時、ハイ落ちにしなかったダイアトーンはその時代には高域うるさいと
相当叩かれたそうですが、今頃になって録音の良いCDは綺麗な高音がすると
再評価されるようになるとは皮肉なものですね。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-11-23 19:47 | オーディオ訪問記 | Comments(2)
今日は、愛媛県久万高原町で開催される野外ジャズライブに行ってきた。
『私も参加します!!』 と、香川県在住モモンガさんも参戦!!

モモンガさんのブログはこちらをクリック

オーディオ暴走機関車の異名を持つこの人の行動力は伊達じゃない。w
頭で考えるより即行動!!こういうフットワークの軽い人は私も大好きだし、
私自身もすごくいい刺激を受ける。041.gif

モモンガさんのリクエストで、まだ未訪問だというMitchieさん宅に立ち寄る。
育ちの良いお二人は、クラシックの話で盛り上がる。w

ズ―ンと下まで伸びる低音、程よく残響する弦楽器の音色。
クラシックがおいしく楽しめるように、うまく調理された音である。

c0141933_134676.jpg


一応質問してみたが私の問いに、『変えるかい!!』と即答するMitchieさん。w
どこかのマニア達のように、迷走しながらオーディオシステムいじりをすることもなく、
平穏な毎日を送っているようであった。w

c0141933_1343343.jpg


前回訪問時のクロスカット周波数

アルテック 604-8G 38cmウーハー :150Hz以下担当
アルテック 405-8H 10cmウーハー8発 :150Hz~500Hz
アルテック 288-16G 赤坂工芸ホーン :500Hz~5kHz
ゴトウユニット 160G :5kHz以上担当
パイオニア リボンツイーター コンデンサーカット:10kHz以上

プリアンプ : メジャグラン FAKE
チャンネルデバイダー : アキュフェーズ F25

ゴトウユニットとリボンの2種類のツイーターは、10kHz以上両方とも音出しして、
高域を重ねている。
アルテックの405-8Hは、ユニット8発とも同じ帯域を音だし。

次の予定に向かっていざ出発!!
3時間前にパンク修理をしたツアラーVで三坂峠を駆け上っていく。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-12 01:43 | オーディオ訪問記 | Comments(5)
茜屋を後にした3人は、新居浜のMichel邸を目指し高速を走ります。
運転手の私は居眠り出来ませんが、この日はポカポカ陽気でお腹も満たされ、
お二人はうとうと居眠りしながらのドライブとなりました。w

c0141933_1493377.jpg



JBL D-55000(エベレスト) 重さ145kgなり クレーンを使って2階の部屋に入れたそうで。w
c0141933_1452491.jpg


CDプレーヤー: esoteric P-2a + D-3
プリアンプ: YAMAHA C-2x
c0141933_146189.jpg


パワーアンプ: YAMAHA 101M

c0141933_145312.jpg


TICE AUDIO  Solo には太刀魚高級電源ケーブルが刺さってます。w
c0141933_1464513.jpg


前回訪問時とは、プレーヤーとパワーアンプが変更されてます。
前回は、ホワンと余韻の響きが綺麗で、柔らかい音色でしたが、今回は余韻の響きは
少なくなり、スッキリとした音色に変化していました。
音の見通しはよくなり、解像度は上がっていますが、あの美しい余韻が消えているのが
ちょっと残念でした。
個人的には、esotericのプレーヤーの影響では?と思っています。
c0141933_1484239.jpg



椅子は、テーブルにソファーをのせた物から、ハイカウンターチェアに変更されてました。w
部屋の影響により定在波が発生しているようで、視聴ポジションによりかなり低音の量が
違ってきます。
低音の量感をたっぷり聴くには、ちょうど立った状態での高さがベストのようで、
このようなハイカウンターチェアになったようです。

視聴ポジションの追い込みをしたことで、定在波のピークをうまく利用しているようで
JBLのこのタイプのSPが苦手な、なかり低い周波数もそこそこ良く伸びていますし、
80Hz付近の低域の痩せもうまく厚みのある低音に仕上がってます。

ボーカル物を再生すると、低音が邪魔になるのでは?と心配されていましたが
中低域のバランスは崩れていませんし、低音過多にはなっていませんので
ボーカル物でも問題ないように思いました。

