ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

<   2008年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

なんちゃってマルチ実験

CD-10にて低域は、480Hzでカット
ウーハーはヤマハの業務用アンプでウーハー直結駆動。

CD-10の中高域出力信号は、M-508経由で5001のネットワークに繋ぎます。
ネットワークにて400Hzでカットされた信号がスコーカーに入り、
3500Hz以上がツイーターに入ります。

今回は480Hzカットで、ネットワークの400Hzに80Hz程オーバーラップしている
周波数があります。
今度、低域380Hzカットも試してみましょう。

c0141933_23385351.jpg


低域が増幅出来るという素敵な機能もありますので使ってみます。w
ローブースターは、ターンオーバー周波数 60Hzと100Hzに切替え出来ます。
60Hzだと、最低域の量感が多少増える感じで、全体的な低域の物足りなさを感じます。
100Hzだと、全体的に厚みのある低音になります。

目盛り4~5位まで上げるのが不自然さもなくちょうどいい感じです。

結論を言うと、セプター5001の低音5割増しです。w

良いのか悪いのか...400万円のケーブルの音の違いがわからない初心者でも
すぐ違いがわかるほど、全く違う音になりました。(爆)

苦労しただけの効果もあり、間違いなく過去最高の音です。 ...んっw
もう少し重心の低い低音になるよう調整すればまた面白い音になりそうです。

過去最高の音を手にして、幸せ満喫といきたいところではありますが、
元の音がパッとしなかったので、何をしてもすぐ過去最高の音になります。w
次の不満が待っているので、まだまだおしまいとはいかないようでありまする。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-31 23:39 | オーディオ | Comments(2)
今回のなんちゃってマルチ実験のチャンネルデバイダーには
SANSUI CD-10 を使っています。
このCD-10は、サンスイJBL時代に、JBLを駆動する為に販売されていたとか。
アナログチャンデバでは珍しく、クロスオーバー周波数を被せて使用することも可能です。
低域480HZカット、中域300Hz~とかね。

c0141933_2258128.jpg



c0141933_22585786.jpg


SANSUI CD-10

CD-10は、3ウェイ方式にスーパートゥイーターやサブウーファーを追加し、
帯域を広く使うという要素に対応するため、4ウェイ方式まで対応しています。
さらに、低域、中低域、中高域、高域と4つに分割された帯域の組み合わせにより
2 ウェイから4ウェイまで裏面パネルのモードセレクターにより6通りの
周波数帯域分割が可能です。

低域-中低域は60Hzから600Hzまで、中低域-中高域は300Hzから3kHzまで、
中高域-高域では1.5kHzから15kHzまで、クロスオーバー周波数を
各々11段階に選ぶことができます。
しかも、各分割帯域の低域と高域側のクロスオーバー周波数が単独に変えられるため、
通常の-3dBクロスポイント以外にオーバーラップ部分を自由に調整できます。

遮断スロープはシャープな18dB/octと12dB/octの2通りがあり、
それぞれクロスさせる各帯域の低高域側両端で切替えできます。
そして、各々の遮断スロープの-3dBポイントが全く同一であり、
どんな条件でも性格なカットオフ周波数が得られます。

切替スイッチは周波数セレクターと同様前面パネルにあり、実際の音を
聴きながら選ぶことが出来ます。

各帯域のレベルを単独レベル調整できます。
低域は裏面パネルに、中低域、中高域、高域は前面パネルにあり、
コーン型やホーン型のユニットの違い、能率の違いなど全てに対応できます。

ローブースターにより低域補償が可能です。
ツマミをリアパネルに設置し、10ステップで20Hzにおいて0~8dBまで補償できます。
さらに、ターンオーバー周波数は60Hzと100Hzに切替えでき、
不足しがちな超低域の量感を改善できます。

スロープ60・75・95・120・150・190・240・300・380・480・600(LOW) 
300・380・480・600・750・950・1200・1500・1900・2400・3000(LOW.MID)
1500・1900・2400・3000・3800・4800・6000・7500・9500・12000・15000(HIGH) 

c0141933_22583051.jpg


SANSUI CD-10の詳細はこちらをクリック

                                    <オーディオの足跡より>
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-30 23:03 | オーディオ | Comments(2)
今回は、とりあえず5001を、なんちゃってマルチ駆動してみます。
スコーカー、ツイーターはネットワークを使って駆動、ウーハーのみ
チャンネルデバイダーを使用して周波数分割した信号を、ネットワークを
通さないで、ウーハーとパワーアンプを直接接続して駆動します。

