ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

カテゴリ:オーディオ訪問記( 175 )

宗堂桜(そうどうさくら)を見に来た我々3人ですが、せっかくの満開の桜を前にして
昼食はお花見弁当でも用意して、この季節ならではの春の楽しみを満喫出来ればよいのですが
風情のないおっさん3人ではそんなことになるはずもなく...

近くの焼肉屋に飛び込んで昼食に肉を食らいました。
旨し!!

c0141933_23152783.jpg

c0141933_23153863.jpg

c0141933_23154171.jpg

jiroさんがNSXに乗ってみたいということで、ひでさんと2人乗りのNSXで
私を置いてプチドライブに出ていきました。
屋外に一人取り残されたされた私。

5分くらいで戻ってくるのかと思っていましたが
15分待っても戻ってこない!!

c0141933_23215094.jpg

仕方がなく 『 オセェヨ( ゚д゚)、ペッ 』 って電話したら5分後に戻ってきました。w

その後、jiroさん宅に遊びに行き3年ぶりに190インチの特大スクリーンで
ホームシアターを満喫させていただきました。

c0141933_23154531.jpg

機材があれからまた増えたようで部屋がオーディオジャンクハウス化しつつあり
以前より狭く感じました。w
音の方は大きな変化はありませんでしたがdcsのDACの音がちょっとうむむ!!でした。

4K映像ソフトの中から冷凍ポッドから起きたらとんでもないことになっていた
SF映画「パッセンジャー」の冒頭のみを少し見せてもらいました。
あれから続きが非常にきになっています。w

休日時間がある時に続きを見てみよう...






[PR]
by contakuto79 | 2018-04-14 23:23 | オーディオ訪問記 | Comments(6)
基本的な設計が新しいフルレンジの音を聴かせてもらうために
この後、ひでさん宅にお邪魔させていただきました。

c0141933_21431284.jpg

Dayton Audio(デイトン オーディオ) PS180-8 という18cm フルレンジ「8Ω」ユニットです。

c0141933_21434124.jpg

エンクロージャーは自作されたそうで、見た目はあれですがアルテックのスタンド用に使っていた
かなり厚みのある板を加工してBOXを組んでいますので、一般的な市販のブックシェルフスピーカーよりは
かなりしっかりした強度のあるエンクローシャーです。

c0141933_21435759.jpg

早々、おすすめの曲を聴かせていただきます。
ボーカルなしのジャズです。

うむむ...これが基本的な設計が新しいユニットのサウンドなのか...
シンバルを叩く音や擦る音などカンカン、シャンシャン、シュワンシュワンと
ひでさんが言う金属音の主張が半端ないまさしくカッキーンなサウンドです。

確かに、金属音の再現は我が家のロクハンサウンドは完全に負けていますね。
わたくし完敗です...

c0141933_21444232.jpg

続いて、女性ボーカルの曲をリクエストして聴かせていただきました。

うむむ...これが基本的な設計が新しいユニットのサウンドなのか...
人の声のサ行の音、『サシスセソ』の音が『シャ、シィ、シュ、シェ、ショ』に聴こえます。(爆)
サ行のキツさの主張が半端ないサウンドです。w

人の声の再現は我が家のロクハンサウンドは負けてないかも?

c0141933_21445745.jpg

低音も18cm一発とか思えないほどかなり厚みのある重厚な音が出ていますし
それでハイ上がりに聴こえるのは8K~10KHz付近にかなりのピークがありそうです。

DAコンバーターに安い中華DACを使っているとのことで、ひでさんにお願いして
そこそこ良質な部品を使っているDACと中華DAC交換してもらって
同じ曲を聴かせていただきました。

c0141933_21441783.jpg

すると、金属音の主張が半端ないカッキーンサウンドが普通の音のバランスで再現され
人の声のサ行の音、『サシスセソ』もキツさが取れて、特別な主張はないけれども
普通に良い音になりました。
中華DACの情報量の少ないドンシャリサウンドが原因だったようです。

ここで、Dayton Audio(デイトン オーディオ) PS180-8 ユニットの値段を考えると
もの凄いコストパフォーマンスの高いユニットである事を確認することが出来ました。

c0141933_21442519.jpg

良質なDACに交換することで、大きな不満のない良い音になりましたが
個性も消えてしまいました。
安物中華DACのドンシャリサンドがひでさんのシステムと組み合わさることで
強烈な金属音を聴かせるひでさんの音に仕上がっています。