高さによる音の変化を体感するKatyanさんの図
c0141933_1524931.jpg


むしろ、左右非対称な一時反射の影響により、左右の音ブレが発生していますので
そちらの方が問題ではないかと。
各周波数信号での確認は、もちろん参考にはなりますが、音楽再生の場合はただ低音と言っても
いろいろな周波数の音が複合的に重なり合って低音が作られてていますので、
最終的には、音楽での聴感上での追い込みがもう少し必要ではないかと思います。


しかし、このハイカウンターチェア 足が床に届かない程高く、決して座り心地はよくありません。w
軟弱者の私などは、3曲も視聴するとだんだん疲れてきて、横に置いてあるソファーに
座ってゆっくり音楽を聴きたくなってきます。ww
c0141933_14729100.jpg


しかし、椅子に異常なまでのこだわりのあるMichelさん。
休日など、この椅子に座って音楽を聴いているそうですが、最長8時間音楽を聴いていたそうです。(爆)

将来は、家を建てて専用ルームを作りたいというMichelさん。
しかし、現状でもまだまだ対策できる箇所はかなり残されているのではないですか?
高価なお買い物をするだけが、オーディオではないと思います。

とりあえず、フロント周りの空間の確保、SP横の反射対策、SPケーブル、視聴ポジションとSPの高さの問題、部屋に吸音素材が多いので、視聴横の反射板対策など...

出来ることから順番に対策していけば、さらにもう一段上のレベルにステップアップ出来ることでしょう。
今後のMichelさんの更なる飛躍に期待してみましょう。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-05-21 02:02 | オーディオ訪問記 | Comments(3)
日記の内容の関係で順番が逆になりましたが、toyo-tさん宅訪問の後に、
AMIEさん宅にも立ち寄りました。

AMIEさんが墓石...ではなく、御影石のボードとスピーカースタンドを導入したとのことで
偵察することに。w

DIATONE モニタースピーカー2S-3003の下には、重さが1個40kgもある御影石スタンド
いつものごとく気合で階段を持ち上げたのでしょう。w
c0141933_23244784.jpg


中国の石を取り寄せしたとのこと。

アンプは、前回訪問時は、ヤマハの 業務用パワーアンプPC2002Mを2台使用して
水平駆動してましたが、今回は高域のみビクター VOSS 業務用アンプに変更されていました。
c0141933_2325099.jpg


すっきりさわやかな音色ですが、AMIEさんはご不満のようです。
悪い音ではありませんが、高級スピーカーだけに値段を考えるともう少し音に華が欲しい気もします。

聴いていて、ゾクッと鳥肌が立つような音をだすのは、なかなか難しいのであります。
AMIEさんの迷走は、しばらく続きそうです。w

余談ですが、この御影石 墓石としても流用出来そうな大きさです。w
アンプの下の石のボードの上に、スタンド用の石を4個縦に積み上げれば立派な墓石の
完成です。w 南無~
c0141933_23252356.jpg


前回訪問した時の日記

[PR]
by contakuto79 | 2008-05-09 23:38 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
katyanさんと、久しぶりのtoyo-tさん宅 へ遊びに行きました。

波打つ天井。壁の平行面をなくす為、斜めになっている壁
定在波対策の為に、部屋の構造から対策されています。

精密位相合成 私のボンクラ頭では説明出来そうにもないので
HPを見てもらったほうが分かりやすいと思います。

toyo-tさんのホームページ

ホーンによるマルチチャンネルを組まれています。
c0141933_23531739.jpg


高音  ドライバー RADIAN 475PB-8  ホーンAH1210  
木枠 ラフトクラフト

中高音  ドライバー RADIAN 745PB-16  ホーン 田口製作所 TH1014  
木枠 ラフトクラフト

中低音  16cmフルレンジ FOSTEX FE167E    
 エンクロージャー FOSTEX E162B
c0141933_23504256.jpg


低音  38cm RADIAN 2215B  チューニング KOZY STUDIO  
エンクロージャー ラフトクラフト
c0141933_23495439.jpg


プリアンプ:自作 金田式CDラインアンプ
c0141933_23475871.jpg

チャンネルデバイダー: BEHRINGER DCX2496
パワーアンプ: marantz SM6100SA Ver.2  2台 中高音・高音用
        :crown D-45  2台 低音・中低音用
c0141933_23474199.jpg


オーディオケーブル: BELDEN 8412、88760
スピーカーケーブル: ウエスタンエレクトリック WE16GA
電源タップ :プロケーブル 重鉄タップ(4個口) 2台 (6個口) 1台
c0141933_234781.jpg

