ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

7月24日 アイテムえひめにてプロレスリング・ノア 松山大会が開催されましたので
プロレス観戦に行ってきました。

プロレスの開催情報を最近調べてなかったので、この松山大会のことを
知ったのは、開催3日前の木曜日のAMラジオ放送だったりと...008.gif

c0141933_0162011.jpg



その日の仕事帰りに急いでローソンチケットでチェックしてみると、まだチケットの売れ残りが
あったようでしたので、前から3列目の特別リングサイド席をゲットしてみました。042.gif

c0141933_0155620.jpg



当日は、自由席は満席状態で立ち見の人もいました。
リングサイド席もポツポツ空席もありましたが、ほぼ満席状態。
ノアの発表では、1800人(超満員)だったそうです。

前日の大阪大会では、小橋選手の復帰試合や杉浦 貴VS佐々木健介 のシングルマッチが
あったりと、大きな大会の翌日の松山開催ということで、地方大会特有のやや緩い試合が
多い感じではありましたが、ノアらしい試合も見れたので楽しい時間を過ごす事が出来ました。


第一試合 15分1本勝負

 Oモハメド ヨネ vs ロッキー・マルビン  X

8分02秒 キン肉バスター → 体固め 

c0141933_0163845.jpg




第二試合 15分1本勝負
 
 O佐野巧真 vs リッキー・マルビン X

7分32秒 北斗ボム → エビ固め


c0141933_0165970.jpg



第三試合 タッグマッチ30分1本勝負

齋藤彰俊
 O齋藤彰俊  田上 明 vs  小川良成 井上雅央 X

12分48秒 スイクルデス → 片エビ固め

田上社長は、お笑いプロレス専門になったようで。w

c0141933_0172439.jpg


c0141933_0172642.jpg




第四試合 タッグマッチ30分1本勝負

 O杉浦 貴  森嶋 猛 vs  秋山 準 青木篤志 X

13分51秒 オリンピック予選スラム → 片エビ固め


c0141933_0181738.jpg


c0141933_0181564.jpg


秋山選手は、大会開始前の売店でサイン会もしてました。

c0141933_0181919.jpg




第五試合 ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦Aブロック公式戦30分1本勝負

 Oザック・セイバーJr. 滝澤大志(KAIENTAI-DOJO 
               vs
    ジャック・エバンス(AAA) アエロ・スター(AAA) X

13分39秒 腕ひしぎ逆十字固め

アエロ・スター選手の場外への空中殺法は、無謀というかとても危険な飛び方するので
相手選手が体で受け止めてくれないと即病院送りになりそうな予感。w
ジャック・エバンス選手は、片手で逆立ちしたりブレイクダンスを華麗に踊ったりと
試合前のパフォーマンスがプロのダンサーなみに凄い。

c0141933_0203310.jpg


c0141933_0203167.jpg




第六試合 ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦Bブロック公式戦30分1本勝負

 O小峠篤司 原田大輔(大阪プロレス) vs エディ・エドワーズ  デリリアス  X

20分31秒 変型回転エビ固め(※雁之助クラッチ)

デリリアス選手は、奇声を発したり紙テープを食べてみたりと意味不明な行動ばかり。w

c0141933_02226.jpg



第七試合 6人タッグマッチ60分1本勝負

鈴木鼓太郎
 O谷口周平 鈴木鼓太郎 潮崎 豪 vs KENTA 金丸義信 平柳玄藩 X

19分01秒 原爆固め

c0141933_02353.jpg


c0141933_023790.jpg


c0141933_023810.jpg



メインイベントは、流石ノアという動きを少し見ることが出来ました。
個人的に気になった選手は、KENTA 鈴木鼓太郎 選手。
テレビで見る印象そのままの戦いっぷりを松山大会でも見せてくれました。