この音は万人受けはしないかもしれませんが、自分が好きな音色を
特化させて仕上げた音作りは私にも共通する部分がありますので
ひでさんにとても良い刺激をいただくことができました。

今後、もう少し全体的な音の完成度を上げる予定とのことですので
ますます磨きがかかったひでサウンドに仕上げてくれることでしょう。

ひでさん どうもありがとうございました。


城南海さん 私も好きな歌声です。

城南海 - 月のしずく











[PR]
by contakuto79 | 2018-03-27 22:09 | オーディオ訪問記 | Comments(6)
今週は週末から2連休になりました。
のんびり音楽でも聴いて過ごしてみましょうかね。

楽人さん宅訪問への続きです。

久しぶりにオーディオギャラリー楽人さん宅に遊びに行ってきました。

『まだ僅かの微調整が必要かもしれませんが以前のように破綻することなく聴ける状態となっております。
また、当方独自の高周波ループ対策も最終局面をむかえ、かなりの成果を得ることができました。』

楽人さんより上記内容のメールをいただいていましたのでなかなか進まなかった
オーディオの追い込みが順調に仕上がってきたご様子の楽人さん。

c0141933_22362718.jpg

しかし、聞くところによると私が訪問する二日前に低音用パワーアンプを
YAMAHAのPA用パワーアンプに交換したとのこと。

私 『???』

c0141933_22364075.jpg

かなりの成果を得ることが出来たはずなのにパワーアンプの交換なんてことになってしまった
原因は、私が訪問する少し前に松山在住の辛口オーディオマニアのK氏と名乗る人物が
お見えになられたそうです。

楽人さん本人を前にして、K氏は『低域の解像度が何とか...』と痛烈なダメ出しをされたそうです。
僅かに芽生え始めた楽人さんのオーディオシステムの完成の手ごたえがあっさり崩壊してしまい
低音用パワーアンプ交換となったようです。w

c0141933_22364782.jpg


結果的には、低音用パワーアンプの交換が良い方向に音が変化したそうで
低音の量感がかなり増えたが、解像度も上がって良くなった!! と、楽人さん自身も
喜んでいるご様子でしたのでまあ結果オーライという感じでしょうか。ww


天吊りされたまま見ることが出来なかったプロジェクターも
見れるようにしたそうです。
脚立に上って、120インチの電動スクリーンを梁に縄で縛りながら
一人で相当苦労して天吊り工事をされたそうです。

c0141933_22365113.jpg

一人で無理して脚立から落ちて骨折でもしてしまっては、同世代の人と比べると
圧倒的に若く元気な楽人さんといえどどうにもならなくなりますので
助っ人が必要な時はお声がけいただければと思います。

c0141933_22365457.jpg

いつもの定番 高音質ハイレゾ音源が収録されているブルーレイソフトを
持込みして見せていただきました。
シアターの音源が、ワイヤレス転送を使った仮の配線状況でしたので
ノイズも少し含まれていましたが、今まで楽人さん宅で聴いた音の中では
一番の鳴りっぷりでなかなか良かったです。

4~50年前のかなり古いレコードをメインにデジタル変換して
パソコンで録音したレコードの音声をPCオーディオで視聴している
楽人さんのよく聴かれている音源では、楽人さんのオーディオシステムの
本当の実力を発揮出来ていないのかもしれません。

c0141933_22364406.jpg

ビンテージスピーカーなどは現代録音ソースよりも当時の古い音源と相性が良かったり
するように、高音質ハイレゾ音源などの現代録音の高音質ソースの方が
今の楽人さんのオーディオシステムとは相性が良いのでは?
と感じた楽人さん訪問でした。

c0141933_22363512.jpg

楽人さん ホームシアター音源のシステム構築のプランがまだあるとのことで
更なる完成楽しみにしていますね。
また聴かせて下さい。




[PR]
by contakuto79 | 2018-02-22 22:42 | オーディオ訪問記 | Comments(0)
我が家にロクハンを聴きに来てくれた楽人さん宅に
相互訪問で遊びに行ってきました。

その時に、先日の日記にも書きました終のオーディオについて
話題になりました。

楽人さんは自分自身、年を取ったなあと感じることが多くなったそうで
そう遠くない未来には、自宅のオーディオセット、コレクションしているレコードなどのソフト類、
オーディオルーム付きの自宅などすべて売却して老人ホームに入ることを考えているとのこと。

老人ホームに入ったら富士通テン ECLIPSE(イクリプス)のスピーカーでも入手して
施設に持込みしてそれでオーディオ続けてみようかなあ~なんて話をされていました。
ECLIPSEの音はまだ聴いたことはないとのことですが...

