ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日は、AMIEさんがオーディオパブRYOに遊びに来られた。
引っ越してからの1年間、ずっと悩みの種であったオーディオのセッティングポイント。
2~3ヶ月ほど前に、なんとか自分でも納得出来るレベルのセッティングポイントの
落としどころが見つかった。
これで、ようやくストレスなく音楽が楽しめるレベルの音が出るようになった。

ウィルソン特有の視聴ポジションの横まですっぽり包まれるような音場感。
特定の周波数単位でぶれない定位感と空間表現の両立。

おまけで、TICE AUDIOで電源環境も対策したので、出てくる音が全くの別物になった。
そこそこ納得出来る現状の音は、まだOTさんだけしか聴いた人がいなかったので
今日はAMIEさんにも視聴してもらった。
まずまずの高評価はいただけたようだ。

最近、耳の調子の悪い日が多かったので、自分の耳の影響かもと思う部分もあったが
同じような感想だったので、まだ耳は腐ってはないようだった。w
これ以上を求めのはやりすぎな部分もあるので、今後は身分相応なオーディオを
楽しむことにしようと思う。

午後から、分校ラーメン(久留米ラーメン)を食し、ホームセンターでオーディオに使えそうな
物をいくつかゲット!!
c0141933_20192122.jpg


c0141933_20193339.jpg


我が家に戻ってSPの端子加工をしてから、プロジェクターでの映画の視聴会
c0141933_20341651.jpg


今日の映画は我が家では珍しい日本映画。

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2008-03-30 20:23 | オーディオオフ会 | Comments(6)
今日は、ちょっと前に私がノイズ測定に使ったノイズ測定器を試してみたいというので
AMIE邸に持ち込みついでに、最近導入したサブウーハーを見学しに行ってきた。

2ヶ月ほど前に、JBL M9500から歴代ダイヤトーンの最高機種 2S-3003にスピーカーを変更したAMIEさん。
c0141933_322837.jpg


この 2S-3003 特徴的なのが、ネットワークを使わないということ。
ネットワークを用いない2ウェイ構成という設計でユニット自身の特性で自然に
クロスオーバーさせ,ダイレクトにユニットに信号が入力されるようになっている。
ネットワーク無しのユニットを直接アンプで駆動出来るので、チャンデバを 使わない
マルチチャンネルのような感じだ
c0141933_361469.jpg


他にも、ダイアトーンSPをいくつか置いていて、まさにダイヤトーンマニアだ。w
今度は、DIATONE DS-W461 という口径が46cmもあるスーパー・ウーファーを
導入し、しかも一人で2階まで運んだそうな。w
c0141933_334467.jpg


しかし、私が訪問したときにはすでに部屋の隅に追いやられ、いつか使う日のために
しばらく熟成させるとのことだ。
ピュアオーディオでこれをチャンデバ使って鳴らすのは、2S-3003 にディレイをかけないと低音の速度にずれが起こってしまうのでちょっと無理があったみたいだ。
c0141933_34679.jpg


ヤマハの 業務用パワーアンプPC2002Mを2台使用して水平駆動
c0141933_352378.jpg


2S-3003の切れの良い音で懐かしいJ-POPをBGMに夜中の11時にお邪魔して
夜中の2時までおしゃべりをして帰宅。


夜遅くまで失礼しました。w
[PR]
by contakuto79 | 2008-03-30 03:25 | オーディオ訪問記 | Comments(0)
カルダスのSPケーブルをドアに配線してからユニット交換。
まずは、純正スピーカーユニットを取り外して、へリックスのユニットの接続チェック。
c0141933_23263529.jpg


インナーバッフルボードを交換。
c0141933_23265233.jpg


HELIX(へリックス)のユニット口径は16cm
c0141933_23271068.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-28 23:34 | | Comments(0)
配線作業中の画像アップ。

フロントのボンネットの中にも、2本ケーブルが走っている。
一応、手で触ってみて熱くない場所を通したつもり。
多分、大丈夫だと思うけど...
ボンネットから車内に電源ケーブルを引き込むのがかなり難しかったが
なんとか穴を開けないで、無事貫通式を迎えることが出来た。047.gif
c0141933_2392098.jpg



この純正コネクターは特殊な形状のものらしく、カー用品店で市販されている
普通の変換コネクターは使用出来なかった。
ディーラーから取り寄せ可能だが、この変換コネクターだけでも結構なお値段するので
貧乏人の私は取り寄せ断念。 007.gif
c0141933_23105254.jpg


仕方がないので、D1との接続はすべてのケーブルを少しづつ剥いて ケーブルから
直接繋ぐことにした。
結構本数が多いので、どれがどのケーブルか簡易テスターで 調べながら確認することに。

