ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

カテゴリ:旅行( 198 )

GW2日目 讃岐うどん巡礼の後、久しぶりに屋島に立ち寄った。
屋島に来るのは高松から松山に引越しした日が最後だったか。

源平壇ノ浦古戦場跡
湾の中の家がたくさん建っている所は埋立地っぽいので
当時は海だったのかと...

c0141933_22514882.jpg


c0141933_22515038.jpg


屋島山頂に到着。

c0141933_22587100.jpg



四国八十八箇所霊場の第八十四番札所。屋島寺

c0141933_225821100.jpg



四国に住んでいながら、未だ四国霊場88箇所すべてをまわった事がない。

c0141933_22583730.jpg



お遍路さんのように歩いてわまるには、1300キロという距離はちょっと無理なので
車でもいいので一度全部まわってみるか...

c0141933_22584594.jpg


屋島名物のかわら投げ 昔と変わらず今も残っている。

c0141933_22593746.jpg


c0141933_2259417.jpg


輪を通すべし!!

c0141933_22595277.jpg


高松市内 瀬戸内海 本州の岡山県まで見える絶景

c0141933_2303988.jpg


c0141933_2305272.jpg


c0141933_2304846.jpg


c0141933_231193.jpg



屋島を散策して、喉の渇きを潤すのはやっぱりこれ。w

c0141933_2313818.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-05-05 23:04 | 旅行 | Comments(8)
富士宮やきそばを食べた後は、旅の疲れを癒す為に温泉でのんびり夕方まで休憩。

駿河湾の海辺にある駿河健康ランドの駿河太古の湯の温泉に立ち寄る。
宿泊も出来るホテルだが、温泉施設がかなり充実している。

c0141933_2165980.jpg



c0141933_273662.jpgここの温泉ははるか1000万年から400万年前に海底に堆積した地層から湧き出る化石海水を使った温泉だとか。
口に入ると苦味のあるエグイ味のする温泉。w

c0141933_274181.jpg



3連休なのでかなり旅行客で混雑していたが、温泉の種類も豊富。
休憩施設も充実していてなかなか良い温泉施設だった。
[PR]
by contakuto79 | 2013-02-21 02:26 | 旅行 | Comments(0)
富士五湖めぐりもしてみた。

富士五湖(ふじごこ)は、山梨県側の富士山麓にある5つの湖。
富士山北東の山中湖から西に向かって進む。

山中湖 やまなかこ (山中湖村)
良くあるような観光地っぽい雰囲気の湖
このクソ寒そうな場所に大型バイクの単身ライダーがツーリングに来ていた。w

c0141933_23431631.jpg


c0141933_23432486.jpg



河口湖 かわぐちこ (富士河口湖町)
ホテルなど湖畔の一番観光施設が多く、河口湖を中心に町が出来ている感じ。

c0141933_23432829.jpg


c0141933_23433188.jpg



西湖 さいこ (富士河口湖町)
前の二つの湖に比べると、ちょっと寂れた感じで物悲しさが漂う。
キャンプ場などアウトドア関係は充実してるみたい。

c0141933_23433699.jpg


c0141933_23433977.jpg



精進湖 しょうじこ (富士河口湖町)
ここは、湖が凍ってスケートが出来る事で有名な湖だったらしい。
が、近年の温暖化で湖がスケートが出来るほど凍る事はほとんどなくなったとか。

c0141933_23434836.jpg


c0141933_23435172.jpg


c0141933_23435595.jpg



本栖湖 もとすこ (富士河口湖町、身延町)
富士山の眺めはここからが一番綺麗だった。絶景だ。
Phone 5のカメラでの撮影。

c0141933_23435958.jpg


c0141933_2344297.jpg


c0141933_2344550.jpg



いずれも富士山の噴火による堰止湖で、富士箱根伊豆国立公園に指定されている。

最後に、本栖湖から南下して山梨県と静岡県の県境近くで富士山の西側から
一枚撮影。

c0141933_2344866.jpg



富士山 外周めぐり完了。
[PR]
by contakuto79 | 2013-02-17 23:59 | 旅行 | Comments(2)
うむむ、ここがあの青木ヶ原樹海か...