観客からどよめきがおきる潮崎選手の逆水平チョップ。
平柳選手は、このアイテムえひめがデビュー戦を戦った会場だとマイクアピールも。w

今回は、二時間ピッタリに終了する新日本とは違い、2時間25分で終了となりました。

休憩時間の売店には、前日の大阪大会で復帰した小橋選手もいたりと。w

c0141933_026168.jpg


ディファ有明とか日本武道館のノア試合 一度は見に行きたいな~。003.gif
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-25 00:42 | その他 | Comments(4)
最近、ipad2で遊んでいます。
ipad2の内臓スピーカーはチープな音なので、ipad2で再生するyoutubeの音を
オーディオルームのメインスピーカーから音が出るように出来ないかと、
ipad2から無線LANを使って音声信号のみ飛ばしてみました。

デスクトップのウインドウズPCを使って初期設定するのに、いろいろ制約があって
ちょっと設定に手間取ったので、翌日仕事があるにも関わらず音だしが完了するのに
夜中の2時までかかってしまった。w

というわけで、ipad2のair play とりあえずタッチパネルの画面をポンと
一回触るだけで、内臓スピーカー、メインスピーカーの切り替えが出来てなかなかいい感じ。

オーディオルームには、PCオーディオ用のノートパソコン置いてあるので
それでyoutubeの動画みればいいじゃん!! と言われてしまうとその通りなのですが、
まあ、新しい流行になんとなく便乗してみました。w

不恰好な配線がないのでちょっとお洒落な感じです。
映像信号も一緒にワイヤレスで飛ばしてしまうと、ipad画面では映像が
表示されなくなり、TVとipadの両方を同時に映像を映すこ事が出来ません。
(音声のみ飛ばすとか選択不可)
音声信号のみ受信するワイヤレスの音声受信機か、Bluetooth受信機等の
音声専用器を使って受ける必要があります。


おまけで、ウインドウズXPのデスクトップパソコンに、ipad2で再生する動画と音声信号を
ワイヤレスで飛ばしてみました。
ウインドウズ7とMACは、air playの受信に対応していますが、ウインドウズXPは
air playの受信には対応していません。

NET framework 3.5 SP1
アップルが配布している純正のBonjour for Windows もしくは QuickTime for Windows
のどちらかをインストール

上記二つをインストールして、AirPlay for Windows というソフトを起動させた状態で
ipadから動画をair play すると、パソコン画面に動画と音声が飛んでいきます。

c0141933_2354658.jpg



ipadの動画を大きな画面に飛ばすメリットくらいしかないですが、パソコンに飛ばすなら、
最初からパソコンで動画見れば良いわけですが、まあ深くは考えない事にしましょう。w

Apple TVを買うと8800円しますが、PC使えばワイヤレスの受信機800円あれば
費用が1/10で大きなテレビ画面に動画を伝送出来るというメリットだけですけどね。ww
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-16 00:05 | オーディオ | Comments(4)
57号線を東に走り、大分県入り。
途中で、 道の駅 すごう に立ち寄り、ちょっと遅めの昼食タイム


全国でも鶏肉消費量が最も多い大分県。
それもそのはず、大分県民は結婚式やおめでたい席などでも、とり天や唐揚げが
振舞われるほどの、とり天(唐揚げ)大好きな土地柄だったりとか。w
道の駅の食堂も とり天(から揚げ)専門店だったりします。

c0141933_2333152.jpg


唐揚げが一番好きで唐揚げを食べると幸せになれる人たちによって組織されている
日本唐揚協会では、大分県はから揚げの聖地とされているそうですよ。ww

私も以前、大分県に住んでいた事がありますので、その当時は安くておいしい
『とり天弁当』のお世話になりました。003.gif

道の駅 すごう の 丸福です。
丸福は、竹田の名店、丸福食堂ののれん分けの唐揚げ屋さんで、
からあげ激戦地、大分でも地元の人も間違いなく旨い店と評価の高いお店です。