ライトに連動しているイルミネーションコードやアンテナ線など いろいろあるので
少々手間がかかったが、無事すべて確認することが出来たので
これでHX-D1との接続も変換コネクターなしでなんとかなりそうだ。049.gif
c0141933_23112454.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-27 23:16 | | Comments(0)
パワーアンプを車内に設置する場合で、ケーブルは最低でも4~5Mは必要になる。
トランク設置なら8M以上は必要かも。

車内の配線するケーブルは、ノイズの影響を受けやすいので シールドがしっかりされた
ケーブルならなんでも良かったのだが、やはりそれでは話のネタとしては面白くない。

高松生活時代には、大場商事のようなモデルルームを作った私的には、やはり話のネタ的に
カルダスのラインケーブルとスピーカーケーブルが面白かろうと使ってみた。w
Cardas CROSSLINKSP1S (カルダス クロスリンクSP1S )
c0141933_010444.jpg


ラインケーブルの長さは、5M スピーカーケーブルは12.1M使用した。
別途ツイーターにスピーカーケーブルが必要になったので それは、余っていた安物ケーブルを使用。
CARDAS 2X21  カルダス 2X21 ラインケーブル5M
c0141933_0123596.jpg


c0141933_015419.jpg

HX-D1の電源は、純正カーコンポの電源ケーブルから引こうとしたが このケーブルが超極細ケーブル。

トヨタのサービスマンに相談すると、純正配線は細いので消費電力が 大きくなると動作が
不安定になるかもしれないから、出来れば別配線を 引いた方が良いとのアドバイスをもらった。
しかたな、くHX-D1用に ホームセンターでゲットした電源ケーブルをもう一本バッテリー直結で 配線してみた。

パワーアンプ用電源ケーブルは、シールドタイプの太さは8ゲージを使用。
c0141933_08509.jpg



ネタとして面白かろうと安易に採用してしまったカルダスのスピーカーケーブル。
結構な太さがある。
この太さがネックとなり、後でいろいろ苦労することになろうとは...
詳細は後日アップする予定。
c0141933_0115321.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-27 00:15 | | Comments(5)
純正コンポを取り外し、ヘッドユニットは何にしようか迷ったが
ADDZEST HX-D1 に決めた。
c0141933_048754.jpg


カーオーディオマニアには、結構有名かも。
電源ユニットがセパレート式になっているので、ノイズに強い。
c0141933_0483480.jpg


車内は、ホームオーディオと違ってノイズの巣窟なので 電源やケーブルから、
いかにノイズが入らないようにするかで 完成後の音が全く別物になってしまうのである。

アンプレスなのでパワーアンプが別途必要になる。
c0141933_0485467.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-26 00:51 | | Comments(0)
ドアの中に付いているリ純正ドアスピーカーユニットを取り外すために、
ドアの内装カバーを取りはずす。
しかし、この車のドアカバーをはずすのに意外と手間取ってしまった。

ドアの開閉レバーの周りにあるカバーを取り外さなければドアカバーを
はずすことが出来ないのだが、普通はトライバーでこねるとすぐはずれる。

しかし、はずれない...

仕方なくネットで調べてみると、はずし方を紹介しているページがあったので
なんとか取り外し出来たが、ドライバーを入れる場所とこねる方向を間違うと
外れない構造になっていた。
c0141933_2324918.jpg


はずし方を知っている人でないと、自力で発見するのは難しいかも。
c0141933_23244558.jpg


危うく、挫折しそうになりながらもなんとかカバーを外してウーハーにも退場していただいた。042.gif
c0141933_2327138.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-24 23:28 | | Comments(0)
TICE AUDIO  ELITE 3を導入したので、効果の程を数値で確かめるために
ノイズ測定器で調べてみた。

視聴スピーカーは、ウィルソンオーディオ システム5 他のシステムはこちらを参照


TICE AUDIO  ELITE 3にピュアオーディオ関係のアンプ、DAC、トラポを繋ぎ
ELITE 3 と壁コンセントの間に naok式Rコアトランス100V→100Vを入れてみる。
木製ボードはクロ工房作
c0141933_22343999.jpg

DUAモード RANGE 5 で測定
我が家の壁コンセント直結
ノイズ値 0.6
c0141933_2230560.jpg

壁コンセント直結 
別の部屋でハロゲンヒーターを450W動作 トランスが唸る状態での測定
ノイズ値 4
c0141933_22305932.jpg

TICE AUDIO  ELITE 3 アナログ接続用コンセント
ハロゲンヒーターを450W動作 動作オフ それぞれ測定
ノイズ値 0.4
c0141933_22315489.jpg