まずは、軽いウーハーをアンプ直結で強引にでも鳴らしてみたら
どんな低音出るかな?という実験です。w

ネットワークからウーハーに繋がってるケーブルを外して
ウーハーとパワーアンプを1M130円の高級ケーブルで直結します。w

c0141933_0131490.jpg


マルチチャンネルというと、一般的にはドルビーデジタルやBSデジタル放送など
AVアンプを使って、フロント、センター、リア、サブウーハーなどの複数スピーカーを
使った、マルチチャンネルサラウンドを意味することが主流となっていますが、
ここでのマルチチャンネル駆動は、それとは意味fが違います。

c0141933_014820.jpg


マルチアンプ方式とも言われますが、簡単に説明すると、音楽信号を
チャンネルデバイダーを帯域分割して、各帯域それぞれ専用のパワーアンプで、
スピーカー・ユニットをダイレクトに駆動します。
そのため、3WAYなら3台のパワーアンプが必要になります。

各ユニットのカットオフ周波数や音量レベル、カットオフのスロープなど、
自分好みの音に調整出来ますので音質面で自分の求める理想の音に近づけ、
オーディオとしての醍醐味を味わうことができます。


マルチチャンネル駆動についてあまりよくわからないという人はこんなHPがありました。
マルチの優位性を誇張しすぎていますが、マルチチャンネルの長所や仕組み、
ネットワークを使ったSPに駆動力の大きなアンプがなぜ必要なのか?など
理解出来るかと思いまので参考程度にご覧を。w

ネットワークの弊害はこちらをクリック

マルチチャンネルの優位性はこちらをクリック

[PR]
by contakuto79 | 2008-10-30 00:19 | オーディオ | Comments(0)
オーディオ視聴もそこそこに、次なる実験。
再び、セプターの裏板を外します。
しかし、なかなか外れない裏板。 ハンマーの乱れ打ちが炸裂。w
AMIEさんと悪戦苦闘しながら左右のSPの裏板を外します。w
翌日、腕と指が青痣だらけになってました。(爆)

解剖作業も終わったところで、雨が降るからとOTさんは帰宅。
AMIEさんと、実験用部品をホームセンターに買出しに出ます。

セプター5001の内部配線は、どうみてもホームセンターで1M70円位で
売ってるケーブルと同等品。
今回は、マルチチャンネルに使用するケーブルなので、愛媛のオーディオ達人達の
口癖にならい 『マルチにケーブルは関係ない!!』 ということで、キャプタイヤを購入。
しかし、1M70円のケーブルではあれなので、奮発して1M130円もする高級ケーブルを
20M購入することにしました。w

しかし、お目当てのケーブルは16Mしか在庫がなく、あるだけ購入。
セプターの内部は、差込型接続端子が使用されているのでこれもゲット。

我が家に戻り、ケーブル圧着フェチでもあるAMIEさんご自慢の圧着ペンチで
ケーブルを作っていきます。

c0141933_22241542.jpg


3WAYということで、左右合わせて6本のケーブルを作ります。

c0141933_22243425.jpg


続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-27 22:27 | オーディオ | Comments(2)
今日は、ONKYO大好きで有名なOTさんがご自慢のバイクで雨の中057.gif
我が家まで遊びに来られました。
途中で雨が降りだしたとか。こちらは、朝から雨でしたが。w057.gif
OTさんのHPはこちらをクリック

一足先にAMIEさんが遊びに来られていたので、OTさんが来られる前に
二人でM-508の中を覗いてみます。
SPターミナルの交換は、構造上かなり難しそう...
かなり器用な人でないと無理っぽいのでとりあえずそのまま使用することに。

