ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

2011年 11月 04日 ( 1 )

九州リベンジツアー 第三弾!!

いつまでも青年さん宅での視聴はまだまだ続きます。
メインスピーカー JBLパラゴンに続きまして、次はサブスピーカー 
JBL EVEREST DD66000 を視聴させていただきます。(嘘)

私的には、今回の九州リベンジツアー 第三弾になります。003.gif

c0141933_20361287.jpg



というのも、2011年6月に九州遠征ツアーで、いつまでも青年さん宅にお邪魔させて
いただいたのですが、その時はスピーカーの内臓ネットワークを使用してバイアンプで
駆動して鳴らしておられました。
しかし、私が訪問した直後にチャンネルデバイザー  ACCUPHASE DF-55を導入し、
エベレストの低音用ダブルウーハーをマルチ駆動に変更したそうです。

すると、いつまでも青年さん曰く 『 自分ではそこそこ鳴ってると思っていましたが、
これはやられた!!と思ってしまうほど激変して良くなりました。 』 というじゃありませんか。008.gif

そんなことを言われたら、聴きに行くしかありません。!! ということで
九州リベンジツアーの大トリは、いつまでも青年さんに飾っていただくこととなりました。w

6月訪問の様子はこちらをクリックすると見られます。

いつまでも青年さん 使用システム

スピーカー      JBL Project EVEREST DD66000
プリアンプ          ACCUPHASE C-3800
パワーアンプ        ACCUPHASE A-60
               ACCUPHASE M-6000
チャンネルデバイザー  ACCUPHASE DF-55
クリーン電源      ACCUPHASE PS-1220
SACDトランスポート   ACCUPHASE DP-900
DAC          ACCUPHAASE DC-901
CDトランスポート     ESOTERIC P-0s VUK
DISC PLAYER      TAD D600
オーディオプレーヤー  LINN MAJIK DS
イコライザー       ACCUPHASE DG-48
アナログプレヤー     PIONEER PL70LⅡ
フォノイコライザー    LUXMAN E-200
FMチューナー      KENWOOD L-01T

c0141933_2036521.jpg



ツイーター、スコーカーはネットワークを使用して鳴らしていますが、低音用ダブルウーハーは
DF-55を使用して、ウーハーとパワーアンプを直結してマルチ駆動で鳴らしています。

私がセプター5001で遊んでいた時に完全フルマルチ駆動を実践する前に、検証用にウーハーのみ
チャンネルデバイダーで鳴らした、いわゆるなんちゃってマルチと同じ方法です。w
ちなみに、アキュフェーズの担当者が機器の売り込みも兼ねて、SPの配線変更、チャンデバの
設定等すべて調整してもらったそうです。
ウーハーのクロスオーバー周波数は、710Hzに設定されています。

c0141933_2036165.jpg



前回の訪問時に比べ、最初の第一印象はとにかく分厚く重厚感ある低音の一言に尽きます。
低音の鎧を身にまとったサウンドは、部屋の空気を揺るがしながら低音の波がうねりをあげて
こちらに押し寄せてきます。005.gif

おお~、この音がいつまでも青年さんが求めた低音なのですね。
これはまさしく、低音依存症の人が大好きな低音です。(爆)

この音を求めるなら、ネットワークのバイアンプで鳴らすエベレストでは、優等生サウンドに
感じてしまう事でしょうね。037.gif

c0141933_2036970.jpg



いつまでも青年さん宅でなければ出来ないような夢のトランスポート対決です。
アキュのSACDプレーヤーに、トラポ最高峰P-0s、超高級国産 D600に
最近流行のネットワークプレーヤーまで
このような贅沢な遊びの機会を提供して下さり、いつまでも青年さんには、感謝感謝です。(^^)
それぞれ長所がありますが、個人的にはトラポにP-0sを使い、DACにTADを使った音が好きでした。

トランスポート対決エントリーモデル

ACCUPHASE DP-900

c0141933_20361790.jpg


ESOTERIC P-0s VUK

c0141933_20362268.jpg


TAD D600

c0141933_20361938.jpg


LINN MAJIK DS

c0141933_20362570.jpg



ウーハーのクロスオーバー周波数は、現在710Hzに設定されていますが、
500Hzでもメモリーされているようでしたので、ボタン一つで切り替え出来るようになっています。034.gif

低音フェチに喜ばれそうな なんちゃってマルチサウンドを堪能させていただきましたが、
残念ながらスコーカーは、ネットワーク駆動ゆえミッドのクロスオーバー周波数を
変更する事が出来ませんので、クロスを変更して音の違いを確認する事は出来ませんでした。

人の声や楽器の低音など500Hz付近の音をウーハーで鳴らすかミッドのホーンで鳴らすかで
スピーカーを買い換えたほど音が違った印象のサウンドに変化しますので
スコーカーもマルチ駆動してあれこれ調整してみると、ケーブルやアクセサリー調整の変化とは
また違ったエベレストが今まで見せてくれなかった全く違った表情を覗かせてくれたりと
とことんオーディオ弄りして遊んだら楽しそうだなあ~と思いました。

でも、これでスコーカーまで手が入ってしまうと、またまた九州リベンジツアー計画せねば
ならなくなってしまいますが。(爆)

難物を言われる DD66000 ですが、そこまで突っ込んでオーディオ遊びしても
それに答えてくれそうな可能性を秘めたスピーカーは、流石JBLのフラッグシップだけありました。


いつまでも青年さん 夜遅い時間までどうもありがとうございました。051.gif
[PR]
by contakuto79 | 2011-11-04 20:00 | オーディオ訪問記 | Comments(6)