TICE経由なら、たしかにノイズ軽減効果はあるようだ。
しかし、TICE本体にはトランスの唸りを解消する機能はなかった。
ただ、ノイズ自体が100まで測定出来る機器でも10以下と低いのでノイズにはそれほど過敏に反応しなくても良さそうだ。
10以上あれば、クリーン電源対策は必須だろうけど。

TICE AUDIO  ELITE 3 には、、電圧計が付いているので電圧チェック
ELITE 3 を壁コンセント直結 100V
ただし、電圧計が時々、微妙に上がったり下がったりしている。
変動幅は、98V~101V位 家内の他の電気消費の影響かも。
c0141933_22335495.jpg

ELITE 3 と壁コンセントの間に naok式Rコアトランス100V→100V
電圧計は106V 変動幅106~107V トランスありの方が変動は起こりにくいようだ。
ぎりぎり許容範囲内には収まっているが、少し高いかも...
c0141933_22382726.jpg


聴感上での感想は、トランスありの方が音の重心が下がって、音の安定感が増すような印象であった。
TICE AUDIO  ELITE 3を使ってみての感想
長所
空間表現が左右上下に広がる。
それでいて、ボーカルなど音の定位が散漫にならない。
音の粒立ちが良くなり、音のエネルギー感のようなものが損なわれない。

短所
値段が高い
会社が倒産にてメンテナンス不可
デザインが野暮ったく、本体も大きいので場所をとり邪魔。w
音の広がりが出た分、壁に反射する高音の広がりに若干の違いを感じる。

気になった点
前からTICEを使うと音量が大きくなると噂は聞いてはいたが、やっぱり音量が大きくなってる。w
シナジーは、音量が数値で表示されるのでいつも聴くCDの数値もだいたい決まってる。
しかし、いつもの音量より2dB 位絞っていつもの音量と同じになる。
聴感上では、低音が増えたとか、高音が増えたとか、特定の帯域だけ変化した感じではないのだけれど...

TICE AUDIO  Solo AV Power Conditioner が余っていたのでプリやパワーアンプに
個別に使ってみたが、ELITE 3 1台で使っても音の変化はないようなので、こちらは↓の機器用に使うことにした。

AVプリアンプ:Integra RESEARCH RDC-7.1 
レコードプレーヤー関係 
ターンテーブル:MICRO(マイクロ) BL-71
MM・MC型対応フォノイコライザー:Pro-Ject Phono Box SE
[PR]
by contakuto79 | 2008-03-23 23:02 | オーディオ 電源関係 | Comments(6)
先日紹介した、日常の足代わりにゲットした マークⅡ ツアラーV 
これにHELIX(へリックス)のカーオーディオを取り付けしてみた。

mixiの日記には製作記をアップしたのだが、せっかくなのでこちらのブログにも
掲載しておこうと思う。(もう読んだ人は同じネタでごめんね~w)


ツアラーVの純正のコンポは、5chコンポでドア4枚にそれぞれスピーカー
後ろに1発ウーハーのある5chサウンド。

シート↓にパワーアンプが入っていて、フロントのコンポは
プリアンプになっているようだ。

2DINタイプでCDとFM,AMが再生可能
c0141933_3251389.jpg


早々、鳴らしてみる。
う~ん、低音も高音もごっそり情報の欠落した音。
普通の純正カーオーディオの平均的なレベル。

ということで、ご退場願うことにした。037.gif

c0141933_3253725.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-03-23 03:34 | | Comments(0)
最近、ソニー α200K(DSLR-A200K) ズームレンズキット をゲットした。

c0141933_214144.jpg


以前は、FUJIFILM FinePix F710 というデジカメを使っていた。
しかし、このデジカメは、明るい風景画はそこそこ綺麗に撮影出来るのだが、
少し暗い室内や望遠など使おうものなら、ピンボケが酷くて画像が使いものに
ならないことが多かった。

毎回、三脚を持ち歩くのも不便だし、どうせならということで一眼レフの世界に飛び込んでみた。
私の撮影センスがないことは自分でも理解しているので、カメラの性能アップで画像も良くなるだろうと期待することにした。w

SONY α200K(DSLR-A200K)

c0141933_221162.jpg


先日の、スクリーンの映像を撮影したのもこのデジタル一眼レフだ。
暗い場所で手持ち撮影でも以外と綺麗に撮影出来たので、なかなか使えそうである。
設定は特になし。フラッシュ禁止モードでカメラにお任せ。w
c0141933_211638.jpg


おまけで、CFカード ハギワラシスコムのZⅢ 4GB(300倍速)のCFカードが付いてきた。
この小さなカードに4GBとは凄いね!! でも4GBも撮影することはないけど。w

More
[PR]
by contakuto79 | 2008-03-22 02:07 | カメラ | Comments(0)