ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Wilson Audio System 5 のエンクロージャーにはウレタンシートを
貼っているのですが日本の湿気にやられて、ボロボロになってしまった...

デビット・ウィルソン氏も、日本の湿気のことを考えていなかったのだろう...007.gif

Wilson Audio System 5 詳細はこちら

メーカー修理に出すと、高額な修理代がかかるらしいので、ボロボロになった
ウレタンシートを自分達で剥がしてみる事にしました。

哀れ!! Wilson Audioがこんな姿に...

c0141933_23463562.jpg



指でボロボロになったウレタンを剥がし、スプレーのシール剥がしを使って
少しづつ剥がすも、簡単には剥がせないので大変な作業に。w

Kuniさんが黄金の親指を使って必死で剥がしにかかりますが、横10cm 縦2cm
剥がしたところで、親指の指紋が消えそうになりリタイヤ。w

私は、2日前に仕事中の研磨作業で高速回転させた研磨ブラシをうっかり
利き手の親指に当ててしまい、親指の指先の一部が薄皮状態で
黄金の親指を披露出来ず。。008.gif
しかも、腰痛の悪化で作業を見守るだけで必死な状態です。w
翌日は、コルセットで腰を固定して仕事しました。ww

c0141933_2346363.jpg



AMIEさんが必死にプラスチックのヘラを使って、PUPPY-5の片側のみ
大まかに削ります。
ただこの作業、ノリの下にヘラを差し込んでそぎ落とさねばならないので
相当の力仕事になります。066.gif
AMIEさんはこの作業で肩が痛くなりました。021.gif

c0141933_23463767.jpg



どうも、ブチルテープを使ってウレタンを貼り付けているようです。
湿気でウレタンが痛まない国では、簡単に剥がれないようブチルを選択したのかも
しれませんが、これが作業を大変なものにしているようです。
シールはがしを使っても、ブチルがこびりついて綺麗に剥がす事が出来ません。

AMIEさんの秘策のブチル対抗兵器が、我が家にも在庫がありましたので
なんとか綺麗にブチルを剥がす事が出来る事だけは確認して、
この日の作業は終了。042.gif

まだまだ綺麗に仕上げるのは時間がかかりそうなので、正月中にはなんとか
したいと思うも、腰の具合がいまいちなのでどこまで進む事やら...w


AMIEさん Kuniさん どうもありがとうございました。051.gif
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-30 00:01 | オーディオ | Comments(4)
Kuniさん、AMIEさんが我が家に遊びに来られました。
Kuniさんはレコード何枚も持ってきてくれたのに、ウィルソンのSPゆっくり視聴して
いただく事が出来なくてごめんなさい。008.gif

今日は、音楽視聴なしのオーディオ工作の日なので、強制的にお手伝いしてもらいます。w

我が家のセプター5001は、3WAYそれぞれのユニットをパワーアンプで直結して
駆動する完全マルチチャンネル改造していましたが、今後のオーディオを
いろいろ模索するために、純正のネットワークに戻しました。

c0141933_0121121.jpg



Kuniさんも参加されましたので、セプターの裏板外しを手伝っていただきました。
私の過去の日記を読んでくれている人ならその大変さはご存知だと思いますが、
ハンマーを握って、腕を突っ込んで結構大変なんです。w

c0141933_0121060.jpg



これで、Kuniさんもセプターの裏板を外した男として、自慢デキマスヨ。w

左スピーカーの裏板が外れにくかったので、強引にハンマー振り回したら
私の右手の甲から出血してしまいましたが、なんとか作業無事終了しました。051.gif

c0141933_01287.jpg



AMIEさん、Kuniさんお手伝いどうもありがとうございました。

この日は、オーディオ工作前に、ちょこっとだけウィルソンのシステム5で
Kuniさんの持込レコードを再生してみました。

YESのアルバム 90125 から Owner Of a Lonely Heart  (1983年)
CDよりレコードの方が録音がかなり良かったです。

c0141933_0121034.jpg



Owner Of a Lonely Heart - Yes


[PR]
by contakuto79 | 2010-12-29 00:16 | オーディオ | Comments(8)
AMIEさんが好みの音色のアンプをゲットしたそうなので、ちょこっと聴かせていただく。
東芝の業務用パワーアンプ TOSHIBA ADP-1010H 
中身は、Aurexのアンプと同じなのだとか...

