人気ブログランキング |
ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

Cello チェロ Encore 1MΩL

なな、なんとォォォォ!!

『OTさん』が、Cello チェロ Encore 1MΩL とかいう庶民には縁もゆかりもないような
超高級プリアンプを導入してしまうという暴挙をやらかしたので、
冷やかしがてら見に行って来た。w

話によると、国産最高級のLUXMANやアキュフェーズあたりの贅を尽くした最高級品が
70万とか40万とか言っている時代に160万以上の札を付けられていたらしい。
OTさんは中古を70万円でゲットしたそうだが、その購入動機と言うのが、
健康診断で肺のレントゲンに影が映ったので病気になってしまった気分になってしまい、
いつ死んでも思い残すことがないようにと、憧れだったこのプリアンプを貯金全部はたいて
購入してしまったそうな。w037.gif
(後の再検査で特に異常なしだそうで。)

c0141933_2111878.jpg



ただOTさんのことだし、憧れだった超高級プリアンプだろうと適当に繋いだだけでは
ないのかと思ってお邪魔させていただくと、期待以上にめちゃくちゃなセッティングで
思わずずっこけそうになった。037.gif

LDプレーヤーの上に、アンコール 1MΩL を置いているのだが、その間には
キズが付くからと、100円ショップで売ってそうな厚みのあるスポンジシートが。008.gif

c0141933_211158.jpg



ケーブルは、どこかで拾ってきたような配線と、このクラスのオーディオ機器を
使っている人の中でここまで適当にセッティングが出来る人は、日本広しといえど
OTさんの右に出る人はいないであろう(爆)

c0141933_21119100.jpg



そんな状態なので、当然まともな音が出るはずはずも無く、OTさんがまだオーディオの情熱に
満ち溢れていた頃に構築した、LUXMAN C-10Ⅱを主軸とした現在の組み合わせの方が
まともな音がしていたのだ。

んッ!!まともな音がしていたのだ。??

LUXMAN C-10Ⅱと繋ぎ変えて鳴らしてもらったが、かつての熱気のある熱い音が出てこない。
OTさんといえば、ブログを見ての通りバイクマニアに転向してからの2年間、ほとんど
THIEL CS7 を鳴らしていなかったそうな...007.gif
長い間、バイクに浮気をしたことでTHIEL嬢のご機嫌を損ねてしまったようで、
しばらくは愛情たっぷりに可愛がってやらないと、本来の輝きを取り戻すには
もうしばらく時間がかかりそうだ。


OTさんのシステムの詳細はこちらをクリック


Cello チェロ Encore 1MΩは、最新のアンプに比べレンジは広くはないが、
ハイエンドの風格が漂う綺麗な高音と、時折見せる上品な佇まいは、
秘めたポテンシャルの高さはまだまだんなもんじゃないと感じさせてくれる。

低域の押しの弱さや、中域の音のヤセ、これらはAcoustic Reality eAR1001 の
パワーアンプとの相性の問題が大きいように感じた。
極上のアナログパワーアンプとの組み合わせを一度聴いてみたい。

個人的には、OTさんに1MΩ持ってきてもらって、モデル8と組み合わせで
ジェフのシナジーと対決してみたい。w

まだ導入したばかりなので、これだけでアンプの評価を下すには早すぎると思うし
是非、OTさんには追い込みしてバッチり鳴らしきった本当のチェロのサウンドを
聴かせてほしいと思った。

c0141933_2111391.jpg


c0141933_2111542.jpg




昨日、OTさんのホームページの過去のネタを読み返していたのですが、
この頃のオーディオの情熱が蘇れば、Encore 1MΩLも自分の音に手なずけることが
きっと出来ますよ。049.gif

OTさんのホープページはこちらをクリック

今日も、X-ファイル なみの極秘事項で、部屋の詳細写真を公開することが出来ない
状態なので、システムのアップ写真のみでご容赦願いたい。w


OTさん どうもお邪魔しました。
暇な日曜にでも、プリウスの試乗も兼ねて、北の国からのDVD取りに来てくださいね。w
by contakuto79 | 2011-01-16 21:29 | オーディオ訪問記