スピーカーリレーにドリルで穴を開け、掃除しているようなので、とりあえずは
このまま使えそうですが、近いうちにメーカーでリレー交換する必要ありです。

OTさんも合流しましたので、M-508で音出しします。
今回は、P-308がありませんので、プりアンプはジェフローランドのシナジーを
使用します。

基本的に、低音が軽い印象は変わりませんが、それでもジェフのモデル8や
YAMAHA PC2002Mで鳴らすよりは、低音に量感はあります。
M-508のアンプは、メーカーの音作りで、低音がモリモリ力強くなるよう
色付けされているアンプなので、その効果かもしれません。

中高域も、綺麗な音色で、値段の割にはなかなかいい感じです。

ちなみに、P-308と組み合わせると、力強い印象から自然なバランスの音に
なるそうです。

AMIEさん曰く、5001のカーボンウーハーは、軽いウーハーなので
口径が大きい割りに、ドスンと重い低音が出にくいウーハーだとか。
そして、発売当時聴いた印象でも高域少な目のハイ落ちサウンドだったとか。w060.gif

J-POPなどの低音過多気味にイコライジングされたCDなどを聴くと、
軽いウーハーがうるさい低音を出さないので、聴きやすいJ-POPになりますが、
録音の良いCDだと、音の厚みが足りない物足りなさを感じます。
まあ、伝説の名器と言われた5001も国産スピーカーらしい音作りがされているのでしょう。w

M-508で多少、低音が出るようにはありますが、根本的な解決にはならないようです。
個人的な好みとしては、もう少し音に厚みが欲しいです。
この程度の音の厚みなら、ウィルソンのシステム5の方が、低音の量感、
音の厚みとも、数段上の音を出しています。

せっかくの大型スピーカーなので、ストレスを感じない程度には鳴らしたいものです。
まだ新しいエッジのウーハーも、エージングが進めばもう少し低音が出るようになるかも
しれませんが、それまで気長に待てるほどのんびりした性格の私ではありません。013.gif

そこでAMIEさんにお手伝いしていただき、おバカな実験を試みることにしました。w

続く...

あっ、お客様の音の感想ですが、そこはONKYO大好きOTさんですから

音そんなに悪くないじゃん!!
もっと悪いのかと思ってた。w


そこそこ好印象だったようです。w

現状の音でもこんなものかなと思えば、こんなものかもしれませんが...そこはね
『やめられないとまらない、カルビーかっぱえびせん♪』
ここでやめとけばオーディオも簡単なんですけどね~。(爆)020.gif
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-27 00:59 | オーディオ | Comments(4)
今週の仕事も片付いたので、今日は一杯やりながらライブDVDを鑑賞中。
アーティストは、Tommy Emmanuel (トミー・エマニュエル)

1955年オーストラリア生まれのギタリストですが、彼のアコーステックギターの
演奏テクニックは素晴らしいの一言です。
間違いなく世界一のアコースティック・ギタリスト、そしてエンターテーナー。
お客さんを楽しませることを常に忘れません。

Tommy Emmanuel - Guitar Boogie


[PR]
by contakuto79 | 2008-10-25 22:50 | 映画ソフト | Comments(0)
ONKYO Integra M-508の詳細はこちら

何故、M-508をゲットしたのか。

以前、オンキョーのセプターに詳しい担当者から聞いた話であるが
ONKYOがセプター5001開発する時、P-308 & M-508 で駆動することを
前提として5001を製作しているからだ。

ネットワークなどの製作もM-508を使用して音を作ったとのことだ。
つまり、M-508で鳴らすセプター5001がオンキョー推奨の組み合わせなのである。w

まあ、この組み合わせだからいい音がするとは限らないが、純正組み合わせの音を
聴いてから、今後の音作りの参考にしようかなと。

セプターをしばらく使ってみて感じたことだが、オンキョーのウーハーは、
ダンピングファクターがあまり高くない、少し低域緩めのアンプの方が愛称が
良いのではないかな。

古い国産ブックシェルフ スピーカーを鳴らすとき、よく起こる現象なのだが
海外製のハイエンドアンプで、低域がハイスピードと評判のいいアンプを繋ぐと
低域がスカスカになることが多い。
この手のスピーカーは、当時ハイスピードアンプで鳴らすことを想定して
作られていないからであろうと思う。