老人ホームで大きな音で音楽聴いたら怒られるかなあ~と心配もされていました。

c0141933_01485315.jpg

楽人さんとのトークは別の方向に広がっていきました。

楽人さん『この前、岩手県まで行ってきてジャズ喫茶ベイシーに行って来ましたよ!! 』
私 『交通手段はどのようにして行ったのですか?』

楽人さん『愛媛から自家用車で一人で運転して行ってきました。
途中、富山県を経由して東北方面をぐるぐる走り回り、自家用車で車中泊しながら
9日間で4000キロほど車で走ってきたよ。!!』
(楽人さんの車はキャンピングカーではなく普通の乗用車です。)

楽人さん 『9日で4000キロほど走ったけど、車中泊での旅の道中は全く疲れを感じなかったけど
自宅に帰ったらどっと疲れを感じてねえ...私ももう年なのかもしれないですねえ...』

と、疲れやすくなった自分の老いについて遠くを見つめながら語る楽人さん。
私なんか愛媛から香川まで往復しただけで疲れを感じるんですけど。(汗)

楽人さん『今度、北海道を車で走ってみたいと思っているので自家用車で
北海道まで行ってこようと思うんだよね。
RYOさん 北海道で訪問できるような知り合いのオーディオマニアさんとかいるの?』

c0141933_01485988.jpg


楽人さん 老人ホームや介護の心配はもう少し先でも大丈夫じゃないですかね。(汗)
楽人さんの我が道を突き進む原動力の源を見た気がしました。w






[PR]
by contakuto79 | 2018-02-15 01:52 | オーディオ訪問記 | Comments(2)
お好み焼きを食べた後は、ひでさんが借りているコーポに移動。

高松に一軒家と嫁を持っているひでさんですが、ここでは気ままな独り暮らし。
オーディオルームに入ると一番快適に過ごせそうな広い部屋に
オーディオ機器が設置されていますがそのスピーカーの目の前に
大きなベットが置かれています。(隣にも空き部屋があります。)

c0141933_19563858.jpg

スピーカーはユニットがマークオーディオのローゼンクランツ製のフルレンジ。

プリアンプは、真空管プリとトランジスタープリアンプのTMD MODEL-41 の二つ
使い分けされています。


c0141933_20002142.jpg

HTPCもローゼンクランツ製でローゼンクランツ機器も二つ使用。

c0141933_20004076.jpg

DACも、DR.DAC2とリモコン操作出来る現代チップを搭載したDACの二つを使用。

c0141933_20003492.jpg

真空管アンプも二つ並んでいます。

c0141933_20002973.jpg

ツイーターもTMD製の大きいツイーターと小さいツイーターを二つ使用されています。

なんでも二つが大好きなひでさん。
そういえば先ほどの大きなベットの上には形が違う枕が二つ
(゚ロ゚;)エェッ!? おんなのこも二つ
もしかするとここは瀬戸内の波止場の女と過ごすための部屋なのかもしれません。(爆



話がそれてしまいましたので音の感想を書き忘れてました。

フルレンジゆえの定位の良さ、ボーカルの口が見える音です。
音色がとにかく濃厚、特にDR.DAC2で鳴らした時の音色の濃さの人声の肉厚さは
なかなかよそでは聴けない魅力的な声を聴かせてくれます。

我が家のボーカルの声もあっさりした音に感じてしまいました。
女性ボーカルが特に良かったです。

c0141933_19564316.jpg

私も高松に住んでいたころはもっと濃厚な声の女性ボーカルを
鳴らしていたように思います。
ワイドレンジ化ゆえに失ったものもあるなあ~と昔を少し思い出しておりました。


