ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

2011年 11月 27日 ( 1 )

珍しくbio-nさんからメールをいただき、何やら新しいAVアンプを導入したそうなので
助っ人に行く事になりました。
KKさんも合流して、3人で今回はホームシアターオフの開催です。

bio-nさんがピュアオーディオで使用しているスピーカーは、
REVEL AUDIO ULTIMA SALON レベルオーディオ ウルティマサロンを
TacT Audio 2150X (タクト)を2台使用してバイアンプ駆動しています。

ホームシアター用は、別のスピーカーを使っていて、JBL L65 (アルニコのユニットに変更)を
VICTOR AX-V8000 ホームシアター用AVアンプで駆動されていましたが...

VICTOR AX-V8000 が故障してしまったとのことで、自分の誕生日プレゼントも兼ねて
DENON AVC-A1HDを購入されたとのこと。

c0141933_22511491.jpg



次世代ロスレスサラウンドまで対応した、DENON のフラッグシップアンプです。
無線LANなども内蔵していて、パソコンの音楽データを再生したり、インターネットラジオ等の
音楽再生もこなしてしまう、PCオーディオもどきのことも、このアンプで出来てしまいます。

c0141933_22511542.jpg



AVインストラクターをお願いされていましたので、今回は次世代サウンドに対応させるべく
配線方法や、リアSPの正しい使い方講座などその場で出来る簡単なアドバイスをしつつ
機器の入れ替えをしていきます。

c0141933_22543419.jpg



昔のAVアンプなら、手動で細かな設定をするのが当たり前で、かなり手間のかかる作業が
必要でしたが、新しいアンプだけに測定用マイクですべて自動で調整出来てしまう優れものです。
おお~!!マイクケーブルを差し込むだけで、測定モードの画面が表示されます。005.gif

c0141933_2254294.jpg



bio-nさんが、VICTOR AX-V8000のSPケーブルを外して、DENON AVC-A1HDに
接続し直して、いざ測定開始!!

すると...画面には...
フロントLRスピーカー 逆相です。 の表示が。w
bio-nさん 大口あけてポカーン が久しぶりに見られました。037.gif
以前、私がTacTのフルデジタルアンプを持ち込んで以来ですね。ww

古いJBLのユニットは、端子の色とは関係なく内部で逆相になっていることがありますので034.gif
古いJBLユニットを使う場合は、正しい位相になっているかの確認が必要ですね。

c0141933_22543843.jpg




気を取り直して、位相反転させて、測定開始。
左右の距離の違いや、レベルの差など細かに測定されていきます。
下手な人間の耳よりはるかに性格ですね。w

c0141933_22525340.jpg


c0141933_22525418.jpg


c0141933_2252543.jpg


c0141933_22524711.jpg



自動調整でバランスの良いサウンドは出るようになったのですが、やはり映画のサウンドは
セリフをどう聴かせるかが重要なポイントですので、ここだけは私が手動調整で手直しします。
センタースピーカーのレベルのみ4.5dBほど持ち上げて、より映画館ぽい雰囲気の
鳴り方に変更してみました。034.gif

新型アンプを導入して、今まで聴こえなかった音も出てくるようになって
bio-nさんも大満足されていました。003.gif

使用しなくなったサイドのサラウンドスピーカーは、サラウンドバック、もしくは余ってるサラウンド端子が
あれば、リアSPの補助としてエフェクト効果を狙って鳴らしてみると、フロントとリアの繋がりが
さらに良くなるかもしれませんのでお試し下さい。
(5.1CHの(リア左右)以外のサラウンド信号で慣らします。)
[PR]
by contakuto79 | 2011-11-27 23:11 | オーディオ訪問記 | Comments(6)