M-508の低音がいい感じに鳴るようであれば、低域ウーハー用に使ってみるのも
面白いかもしれない。
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-24 22:41 | オーディオ | Comments(4)
仕事から帰宅すると、何故か玄関にこんなものが落っこちていた。w

もったいないので拾って使ってみることにした。(爆)
とりあえず30kg程ある重いダンボールを2階に運び上げる。

c0141933_22283494.jpg


音鳴りました。w
プリのボリューム回すと変な音がする。(爆)
現在使用中のカナレのSPケーブルにはYラグが付いているので、これには使用出来ない。
手持ちのクライオのダブル仕様のケーブル使うが、カナレとケーブルの音全然違うし
厳密な比較も出来ないわけで。w
SP端子交換したいなあ。アンプの解剖方法わかる人 027.gif HELP ME

今度の日曜は、これで遊んでみよう。
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-23 22:38 | オーディオ | Comments(6)
松山インターにて久しぶりにだーださんとご対面。

Umekich 改め Rのウメさん宅に訪問。
往年のJBLの銘ユニットを組み合わせて鳴らす濃厚で力強いJBLサウンドに
朝から耳を壊される。w

麺工房 茜屋 松山本店にて昼食。
マイルドで口当たりのよい味噌スープの味を気に入っていただけたようだった。w

その後、bi-on邸にてREVEL AUDIOの最新ハイエンドサウンドを堪能。

お次は、AMIE邸にて、NHKで音声モニタースピーカーとして採用されている
超高級スピーカーで顕微鏡サウンドに驚かされる。

さらに、Katyan邸にて、低域だけで38cmウーハー6発も使った超大型マルチチャンネル
サウンドシステムと大画面で最新ライブ映像を満喫。

おまけで、我が家のセプターで失笑してもらって、オタク訪問は終了。
流石に愛媛のオーディオ四天王の後では、鳴っていない我が家のセプターでは
比較になるはずもなかったのであった。w

だーださんのブログはこちらをクリック

夕方、Mitchieさん、OTさんも合流
私、だーださん、Katyanさん、AMIEさん、bi-onさん、Rのウメさん、Mitchieさん、OTさん
怪しい8人組で焼肉。w

飲み代別 ライス、スープ付 2500円でお任せメニューをお願いしていたが
なかなかボリュームもあり、お腹いっぱい食べることが出来た。

c0141933_22141571.jpg


焼肉五苑 松山谷町店
〒791-8002 愛媛県松山市谷町186-5
089-978-9880

営業時間
平日 17:00~01:00
日・祝 11:30~01:00

また機会ありましたら遊びましょう!!041.gif

c0141933_22365544.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-10-22 22:39 | オーディオオフ会 | Comments(6)
とある日の夕暮れ時、私の携帯が鳴った。062.gif
見たことが無い番号で誰かと思いながら電話に出てみると、だーださんからであった。
かつて、愛媛オーディオ軍団の一員として、オーディオ道を突き進んでいた
だーださんであるが、2年程前にハワイに移住してしまったのだ。058.gif

だーださん『今度、3件訪問するから段取り宜しく!!』 とのことである。
早々、希望していた訪問先に連絡をとり、その日の段取りを打ち合わせる。

翌日、段取りの詳細をお知らせする為に、だーださんに電話をする。
だーださん『7件訪問するから段取り宜しく!!』

私『えっ、七件ですか..一日で。(爆)』
追加希望訪問先の皆さんに連絡をとり、7件訪問の旨を伝え、
皆さんのスケジュールの確認をする。w


昨日の話では、午前中に他の町で2件訪問。
その後、昼頃松山入りするとのことなので、だいたい何時頃にどのように
松山入りするか位はわかっていないと、昼から5件の訪問は難しいので、
確認をとるため、だーださんに電話。

だーださん『一日5件訪問になったから段取り宜しく!!』
私『...』

7件訪問するとなると、5分挨拶、5分視聴で移動 各家10分訪問になるところであったが
5件になったことで、若干スケジュールの余裕のある一日で良かったと
胸を撫で下ろしながら、当日のスケジュールを組むのであった。(爆)

後編に続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-10-21 23:51 | オーディオオフ会 | Comments(2)