ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ONKYO Scepter5001 (オンキョー セプター5001)のスコーカーユニットは,
ダイヤモンド結合被膜振動板による8cm口径ドーム型ユニット。
型番 MD1033A

・・・オーディオ懐古録から)・・・
スコーカーユニットは,ダイヤモンド結合被膜振動板による8cm口径ドーム型ユニットを
搭載していました。
このダイヤモンド結合被膜振動板は,チタンを基材とし,基材のチタンそのものを
プラズマ加工によりセラミック化して純チタンの4.5倍の強度を確保するもので,
表面硬化処理部分と基材のチタンとの間の境界面がなく厚みや重量の変化もないため
優れた耐久性・信頼性を誇りました。

しかも裏表両面に加工することで,軽量・高剛性という特性をより高めていました。
さらに,高精度なレーザー加工により,ドーム型振動板の周囲の2カ所に切り込みを入れて,
共振を周方向に分散する共振解消構造を施すことで,歪みを大きく低減していました。


・・・・・・

とあるのだが、何せ古いユニットのため、当時ユニット作りをしていた技術者が
もうオンキョーにはいない。
しかも、十分な技術継承も出来ておらず、このユニットと全く同じものを
作ることはもう不可能なのである。
つまり、今のオンキョーの人は作り方知らないらしい。(爆)

そこで、現在いる技術者と残ってる資料で、なんとか当時のユニットと
同等性能の振動板を新開発して、これを交換用部品としているのだ。

しかし、当時のユニットの焼き入れが、新しいバージョンの振動板とは違うらしく
材質の硬度に違いがあるのだとか。
そのため、オリジナルユニットとは厳密に比較すると高域の伸びに違いがあるらしい。
この新しい振動板は、日本国内の工場にて製作された物だ。

まあ、今回はスコーカーなので高域カットしていることもあるし、性能的には
聴感上ではほとんど違いが無いとのことなので、これで修理を進めることにした。

あと、若干振動板の色に違いもあると言ってたなあ。
オリジナルより少し白っぽいとか銀色が強いらしいが、まあピンクとかとか
変な色じゃないし、普通に音鳴ればいいでしょう。
振動板の材質以外の仕様はオリジナルと同じ。

懲りずに続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-31 22:24 | オーディオ | Comments(0)
6月頭の再配達で修理されたセプターのスコーカーは、
発売当時のオリジナルユニットで修理されていた。

修理用のオリジナルユニットの在庫は、オンキョーにはもうない。
そこで、オンキョー本社に一組だけ残っていた、セプター5001の
スコーカーを取り外して、私のセプターに移植してくれたのであった。

つまり、最後の一組のスコーカーまでベッコリ壊してくれたのである。

本来なら、これで修理部品なしということでジエンドになるのであるが、オンキョーという
会社は素晴らしいサポート体制で、部品がないものは新たに部品を作ってまで
直してくれるのである。

もちろん、すべての商品に完全修理対応できるわけではないが、
かなりのところまではがんばって修理対応してくれる。

しかしこれがSONYなんかは最悪で、古い商品などは部品ないから修理不可と
門前払いである。
他の大手メーカーも、部品作ってまで修理してくれる所はほとんど無い。
こういうサポートは、他のメーカーも見習ってほしいものである。

当時のオリジナルではないものの、新しいスコーカーの振動版を作って
修理してくれるのだからやった~直るぞ~ と喜びたいとこなのであるが...

ピカデリー梅田のように ザッツ・オール!!
とはいかない問題もあるのである...

しつこく続く... こんなどーでもいい話読んでる人いるのかな?w


[PR]
by contakuto79 | 2008-08-30 21:57 | オーディオ | Comments(4)
6月頭のとある日のこと。
今度は、引越しセンターの二人組が配達にやってきた。

大きなトラックにセプターだけ載せて、特別便でやってきたのだ。
しかし、中身のSPは、エアキャップで包んでいるだけ。

梱包大丈夫なのかなあ?と心配する私をよそに、とりあえず汗だくになりながら
二人組は2階までスピーカーを運び上げたのであった。

何かを成し遂げたような達成感に充たされた表情の二人組は,不要な梱包材を
もって帰りますよ、と開梱作業をすることに。

さあ、無事運び終えたし修理が完了したスピーカーを納品してこれでおしまいだ!!
と安堵の表情を浮かべる二人組の笑顔は、2.5秒後にもろくも崩れ去ることになる。w

スコーカー、ボコボコやん。w
しかも前回配達の時より、もっとボコボコやん。ww
左右、両方ともボコボコやん。www


このままもって帰ります...
修理して再配達されたセプター君は、またまた長い修理に旅立つのであった...

