ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

2018年 02月 04日 ( 1 )

2018年、年明け早々に親族に不幸がありました。
もう葬式の時くらいにしか会うことがなくなったいとこ達とも
ずいぶん久しぶりに会って話をしましたが嬉しくもあり悲しい再会でした。

それからまたすぐに別の入院中の親族がもう危ないかもしれないとの連絡を受けて
お見舞いに行ったりと、2018年は生と死について考える機会が増えています。

そんなこともあってか、何となく私の終のオーディオはどんなものだろうか...
なんて考えたりもしました。

パッと思いついたのは、『 ロクハンに始まりロクハンに終わる 』とという言葉。
昔、耳にしたオーディオ黎明期からの格言みたいな言葉ですが、
私のオーディオ遍歴を思い返してみますと、ロクハン使ったことがありません。w

もちろん、そのロクハンの音を耳にしたことは何度もありますが
自分自身では使ったことがありませんので、『 ロクハンに始まり 』すら
まだ経験していないことに気が付いてしまいました。

終のオーディオを迎えるにあたり、ますは始まりを知らなければ
終わりも何もあったものではありませんのでロクハンをとりあえず入手してみました。

グーグルで『ロクハン スピーカー』で検索すると一番最初に出てきたスピーカーユニットの
型番がダイヤトーンのP610 でしたのでとりあえずP610をゲットしてみました。

c0141933_20534093.jpg


DIATONE P-610MB

c0141933_20592320.jpg


ダイヤトーン50周年記念として復刻されたP-610シリーズの
16cmコーン型フルレンジユニット。

機種の定格
方式シングルコーン型フルレンジ アルニコ
口径16cm
インピーダンスP-610MA:16Ω
P-610MB:8Ω
定格入力7W
最大入力20W
出力音圧レベル90dB/W/m
重量0.92kg

P-610シリーズはNHKが自社で定めたBTS(放送技術規格)に最初に合格した名機で
P-610MBはその復刻版です。

終のオーディオについて考えるつもりで入手したのですが
まだまだ人生の修行が足りないのか物欲が邪魔をしてしまったようで
ユニット4個も入手してしまいました。w

c0141933_20534736.jpg


仕方がないのでとりあえず定番のエンクロージャーを入手して
2個のスピーカーユニットだけは音出し出来るようにしました。

さて残り2個どうしましょ。ww







第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by contakuto79 | 2018-02-04 21:02 | オーディオ | Comments(0)