TMD製の針金を張り巡らせた怪しいツイーター 個人的には導入効果絶大!!
欲しくなりましたが、思った以上のお値段で貧乏人には簡単に手が出せません。

ユニットはピエゾツイーターを使っていますが、製作者曰くこの針金からも
音が出ているらしいです。w
そしてその原理は科学的には説明できないらしい。ww

c0141933_20004751.jpg

しかし、結果良ければすべてよし!!
と言う事で、このツイーターの長所は、鳴らしてもメインスピーカーの音色を変化させない。
前後にツイーターを設置(左右合わせて4個使用)することで擬似サラウンド効果を
持たせることで、音場感が圧倒的に広くなり、楽曲の演奏しているステージの空間の広さを
感じることが出来るように変化します。

しかし、AVアンプや4CHサラウンドのような不自然さはなく、あくまで2ch再生の音場の広さのみ
劇的に改善している印象で不自然さはありません。

このような音場の広さは、一部の音場再生が優れたスピーカーとアンプを
組み合わせたときに聴けるようなサウンドでまるで高級ハイエンド機器で
空間表現を追及した世界観に近いものがありました。

c0141933_20060377.jpg

久しぶりのオーディオ視聴のお誘いでしたので私の耳が腐っているかもしれませんが
針金ツイーター とても刺激を受けました。
久しぶりにオーディオの可能性を実験したくなったひでさん宅訪問でした。


久しぶりにオデオ訪問記書きましたので 意味不明な内容で失礼をば







[PR]
by contakuto79 | 2017-11-26 20:33 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
ブログ休眠中に、なかなかお互いのタイミングが合わず
訪問出来なかったhogeさん宅にお邪魔させていただきました。

hogeさんは、オーディオ暦は長いのですが、自宅にオーディオの視聴で
オーディオマニアを招待したのはこれが人生で初めてとの事。

私がオタク訪問1号となりました。
2号は、少し送れてkuniさんも途中参加されました。

c0141933_22155738.jpg



hogeさんは、 Diatone DS-V3000 を改造していて
内部ネットワークを外に取り出しています。
ユニットからネットワークまでフジクラ CV-S 5.5の単線を使って引っ張り
内部配線を変更しているそうです。

c0141933_22161038.jpg



CDプレーヤーは使っていなくて、CD再生はパソコン用のドライブキットを
使っておられます。

c0141933_22161321.jpg



理由を聞くと、CDプレーヤーの再生中の動作音が気になるので
再生中はほぼ無音に近いこのドライブを使っているそうです。
音楽再生では特にSNの高さにこだわっていて、ノイズ等があると
気になって音楽鑑賞に集中出来ないとか。

■hogeさん宅の構成

スピーカー部
Diatone DS-V3000
↓SPケーブル
フジクラ CV-S 5.5

CD Player部
SONY/NEC Optiarc AD-7173A
パソコン用CDドライブ制御基板部品キット(Type-1) LCD付
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/mi_take4649?ei=UTF-8&ngram=1&sid=mi_take4649&mode=1

↓SPDIF(OPT)ケーブル
SPDIF-AES/EBU変換部
HOSA ODL-312
↓AES/EBU ケーブル
AES/EB-I2S変換部
DCX-2496 改
↓HDMIケーブル
DAC部
HTPC MY190-ES9018K2Mx2V2 改

c0141933_2216769.jpg



アンプ部
Audio Design DCPW-100 改

c0141933_2216434.jpg



hogeさん宅の Diatone DS-V3000 の音は、愛媛の
オデオマニア宅にはあまりない傾向の音です。
愛媛はどちらかと言うと、濃い音だったり煌びやかだったりと
オーナーの思い入れも加味された個性的な音が多いのですが、
hogeさん音は、色づけのない無色透明の蒸留水みたいな音色です。

c0141933_2216158.jpg



解像度が高く、派手さはないけど高域の抜けも良く、
不自然な誇張感のないある意味国産オーディオを正しく鳴らした
優等生のような音です。

hogeさん自身も、もう少し手を入れたい部分が残っているとのことで
この音の傾向のままもう少し追い込みをしていきたいそうです。

hogeさん どうもありがとうございました。
[PR]
by contakuto79 | 2016-06-22 22:20 | オーディオ訪問記 | Comments(3)
takaさんがシステムの上流機器の総入れ替えをしたので
聴きに来てほしいとの事で、休日にお邪魔させていただきました。