その後、すぐに東京の保障交渉担当者にこの件を電話報告すると
ショックだったのか5秒程フリーズした後、気を取り直したように
謝罪の言葉が始まるのであった。w

まだまだ続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-29 22:31 | オーディオ | Comments(3)
夜遅く帰宅した私。
家族が運び入れ玄関に置いてあるセプターを、とりあえず2階に上げねば
邪魔になるということで、夜の10時過ぎにもかかわらずAMIEさんを電話で呼び出して
2人で2階まで運ぶのであった。

しかし、この時の私は持病のヘルニアが悪化し、職場の店長からも
90歳のおじいさん並みの機動力やなあ!!
と非常にありがたいお言葉をいただける程調子が悪かった。w

数日前に、ようやくまっすぐ立てるようにはなったものの完全体には程遠い状態では
あったがオーディオパワー全開で、なんとか2階まで運ぶ間、腰は持ちこたえてくれた
のであった。

しかし、2階に運んでびっくり!!
スコーカーがベッコリ凹んでるし。

翌日、修理のため運送会社は持って帰り、パート2に書いた6月頭の再配達に続くのであった。

まだ続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-28 22:18 | オーディオ | Comments(0)
前回の4月の配達は、普通の宅配便のトラックに載せて、運ちゃん一人で
セプター5001を持ってきた。

あんな大きくて重い荷物、一人で運べるはずもなく、トラックから降ろすことだけでも
相当にてこずり、何とか台車まで降ろすもそこで力尽き、玄関まで運び込むことが
出来ずに、外に放置プレイをして運ちゃんは帰ってしまった。

その日、仕事で帰宅が遅かった私に変わって、夕方に帰宅した家族が、
玄関内に運び込んでくれたのであった。

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-27 23:24 | オーディオ | Comments(0)
オンキョー大坂本社でのセプター5001の修理には結局2ヶ月ちょっとかかった。

古いSPだから中にホコリがあるのでそれを除去しながらの作業には時間がかかるそうだ...
とか、作業が遅れてる意味不明な理由を運送会社から説明されたりしながら
根気良く待つことになった。w

購入半年前に、ユニット新品に入れ替えてフルメンテナンスうけてるんだけどなあ。(爆)

運送会社の担当者から、やっと直りましたので、これから送ります!!と電話があったので
2階まで運んで設置のお手伝いを約束して、荷物が届く日曜がやってきた。

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-26 23:50 | オーディオ | Comments(0)
思いつきで購入したONKYO Scepter5001 (オンキョー セプター5001)であるが
このSPを購入したのは、今年の3月半ばであり、もう5カ月も前になる。

4月頭に、ブツが届くも輸送事故により、スコーカー破損。
翌日の修理回収で、栃木のサービスに送られた。
その後に聞いた話だが、栃木から大坂本社での修理となったようであるが...

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-26 00:05 | オーディオ | Comments(0)
久しぶりの更新。

先日、帰省中のてつ君が遊びにこられた。
日頃の行いが良いためであろう、てつ君が遊びにくるこの日に限っていつもより
仕事が多く入り、すっかり遅い時間になってしまった。

とりあえず腹ごしらえしようと、おんまく寿司に行くことにした。
しかし、夜遅い時間に行ったこともあり、ネタ切れのオンパレード、注文した品は忘れてるし、
営業時間中にもかかわらずお帰りモード丸出しの店員達に焼肉にでもすれば良かったと
ちょっと後悔!!

その後、我が家に遊びに来られたてつ君であったが、充電期間中の我が家のオーディオ視聴では満足していただけるはずもなく、ただの暇つぶしをしてもらったのであった。w

暇つぶしに PL-X9 フルオートレコードプレーヤーで遊んでもらった。
てつ君が生まれる前に作られた古いレコードプレーヤーではあるが
CDのようなチャプター操作、EP.LPの自動再生、回転数自動制御に驚いていた。

再生したレコード
LPレコード
シーナ・イーストン「プライベート・ヘヴン」

c0141933_212214100.jpg

収録曲
1. ストラット
2. シュガー・ウォールズ
3. ハングリー・アイズ
4. さよならの季節
5. 愛の誓い
6. ラヴ・アンド・アフェクション
7. バック・イン・ザ・シティ
8. 恋に御用心
9. オール・バイ・マイセルフ
10. ダブル・スタンダード

この中から、 ハングリー・アイズを選曲
この曲は昔、宝焼酎(純)のCMソングとして使われていた。
シーナ・イーストンは、私が洋楽の女性ボーカルを好きになったきっかけのアーティストだ。

EPレコード
ツイスト (燃えろいい女)
c0141933_21215467.jpg

選曲理由...一番とりやすい位置にレコードがあったから。w
でも、世良公則さんの熱いボーカルはやっぱりいいですな。066.gif
[PR]
by contakuto79 | 2008-08-24 21:27 | オーディオオフ会 | Comments(5)