c0141933_2313255.jpg


視聴1秒で、いつものアムクロンでは感じられない、フワ~としたホールトーンに
包まれていて、実に心地いい音色にビックリ!!

解像度や音の分離感などは良くないのでオーディオマニア受けはしない音かも
しれないが、無骨なデザインのアンプから出てきたとは思えない、わかる人には
わかる音楽を美味く聴かせるツボを心得たような音色でちょっと感心した。w

c0141933_23132327.jpg



AMIE邸で懐かしのアイドルソングを聴かないのは、豚太郎でニンニクの入っていない
味噌ラーメンを注文するようなことでもあるので、ここはAMIEさんオススメの
80年代アイドルソングを聴かせていただく。ww


菊池桃子/ESCAPE from DIMENSION から Say Yes! (1986年9月3日)

c0141933_2313256.jpg


c0141933_2313284.jpg



80年代途中で、精神年齢の成長が止まってしまった私としては、やばい…萌えすぎる…w


[PR]
by contakuto79 | 2010-12-27 23:21 | オーディオ訪問記 | Comments(6)
年末の仕事のピークもなんとか乗り越えたのでボチボチ活動開始。

この前、プチツーリングの出先で隼のセルモーターが回らなくなり、
あやうくJAFのお世話になるとこだったが、なんとかエンジン再始動に成功し、
とりあえず家まで帰宅することは出来た。008.gif


ということで、バイクからバッテリーを外し、そのまま放置プレイが二週間。

AMIEさん所有の充電器を使わせもらおうと、バッテリーを持込をすることにした...

充電器にセットし、スイッチON!!
3秒後に、充電不能のサインが出て、あっけなく終了。(涙)

c0141933_21182823.jpg



GS YUASA(ジーエスユアサ)のバッテリー お亡くなりになってるようでした。w
あ~あ、2万円もするバッテリーなのに...まだバイク買って1年半しか経ってないし。ww

仕方がないので、ネットで安物買って1年で使い捨てする事にしよう...020.gif

午後から、AMIEさん、Kuniさんと久しぶりのオーディオ遊びをした。
音楽はほとんど聴いていない疲れたオフだけど。ww
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-26 21:21 | | Comments(2)
タカタ邸訪問の後、広島での夕食に、スパゲッティーのお店に行きました。

c0141933_0174214.jpg



釜あげのスパゲッティー 洋麺屋 五右衛門 

釜あげのスパゲッティーって...讃岐うどんじゃないんだから。w

c0141933_0174390.jpg



面白い和風テイストの店名に、興味津々でメニューを眺めて見ましたが、
いたって普通のパスタ屋と同じような感じでした。

釜あげというくらいですから、麺つゆで食べる 『ざるスパゲッティー』とか期待していたのですが
そのまでの冒険心はないようです。w

スパゲッティーをフォークではなく、箸で食べるスタイルのお店のようです。

秋のきのこと豚肉のよくばりスパゲッティー(醤油バター)のメンズセットを注文しました。
メンズセットは、大盛り+スープ+ドリンク で1200円なり

c0141933_0174732.jpg



こってりした醤油バターに半熟玉子がからみ、食欲をそそる濃厚なスパゲッティーが
どんどん胃袋に吸い込まれていきました。w

c0141933_0174965.jpg



なかなか美味しいスパゲッティーでした。003.gif


全国展開しているチェーン店のようで、HPがありますので詳細はこちらをどうぞ!!
パスタの通販もあるようです。
HP:http://www.yomenya-goemon.com/