CDプレーヤーが、中学生当時に使っていた古いビクターのプレーヤーに
交換されてます。
DENONの高級レコードプレーヤーを新たに入手され、
カートリッジはDENON MC型カートリッジ DL-103

真空管のプリとパワーアンプが処分され、プリアンプがONKYOのP-309
パワーアンプがBOSSの業務用パワーアンプのバイアンプに。

c0141933_214719.jpg



べリンガーのチャンネルデバイダーから分配された出力をドライバーのみ
SPの内臓ネットワーク経由でユニットに接続。
ウーハーはネットワークをスルーしてパワーアンプとユニット直結。

イコライザーが撤去され、外付けフォノイコも撤去。

プリとパワーの間にチャンデバはさんで、ドライバーのみ
ネットワークを通す変則ですがシンプルな機器構成になりました。

中低音がずいぶんマッチョな音になっています。^^;
低い重低音は出ていませんが、国産箱のハンデを感じない音楽鑑賞には
不満はないレベルでしっかり厚みのある低音が出ていました。

中低音から中域までの特性が良いのか、人の声や楽器の音色は
不自然な感じもなくなかなかの音を聞かせてくれます。
アルテック特有の4~5kHzを持ち上げた誇張感もありません。

男性ボーカルのロックなんかは声も太くていい感じ。049.gif

c0141933_2135375.jpg



しかし、機器をシンプル構成に戻してしまった影響なのでしょうか...
システム大改造で音抜けがかなり改善され伸びがよくなった高域が
どこか行方不明になっておりました。008.gif

定番の 『 土と水 Duo Live in 萩 』 では野外での収録なので
鳥の鳴き声やセミの鳴き声などが収録されていますが、
これらの泣き声はほとんど聴こえてきません。008.gif

演奏さえ聴ければいいんじゃ~という意見もありますが。w

ジャズの演奏では、シンバルや「ブラシ」の音が遠くで鳴っている印象で
ツイーターが欲しくなるような良くも悪くもアルテックらしいサウンドに
仕上がっていました。


IPADの簡易測定をしてみました。
正確ではありませんので参考程度に。

c0141933_214122.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2016-06-19 21:13 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
高知遠征 デンジャラスサウンドさん宅に。

購入初日に壊した例の高級ツイーター

c0141933_21474864.jpg



そういえば、最初にデンジャラスサウンドさん宅に訪問したのも
私とエクスクルーシブさん、Katyanさんの3人でした。

c0141933_21483510.jpg



その時、映画 トップガンを再生した時の凄まじきど迫力サウンドに
衝撃を受けてから数年が経ちました。

そんなデンジャラスさんも、音楽再生の高音質化にも目覚め
ハイエンド機器がどんどん増えてきています。w

c0141933_21494545.jpg


c0141933_21494819.jpg


c0141933_214951100.jpg



そして、音質が良くなるにつれ普通のサウンドに近くなり
一番最初に聴いた迫力がマイルドになってきていました。
それでも普通のお宅の音とは根本的な迫力のレベルは違うのですが。w

c0141933_21492543.jpg



ブルーレイのワイルドスピードを再生します。

しかし、この日はSONYを導入してから一番迫力あるサウンドを聴かせてくれました。
Katyanさんのすぐ隣でTURBOSOUNDのサブウーハーが部屋中の空気を振動させながら
ソファーはボディーソニックを強烈にしたように揺れていました。

これには、Katyanさんの耳は鼓膜は破れる一歩手前になったそうです。008.gif

c0141933_21485086.jpg



アクションシーンの連続で、ドーン!!ドーン!!と爆裂音が軽く100dBを超える爆音で
鳴り響くのですが、この音が鳴り響くたびにビビってしまい体が何度も後ろに
仰け反ってしまうエクスクルーシブさん。037.gif

久しぶりのデンジャラスな音の復活に他では聴けない音を満喫させていただきました。049.gif

帰りに高知県越知町の自由軒に立ち寄り夕食をいただきました。

エクスクルーシブさんの豚カツ味噌ラーメン。
Katyanさんの味噌ラーメン
私の味噌ラーメン大盛り


c0141933_21472521.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2016-06-18 21:55 | オーディオ訪問記 | Comments(2)
高知遠征 kenkenさん宅訪問。

c0141933_23474460.jpg



最近、愛媛のマルチの重鎮達と積極的な交流を続けているkenkenさん
マルチの重鎮達に45cmウーハーの導入を勧め、皆が低音依存症に
かかってしまったとの噂を耳にしていました。