c0141933_23331835.jpg



ここはやはりお店の名前が付いている、 まるふく定食1050円を注文してみます。

c0141933_2333216.jpg



しかし...持ってこられた定食のボリュームを見てちょっと焦るRYOさん。008.gif
写真だと、その大きさが伝わらないかもしれませんが、ご飯はお茶碗サイズではなく、
どんぶりめし大盛りサイズ。w
鳥汁も、吸い物や味噌汁などのお椀サイズではなく、これまたカツ丼クラスの大きさの
どんぶりサイズであります。

c0141933_23331351.jpg



そして...から揚げ1本+とり天4切れが これまたでかい!!
現物みると想像以上の大きさにちょっとびびります。008.gif

c0141933_23331096.jpg



若かりし頃、夕食のご飯は2合飯を食べていたあの頃の私なら楽勝ですが、
胃袋が縮んでしまった今の私にはギリギリサイズ。w

気合入れて、なんとか完食しましたが、この日は晩御飯も食べれないほど
満腹になりました。

恐るべし、まるふく定食!!

道の駅 すごう HPはこちらをクリック




佐賀関のフェリー乗り場に、16:55 到着。
船員さんに、フェリー乗れるかもしれないから急いでチケット買ってきて!!といわれ
大急ぎでチケット購入して、17時出港のフェリーに転がり込むことに成功しました。

フェリーで四国に渡り、瀬戸内海の海岸線を100キロ程走って無事帰宅となりました。
なかなかハードな二日間でしたが、何日も旅したような充実した時間を過ごすことが出来ました。

c0141933_23431788.jpg



四国に渡ってからもずっと雨は降り続いていました。057.gif
しかし、周りは大雨が降っているにもかかわらず、私の旅の終わりを見守るかのように
雨降りの空の中、夕日が顔を出してくれる不思議な光景を目にする事が出来ました。058.gif


九州どたばた珍道中 おしまい


c0141933_23364583.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2011-07-11 23:57 | グルメ | Comments(8)
オーディオ道場を後にしたRYOさんは、熊本県の阿蘇山を目指します。

この辺りの町並みは、景観を守る為なのか建物や看板などがお洒落な感じで統一されています。
ローソンまで、道の駅みたいな雰囲気の外観になってたりと...

c0141933_1124593.jpg


今回は、阿蘇山の南登山道からアタックしてみました。

c0141933_11752.jpg


流石、大雨洪水警報の効果は絶大です。日曜日にもかかわらず道路は貸切状態。w
普段の日曜なら、多くの人がおとづれる阿蘇も、この日は人がいません。(爆)

渋滞もなくあっという間に頂上付近に到着。
ここからロープウェイを利用すると、噴火口近くまで行く事が出来ますが、
大雨で外に出たくないので、有名スポットの写真だけ車の中から撮影していきました。

c0141933_172786.jpg


阿蘇山山頂付近のロープウェイ乗り場の近くの、古坊中と呼ばれる場所です。

火を吐く阿蘇山は原始時代から信仰の対象として崇められていて、
古坊中とよばれる一体は、かつて山岳仏教の一大霊場だったとか。

OTさんに、阿蘇に行くなら 米塚と草千里、大観望のフランクフルト350円と
ソフトクリームプリン450円を食べれば十分とアドバイスをいただきましたので
大雨の中、一応全部行ってみました。w


まずは、草千里
ここの景観は、私の写真ではその美しさがぜんぜん伝わりませんが、
まるで、あの世の世界の天国でも眺めているような素晴らしい景観です。

c0141933_1173419.jpg


c0141933_1382912.jpg



米塚
なんとなく登ってみたくなりました。037.gif

c0141933_120158.jpg


阿蘇の東登山道を下り、ミルクロードから大観望に移動。
大観望からの絶景は...何も見えないし...w
雨の四国カルストに匹敵しますな。(爆)

c0141933_1211150.jpg


大観望の売店は、多くの店員さんが暇そうに窓の外の嵐を眺めていました。w
大雨でソフトクリームを食べる気分じゃないので、フランクフルトをゲット。
その場で、ボイルしてくれます。ちょっぴりスパイシーでなかなか旨し。