広島滞在中、お世話になりました皆さん、どうもありがとうございました。051.gif
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-07 00:21 | グルメ | Comments(2)
広島遠征第三弾 安芸国のオーディオ桃源郷!! タカタ邸訪問 パート3

パート1も合わせてご覧下さい。詳細はこちら

パート2も合わせてご覧下さい。詳細はこちら

オーディオルームに転がっているおもちゃ達です。005.gif
タカタさん曰く、同じ音だけ聴いていると飽きるのだそうで。w

懐かしの名機「LUX SQ38D」 ウッドケースは、ウォールナットの自作です。

c0141933_23162685.jpg


c0141933_23162249.jpg



最近導入したとう、「WE VT52」使用のトランスドライブ600Ω受け
トランスドライブ型式のプッシュプルモノパワー2台。

c0141933_23162872.jpg


何故かミキサーもありますが、これはただのコレクションでしょうか?
使うことあるのかな?w

c0141933_23162990.jpg


アクセサリーなども...

c0141933_23162130.jpg


c0141933_23162499.jpg


c0141933_23163051.jpg


スピーカーもいろいろ転がっています。
その時の気分で鳴らしているのかな?

c0141933_23162919.jpg


c0141933_23473241.jpg


c0141933_23162751.jpg


c0141933_23162576.jpg



以上、パート3までのロング日記になりましたが、自称オーディオ暦5年の
タカタ邸訪問記でした。w

また訪問記制作に情報提供のご協力をしていただきましたヨシイさん
どうもありがとうございました。051.gif
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-06 00:06 | オーディオ訪問記 | Comments(0)
広島遠征第三弾 安芸国のオーディオ桃源郷!! タカタ邸訪問 パート2

パート1も合わせてご覧下さい。詳細はこちら

タカタ邸のマニアックなスピーカーを駆動する上流機器もまた、マニアックなものでした。w


アナログプレーヤー ガラード401を欅35㎜厚無垢板(高価ですがハウリングに強い)
自作ボードに組み込んだもの。
アームはオルトフォンRMG309、カートリッジは同SPU-GE GOLD

c0141933_23112233.jpg



ちjなみに、カートリッジもたくさん所有されているようで、その日の気分で
使い分けをされているそうです。034.gif
カートリッジごとに、専用のアームがそれぞれあります。w その数20本以上。ww

c0141933_2395540.jpg


c0141933_2395815.jpg



しかも、オーディオルームに万力があり、ご自分でパイプを曲げて、専用のアームまで
製作しているらしいです。(爆)

c0141933_2395938.jpg



MC昇圧トランス … 画像は、カンノUSW-3125-L、他にオルトフォンNO.41等を使用。

c0141933_23112063.jpg



フォノEQ … 自作(吉田氏製作)LCR型。吉田氏のオーディオ歴屈指の傑作。
これを使うとNF型やCR型は使う気がしなくなるとか...

c0141933_23112732.jpg



ラインアンプ … 自作(吉田氏製作)トランスドライブ型式。
これも吉田氏のオーディオ歴屈指の傑作で、50kHzまで±2dBのスペック

c0141933_23112879.jpg


c0141933_23112214.jpg



パワーアンプ … 自作(いずれも中元氏製作)
ラック上段は、300Bプッシュプルモノパワー2台 (整流管:WE274A 、
初段・ドライバー管:ともにWE262、出力管:WE300B、出力トランス:ピアレス275)

下段は、350Bプッシュプルモノパワー2台(整流管:WE422 、初段管:WE310、
ドライバー管:WE350B、出力管:WE350B)

c0141933_23112629.jpg



当日は、300Bと350Bのアンプの機器比べなどして遊びました。
350Bにすると、アルテックのウーハーがブリブリ鳴り出して低音の量感アップ!!
ジャズが熱い演奏に聴こえるようになりますが、テナーサックスの音が少しウーハーに
かぶり過ぎて、分厚いサックスの音になります。005.gif
音のバランスは300Bの方が上でした。