そんなkenkenさん自身も重度の低音依存症にかかってしまったようで
音の基本形として使っていたGENERECのモニタースピーカーからも
凄い低音が出ている状況。008.gif

c0141933_23473748.jpg



四方に大型スピーカーが設置されています。
BOSEの大きなPA用のスピーカーシステム

c0141933_23474094.jpg




38cmウーファが4本使われた、JBLの大型システム

c0141933_23501044.jpg



SONYのドライバーとエレクトロボイスの組み合わせの大型システム

c0141933_23473467.jpg


これらすべて低音の波に飲み込まれるようなサウンドです。008.gif

これには、さすがにやりすぎだろうという事で、愛媛軍団からkenkenさんに駄目出し!!

反省したkenkenさんは、パソコンの周波数測定キットを揃えて、
まずは周波数測定をしながら現状の音がどんなバランスなのか
確認しながらマルチの構築を改めて実践してみるということになりました。049.gif

c0141933_23473110.jpg


c0141933_23472843.jpg



今までは、耳だけで適当にマルチ調整をしていたkenkenさんですので
今度、訪問した時はきっとバランスの良い音を聴かせてくれるのでは
ないでしょうか?037.gif





[PR]
by contakuto79 | 2016-06-16 23:52 | オーディオ訪問記 | Comments(3)
morobare父さんと蕎麦屋に行った後は、新居浜市まで移動して
KDさん宅に訪問させていただきました。

KDさんは、ビンテージオーディオが大好きで、最近の新しいオーディオ機器には
あまり興味がないそうです。

ですが、惚れこんだ機器はどんな手を使っても入手したいと動く事もあるそうで
以前、雑誌のお宅紹介で掲載されていた珍しいビンテージアルテックスピーカーが
どうしても欲しくなり、雑誌に問い合わせをして誌面で紹介されていたマニアさんと
会う機会を作ってもらい、このスピーカーを譲ってください!!と、強引に買い取って
きたこともあるのだとか。037.gif

この雑誌の写真に写っているスピーカーが、我が家にあるこのスピーカーそのものです。
などといろいろ紹介してくれました。

c0141933_22245025.jpg



使用機器


プリアンプ
マランツ#7 シリアルナンバー64番
McIntosh C-11

c0141933_2218461.jpg


c0141933_22184964.jpg


他真空管パワーアンプもありました。

c0141933_22204981.jpg


c0141933_22205218.jpg


c0141933_22205553.jpg



ターンテーブル
Garrard(ガラード)301

カートリッジ
ortofon a-25D
Ortofon SPU-A 

c0141933_22175422.jpg



MCINTOSH MR71 チューナー

c0141933_2222295.jpg


グッドマン AXIOM80

c0141933_22235887.jpg



c0141933_22225791.jpg


c0141933_22261623.jpg



GAUSS 3000
JBL 075
jensen (ジェンセン) Lタイプ 45cmフィールド型ウーハー
ちなみに、このジェンセンのウーハー 中古でも100万円以上の値段で
取引されることもある貴重なユニットだとか。

c0141933_22233991.jpg



c0141933_2223976.jpg


c0141933_22242946.jpg



ALTEC 820C 民生用のアルテックでは一番大きいものとの事。



ALTEC 9844A

c0141933_22272349.jpg



ALTEC 821

c0141933_22312439.jpg


KDさんは、デジタル音楽は全く聴かないそうで、CDも聴かれないとか。
レコードとラジオのみ視聴されるそうです。
絵画もお好きなようで高そうな絵画が部屋に飾られていました。005.gif

この日は、ALTEC 820C とGAUSS&JBL&jensenの組み合わせで視聴させて
いただきましたが、ALTEC 820Cは音飛びの良い切れの良い音ですが
音色が柔らかで聴きやすいサウンドです。

c0141933_22315889.jpg


逆に、GAUSS&JBL&jensenは、切れが良くてちょととキツイ耳に痛い
音がビシバシ飛んできます。シンバルも強烈なエネルギーでこちらに向かって来る
音と対峙しているようなサウンドでした。005.gif

KDさん どうもありがとうございました。
[PR]
by contakuto79 | 2015-12-30 22:33 | オーディオ訪問記 | Comments(4)