電源トランス :プロケーブル ダウン&アイソレーショントランス 3000W200V仕様
c0141933_23464315.jpg


CDの再生は、PCオーディオで再生されています。
マックのノートパソコンを導入され、本体のピンジャック出力から音声を取り出していました。
c0141933_23482773.jpg


最近、プロケーブルという内容が...のサイトの影響を受けたようで、そのHPの勧める
対策を続けると自分の好みの音とは違う、高域のハイ上がりが気になるようになり、
そのハイ上がり改善の為に、CRで-3db/octのパッシブフィルターを自作されていました。


c0141933_2349143.jpg

これでハイのレベルを下げながら、チャンデバでのレベル調整量を少なくして、
特性が階段状に下がらないよう滑らかな減衰を目的として自作されたそうです。
-3db/octで、1kHzに比べて62.5Hzで+12db、16kHZで-12dbの周波数特

金属被膜抵抗を7素子、ポリプロピレンコンデンサーを6素子も使用しているとのこと。
c0141933_2348441.jpg


しかし、思惑通りにいかないのがオーディオの難しいところ。
残念ながら、低音が大きすぎて、高域の情報が大きく欠落してしまいました。
音も全体的にこもってしまい、粒立ちもいまいちです。

正直な感想をtoyo-tさんに伝えて、この日は帰宅。

その日の夜にtoyo-tさんから、『結局、パッシブフィルターは外すことにしました!!』と、メールが届いていました。
そして、『再度フィルター無しで調整しましたので、調整の追い込みに立ち会って欲しい。』との申し出がありました。

そこで、翌日も早朝からtoyo-tさんに訪問することに...
続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-05-08 00:10 | オーディオ訪問記 | Comments(0)
エミフルMASAKIからの帰り道に、お借りしていた本を返しにOTさん宅に寄ってきました。
せっかくなので、ちょこっと視聴をすることに。

OTさんの使用システム

スピーカー:THIEL CS7
c0141933_1864674.jpg


プリアンプ :LUXMAN C-10
c0141933_187457.jpg


パワーアンプ :Acoustic Reality eAR1001
SACDP :SONY SCD-1 改

レコードプレーヤー: MICRO BL-91
トーンアーム:SME 3009
カートリッジ: DENON DL-103
c0141933_1873373.jpg


カセットデッキ: A&D GX-Z9100EV
チューナー: TRIO KT-9700


最近、Accuphase アキュフェーズ DP80L+DC81C を導入されていました。
c0141933_1881433.jpg


ちなみに、SONY SCD-1は、SACDとCDの音の格差を付ける為に、メーカーが
CDの音が悪く聴こえるよう細工してあるのを除去する為の改造手術が施されています。

しかし、音出し一秒で前の音よりDP80+DC81コンビの方が音が良かったりします。w
SCD-1になかった、音の余韻がちゃんと再現され、なにより音楽の陰影を深く表現してくれます。
c0141933_188407.jpg


この音に比べると、SCD-1はただすっきりとクリアーな音が鳴ってるだけというような
印象を受けてしまいます。
デジタルアンプの悪い欠点を、DP80+DC81がうまくカバーしてくれている感じかな。

古いプレーヤーとDACではありますが、当時世界最高の音を目指したというだけあり
今聞いても流石と思わせる雰囲気を持つ音であります。
良い意味で、アナログアンプに近い雰囲気の音色でありました。
c0141933_189093.jpg


昔の古いプレーヤーなので、どんなアンプやスピーカーと組み合わせるかで
評価が変わってしまうかもしれませんが、これはこれで相性が良い組み合わせで
いい買い物をしたのではないかと思います。

OTさんが、一緒にSP動かして音の調整しましょうか?と申し出がありましたが
前日、音の追い込みをしたとのことで、流石にセンターはピシッと合っていました。

音場の広がりは、SP間隔が狭いので、左右の壁がなくなるレベルまでは再現できません。
左右の音の広がりも調整である程度まではコントロール可能でがありますが
現状の環境では、これ以上追い込みしても意味がないよ!!と助言。

その理由は...OT邸に訪問したことのある人ならわかるかと思います。w
X-ファイル なみの極秘事項につき、ネット上では部屋の詳細をこれ以上、公開することが
出来ません。(爆)

OTさんのホームページ

[PR]
by contakuto79 | 2008-05-04 18:14 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
タケチャンさんから、次世代光ディスクのBlu-ray DiscやHD DVDに対応しましたので
見に来て下さいと、メールを頂いていましたので、早速偵察してきました。