下段の350Bプッシュプルモノパワー

c0141933_2311243.jpg



ラック上段は、パイオニア業務用CDR「RPD-500PRO」。
2台所有し、一台は内臓DACを使用し、CDプレーヤーとして使用。
もう一台は、外付けDAコンバーターを使用しCDトランスポート専用。

c0141933_23112579.jpg


ラック下段は、自作(吉田氏製作)D/Aコンバーター、D/Aチップはバーブラウン等と
比較視聴の結果、新潟精密製「FN-1242」を2パラで採用。
電源は自動充電ユニットを別筺体に組み込んだバッテリー駆動とし、終段の
バッファアンプは、SRPPの真空管式とするなど、音質に徹底的にこだわった自信作。

c0141933_23112257.jpg



エソテリックDD-10 … CDPとD/Aコンバーターの間に使う「ジッター除去装置」

c0141933_23111880.jpg



まだまだ秘蔵コレクションが部屋に転がっているので、パート3でそれを紹介する予定。

続きます...
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-04 23:31 | オーディオ訪問記 | Comments(3)
広島遠征第三弾

安芸国にオーディオ桃源郷がありました。w
しかも、たったの5年で作り上げた桃源郷が...

タカタ邸にお邪魔させていただきます。
鉄筋コンクリートの2階に、広さが30畳程ありそうなオーディオルームがありました。
天井も高く、かなり広い空間に所狭しと大量のオーディオ機器が並んでいます。

c0141933_23301137.jpg



うむむ!!こりゃ凄い...005.gif

並んでいるオーディオ機器も構成も、マニアック度数120%といった感じで
自称オーディオ暦5年というタカタさんの言葉がとても信じられない光景です。(汗)


壁上部には、白い物体が大量に置かれています。
何かと思ってよく見ると...トイレットペーパー。w
フラッターエコー対策に設置したそうですが、お洒落な部屋なので
インテリアにすら見えてしまいます。ww

c0141933_23301783.jpg



暗黒魔界の王 ダーブラの力でも借りなければ、経験5年でこんなシステムが
構築出来るはずなどないのですが...
目の前に広がる光景は、オーディオ暦40年の大ベテラン オーディオ一筋に
生きてきたコテコテのマニアの部屋みたいな感じですね。w

タカタさんにお話を伺うと、『自分はぜんぜんオーディオに詳しくはないんです』 とのこと。
ただ、超マニアックなオーディオマニアの友人達が、アイデアや技術を出し合って
皆の力で構築していったオーディオシステムのようです。

技術やノウハウを出し惜しみすることなく、タカタさんの理想を現実化させるために
協力してくれる人達がいたからこそ、ここまでのシステムが出来上がったのでしょう!!



スピーカーの組み合わせも、わかる人にはわかる超マニアックな組み合わせです。

c0141933_23294830.jpg


グレートハイルドライバーを中心にシステムが構築されていますが、この
グレートハイルドライバー 周波数帯域:fo650Hz〜22KHz ●能率:98dB/W/1m と
非常に優秀なユニットなのですが、特殊な方式を採用していて、立ち上がりの スピードが
もの凄く速く、普通のコーンウーハーと組み合わせると、全く音の速さが合わないのです。

そんなグレートハイルドライバーに組み合わせたのが、フィールド(励磁)型スピーカー
普通のマグネットを使ったユニットとは違って、電気によって電磁石を起こして
スピーカーを鳴らすフィールド(励磁)型スピーカーは、音の立ち上がりスピードが
もの凄く速いのです。034.gif
タカタさんが使用しているユニットは、ザクセンベルクの20cm
これは70年前のユニットです。w
70年前のスピーカーなんて古めかしい音がするのでは?
なんて思っている人は大間違いです。ww