c0141933_1235033.jpg


せっかくなので、阿蘇名物のミルクロードも完全制覇してみました。

c0141933_126847.jpg



緑の絨毯が広がる広大な牧場の真ん中を道路が走っています。
ちなみに、このミルクロードは、牛、馬が優先道路となっていますので注意が必要。

c0141933_1261123.jpg


c0141933_1264417.jpg


ミルクロードからひごだいロードを経由して、57号線に抜けてみました。
今回は、天候に恵まれませんでしたので、また熊本はリベンジしてみようと思います。


57号線を東に走り、大分県を目指します。


続く...
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-10 01:48 | 旅行 | Comments(2)
道場の一角に、壁を作って個室風にしている視聴スペースに案内していただきました。
ここのシステムは、オーディオ道場のオーナーのオーディオ人生の集大成とのこと。005.gif

視聴用の椅子の目の前には、トーレンス リファレンス という超高級レコードプレーヤーが
設置されています。
オーナー曰く、30年前に中古で購入したそうですか、当時でもトヨタのクラウンが
新車で購入出来る位高かったそうです。w
今でもオーディオ中古店に並ぶと、350~400万近い値段になってますね。008.gif

c0141933_0443823.jpg



メインスピーカーは、JBLの初期の最高傑作の一つで、
JBL D30085 HARTSFIELD ハーツフィールドです。

c0141933_0451459.jpg



ただし、オーディオ道場のオーナーは、そのままオリジナルの状態で鳴らしているのではなく、
時間の都合で詳細なクロスとかユニットの組み合わせまで確認しませんでしたが、
1950年製のタンノイのユニットと組み合わせて、ネットワークも変更しているようです。
多分、3AWYに変更して鳴らしているのかも。

c0141933_0453783.jpg



ここは、小編成のジャズで、オーナーオススメの曲を聴かせていただきました。
録音は、この機器が作られた当時の古い録音とのこと。

c0141933_0455612.jpg



部屋は、非常に暗いので、SPとかオーディオ機器とかはっきり見えないのですが、
その暗闇の先に、楽器を演奏している人が実際にいるような実在感のあるサウンドでした。

c0141933_046411.jpg


c0141933_0463982.jpg



レコード針のコレクションコーナーもあったりと。w

c0141933_0474963.jpg


c0141933_0475194.jpg


c0141933_0475898.jpg


c0141933_048027.jpg



真空管コレクションコーナー

c0141933_048350.jpg


昔、見たことがあるような家具調ステレオも展示されていました。
我が家にも、昔これに似た雰囲気のビクターの家具調ステレオありました。

c0141933_049217.jpg


c0141933_049068.jpg


c0141933_04939.jpg


c0141933_049552.jpg


400畳の道場に展示しきれていない機器や、道場隣の建物にも音楽視聴ルームなども
あるみたいですが、AM9:30からはじまったオーディオ道場見学も
時間はすでにAM11:30

この後、阿蘇を経由して大分入り、フェリーで四国に渡ったりと長距離移動がありますので
もう少し時間に余裕があるスケジュールでの再訪問を約束して、オーディオ道場を後にしました。

オーディオ道場編おしまい。

九州どたばた珍道中は、まだ続きます。w
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-07 01:06 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
北海道ツーリングに出かけた翌日に、バイク事故を起こし大怪我したOTさんが
手術を松山でするために帰ってきたそうなので、恒例のエクレアを一六タルトで買い占めて
お見舞いに行ってきました。w

二枚目のOTさんの顔が、総合格闘技の試合後の選手みたいな顔になっていますが、
まあまあ元気そうで一安心しました。
バイクの燃料タンクにしこたま金玉を強打して、いまだに金玉の激痛にもだえている
OTさんが人生初の金玉の手術にビビッテいる様子でしたので、1個になっても子作り出来るらしいから
大丈夫!!と激励して帰宅しました。ww