広いオーディオルーム
120インチワイドスクリーン横にスピーカー3セット 横並び出来る広さ
c0141933_0103129.jpg


DVDソフト 3000本以上 そのほとんどが発売日の新品買い
毎日、一本映画見ても10年近くかかります。w
c0141933_011755.jpg


以前は、ヤマハのAVアンプを使っていたのですが、今回はONKYOに変更されていました。
何故か、音量も以前と比べ爆音派になっていました。w
映画視聴の音量は、四国で一番大きいかも。(爆)

ONKYOのプリアンプは、そのまま爆音再生すると高域がうるさくなり、耳に痛い音に
なってしまいます。
爆音再生する場合は、THXサラウンドのDSPをかけて再生すると、高域を絞ってくれますので
中域に厚みがあって耳が痛くない爆音再生が出来るかと思います。

小音量の場合は、THXのDSPをかけると、高域情報が減ってしまいますから、THX無しがオススメです。

スピーカーはB&W マトリックス802 タンノイ スターリング JBL L65(ジュバル)
c0141933_0163534.jpg

 
センタースピーカー B&W HTM1 我が家から、タケチャンさん宅に嫁に出しました。w
c0141933_01591.jpg


サラウンドスピーカーは天吊りに。
c0141933_2213248.jpg


高級レコードプレーヤーが物置に。w
c0141933_011405.jpg


ONKYO インテグラDTC-9.8(AVアンプ)
DENON DVD-2500BT(ブルーレイトランスポーター)
c0141933_229266.jpg


Toshiba HD-A35(HD-DVDプレーヤー輸入品)
DENON DVD3930(DVDプレーヤー)
YAMAHA YST-SW1000(サブウーハー)
c0141933_0205058.jpg


シャープ XV-Z11000(DLPプロジェクター)
c0141933_0284844.jpg


■CD
 ・ラックスマン38Signature
c0141933_2210036.jpg


 ・McIntosh
c0141933_2210182.jpg

 ・DCDCS102(CDP)
 ・タンノイ、スターリング & JBL
c0141933_020204.jpg


映画のお宝グッズもたくさんあります。
c0141933_0133954.jpg

エイリアン VS プレデター
c0141933_013344.jpg



これだけすばらしい環境があれば、オーディオも好きなことができてうらやましい限りです。
我が家の極小空間とは大違いで、圧倒されがっくり肩を落として家路につくのでした。

おしまい




偶然、床に転がっているHD-DVDプレーヤーを発見!!
置き場所に困っているようなら、お預かりしますよ。とアピールしておきました。(爆)
c0141933_0123414.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-04-11 00:27 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
善通寺に到着し、まずはcantea邸にお邪魔させていただきました。
canteaさんのブログ
c0141933_0184389.jpg


プリメインアンプ CEC AMP71
c0141933_0191190.jpg


CDプレーヤー CEC TL51XR
c0141933_0244616.jpg


DAコンバーター CEC DX71mk2(修理中)

スピーカー  ウイーン T2-G limited
c0141933_0221460.jpg


電源ケーブル MUSE MPC-1.5G 2本 200Vからダウントランスを使用
c0141933_0213281.jpg


SPケーブル  トレイル SCS-33
XLRケーブル    トレイル SCX-2
電源ケーブル病に感染しているようでした。(爆)

音の印象は、小口径のユニットからは想像出来ない様な量感たっぷりの低音が出てきます。
バシバシと切れの良い音は出ませんが、中域の音色は濃厚でツイーターからはキツイ音を
出さないので、タル~ンとした女性ボーカルはなかなかいい感じです。

このCECの特徴なのか、音数が少なく解像度は低いので、エネルギッシュで切れの良い
音は苦手としているようです。
フュージョン系サウンドやドラムの音などが、ちょっと元気がなく感じてしまいます。
c0141933_0225072.jpg


低音の量感がたっぷりあるので、昔の古い録音にありがちなJ-POPの低音が軽い曲が
痩せた音にならなくてGOOD!!
キャンディーズもそこそこいい感じで鳴っています。
しかし、最近のJ-POPの低音たっぷり録音だと、低音ボワンボワンサウンドになってしまうのでありました。w
c0141933_023669.jpg


かまぼこ男から、左上がりのダンディーへと変貌を遂げたようです。
得意、苦手な曲がはっきりわかれてしまうcantea邸サウンドでした。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-04-10 00:30 | オーディオ訪問記 | Comments(4)