この組み合わせに負けない低音に選んだのが、アルテック515B 
自作システムを構築した人にありがちな、高域が疎かになることもありません。


メインスピーカーの構成です。
エンクロージャーは、吉井さんの協力で製作した自作。

c0141933_23301690.jpg



低域(~350Hz):アルテック515B 
エンクロージャーは、5年乾燥させた桜の無垢材を使用。

中低域(350Hz~1kHz):ザクセンベルク フィールド(励磁)型スピーカー
20㎝コーンを平面バッフルに搭載

中高域(1kHz~20kHz) グレートハイルドライバー

超高域(15kHz~120kHz) パイオニアPT-R7Ⅲ。

c0141933_23302293.jpg



ザクセンベルク励磁型20㎝コーンユニット用フィールド電源
管球式の自作品。

c0141933_23294943.jpg



メインSPの4wayネットワーク群、クロスは12dB/octタイプ。

c0141933_23294589.jpg



ザクセンベルク励磁型20㎝コーンユニットの裏側。

c0141933_23294856.jpg



最初に、映画のサントラみたいなオーケストラの演奏を聴かせていただきましたが、
音の感想は、とにかく雄大な音。
アルテックを真空管駆動しているからでしょうか?
昔、昭和の映画館で聴いていた懐かしいあの低音が再現されていました。

タカタさんに、『映画館の音みたいですね。』 と感想を伝えると
『そうなんです、これは映画館の音なんです。』 とうれしそうに答えてくれました。
タカタさんの狙っている音や好みがなんとなくわかった気がしました。

この劇場のような低音を個人のお宅で聴いたのは初めてだったので、
オーディオはじめたのも、映画が大好きで子供の頃に映画館の迫力ある音に
あこがれたこともきっかけにある私としては、久しぶりに感動した音でした。

40Hzより下は、アルテックなのでばっさり切れてないですので、聴く人によっては
重低音が足りないと感じる人もいるかもしれません。

ザクセンベルク&グレートハイルドライバーの中域は、ホーンスピーカーのように
音が前にバシバシ飛んできて、その力強さに驚きました。
高域は、音の粒子の粒立ちがしっかり再現されています。005.gif

ジャズの演奏なども聴かせていただきましたが、生の楽器の質感とは
また違った部分もあるのですが、とにかく爆音で聴いていると楽しくなるような
タカタ邸サウンドでした。003.gif


c0141933_23371976.jpg



オーディオ機器収集コレクターでもあるタカタさんのシステムを全部紹介するには
1回の日記ではぜんぜん紹介しきれませんので、また後日続きを紹介します。

タカタ邸 パート2に続く...
[PR]
by contakuto79 | 2010-12-02 23:39 | オーディオ訪問記 | Comments(14)
広島遠征第三弾 タカタ邸訪問記を書いていますが、連日かなり忙しい状態が
続いていますので、画像編集や原稿仕上げる時間の確保が出来ていません。008.gif

c0141933_1212518.jpg



近日中に訪問記アップ予定ですが、今夜はタカタ邸にて松山軍団のジャズの
リスエスとに、このレコードをチョイスして聴かせていただきましたので、
先にこちらの紹介を。

ISAO SUZUKI TRIO・QUARTET (鈴木 勲トリオ・カルテット) / BLOW UP

c0141933_1213094.jpg



日本の名門ジャズ・レーベル、TBMからベーシスト、鈴木勲の1973年録音作品。

鈴木勲 (bass, cello)
菅野邦彦 (piano)
ジョージ大塚 (drums)
水橋孝 (bass)

BUDDHA BRANDの "人間発電所" のイントロのネタで有名な
アブストラクト・ナンバー、"AQUA MARINE"


[PR]
by contakuto79 | 2010-12-01 01:25 | 映画ソフト | Comments(0)