OTさんより伝言で、これ以上のケーキ類の差し入れは、太るから禁止だそうです。037.gif
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-04 21:49 | その他 | Comments(6)
400畳程の広い空間で、その広い室内に所狭しと並べられたアンプ・スピーカー・
時計・カメラの数々。

c0141933_22593793.jpg



主に、1950年~1980年代頃までの製品が中心ですが、
ただの古いジャンクスピーカーが並んでいるわけではありません。

当時、フラッグシップとして販売されていた最高級クラスの機材ばかりが
無造作に大量に並んでいます。w


c0141933_22595161.jpg



劇場用の巨大スピーカー 実物は想像以上にでかいですよ。
当然、我が家には入る大きさではありません。w
写真のスピーカーのユニットは小さく見えますが、38cmウーハーですから。(爆)


c0141933_22595373.jpg



JBLのオリンパスやパラゴンのベースになったスピーカーも聴かせていただきました。
ユニットは、JBL 375 を使ってます。

c0141933_22593662.jpg


c0141933_22593825.jpg


「オーディオ道場」のオーナー、片山昇氏が集めに集めたコレクションの数々。

c0141933_230402.jpg


c0141933_2304049.jpg


「オーディオ道場」のオーナー 片山昇氏は、一部のマニアの間では絶大な人気の
あのサトリアンプの開発に携わっているお方でもあります。
まさに、ここはサトリアンプの聖地で総本山でもあるのです。

c0141933_2304033.jpg


c0141933_22595155.jpg


c0141933_22595385.jpg


「オーディオ道場」のオーナー曰く
『ここにも2台ほどサトリアンプを置いているけど、サトリアンプは万能なアンプではない。
でも、<サトリアンプの音> というのがあるアンプだから、その音が好きな人には
使ってもらえたらそれでいいと思う。』 とのことでした。

c0141933_22595029.jpg


c0141933_2259479.jpg


c0141933_22594429.jpg



「オーディオ道場」という名前から「オーディオ道」を極めるのかと思いきや、
オーナーのお父さんが日本一の剣道家だったそうで、そのお父さんが
作った剣道場だったそうです。

まさに、本物の道場なのですね。
お父様の亡き後、道場の使い方を間違えたオーナー。
オーディオで日本一を極めようとしているのかな。005.gif

c0141933_22594988.jpg



道場の一部に壁を作って、個室風に作られたオーディオ視聴スペースがありました。
そこに案内されると...ウヒャー!!こんなものまで。w
 
c0141933_23191057.jpg


続く...
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-02 23:41 | オーディオ訪問記 | Comments(10)
熊本の山の中の怪しい施設に到着。

『 オーディオ道場 』 という名前の オーディオ喫茶店です。w

c0141933_04157.jpg



ここは、営業時間とか定休日とか特に決まっていないのですが、
だいたい 昼頃から夕暮れ頃まで営業しているとか。

しかし、私が到着したのはAM9:30
一応、オーディオ道場に電話してみると、運良くこの日はマスターが道場に泊まっていたそうで
すぐにお店を開けてくれました。

マスター曰く、『この時間に飛び込みで来てお店に入れる人は珍しいよ。』 
『運命が巡り合わせてくれたのかもしれないね。』 とのことでした。042.gif

c0141933_041319.jpg



場所が非常にわかりにくい所にありますので、ここまでたどり着けた人だけ
接客するという珍しい喫茶店で、商売っ気は全くありません。

席に着くと、一応メニュー出してくれますので、1ドリンク500円で注文可能ですが
注文してもしなくても良さそうな感じ。w

そう...ここはただの喫茶店ではありません。

中に入って、チョー吃驚です。005.gif

マスター自ら集めたオーディオコレクションを披露するための施設なのです。w

c0141933_042419.jpg


続く...
[PR]
by contakuto79 | 2011-07-01 00:10 | オーディオ訪問記 | Comments(8)