c0141933_246746.jpg


青木ヶ原樹海を横断するように道路が走っている。

c0141933_2461024.jpg



青木ヶ原樹海も観光に力を入れていて、森の駅のお店や遊歩道、キャンプ場など
観光客がハイキングを楽しめるような整備はされている。

c0141933_2461375.jpg


c0141933_2461647.jpg


c0141933_2462631.jpg


c0141933_2462883.jpg



しかし、1歩遊歩道から外れて森の中に入り込んでしまうと、
原生林がそのまま残った険しい表情が現れてくる。

c0141933_2464043.jpg



山道の入り口にこんな看板が。

c0141933_2463292.jpg



青木ヶ原樹海では、年に二回遺体捜索が行なわれるそうだが
結構な数の遺体が毎回見つかるらしい。

c0141933_2463462.jpg



少し山道を歩いて樹海中に入ってみたが、雪が凍って氷状態。
足元ツルツルで普通の運動靴では非常に危険。

また、雪で山道が見えないので、誤って道から反れて樹海の中に
入り込んでしまうと迷って大変な事になりそうだ。


c0141933_2463760.jpg




[PR]
by contakuto79 | 2013-02-16 02:53 | 旅行 | Comments(2)
忍野八海に立ち寄る。

c0141933_324622.jpg


c0141933_325273.jpg



富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水槽という溶岩の間で、
約20年の歳月をかけてろ過された澄みきった水が8つの池に湧き出る。

c0141933_325647.jpg



国の天然記念物に指定されている。

c0141933_33357.jpg


c0141933_331361.jpg



水深8m程あるそうだが、画像で見る以上に本物は気持ちが悪いくらい青く
不気味に澄み渡っていて、何か池の底に引き込まれそうになるような
美しさの中にも怖さを感じた。

c0141933_331092.jpg



昔、テレビ朝日の番組撮影で潜水したダイバー2名が潜水中に溺死したこともあるのだとか。

c0141933_33166.jpg


c0141933_32594.jpg



この日は、多くの観光客で賑わっていたが、聴こえてくるのは中国語ばかり。w
お土産屋の定員も中国語で対応していた人もいた。

c0141933_33651.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-02-15 03:10 | 旅行 | Comments(2)
翌日は、朝9時過ぎにホテルを出発して、車で富士山の外周を
グルッと一周、車で走ってみることにした。

まずは、富士山の東側 静岡県東部の御殿場市(ごてんばし)から北上。

c0141933_23230100.jpg


c0141933_2323332.jpg



東富士五湖道路という有料道路を走って山中湖方面を目指す。

c0141933_232352.jpg



山梨県入りして、まずは山中湖村を目指す。

c0141933_2323861.jpg



この辺りは、標高が1000m近くあるので、結構雪が降るそうだ。


c0141933_2324560.jpg


私が訪れた日は寒波の影響で寒かった。
しかし、2日前まで春先のような暖かい日が数日続いた恩恵で
道路の雪はすべて解けていたので夏用タイヤの車でも快適なドライブが出来た。

c0141933_2324893.jpg


c0141933_2325231.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-02-14 02:40 | 旅行 | Comments(2)
3連休、心の充電をするために旅に出てみた。
軍資金が寂しいので、夜明けとともにバスに乗り込み大阪まで走ってみる。
バスの終点が新大阪駅だったのでそのまま新幹線に乗り込み、
東に進んでみる。

c0141933_1582328.jpg



新幹線からの車窓はどこも快晴で雪も全く降っていないのだが、何故か
滋賀県だけ銀世界が広がっていた。

c0141933_1582733.jpg



静岡駅で下車して、なんとなくJR東海道本線の在来線に乗り込み、
地元人に紛れ込んで駿河湾を眺めながら列車は進んでいく。

列車の窓からの富士山の眺めが綺麗なので、吉原駅という小さな駅で
列車を降りてしばしホームから富士山を眺めていた...

c0141933_1583077.jpg



天気も良く富士山に登ってみたくなったが、冬の富士山に登れるはずもない。
明日は、日本最高峰の頂 富士山の外周をグルッと一周してみる事にした。


旅の疲れを癒す為、伊豆まで足を伸ばしてみた。
なんとなく、『 百笑いの湯 』 というネーミングに引かれて立ち寄ってみる。

c0141933_158349.jpg



伊豆市にある大仁金山(鉱山)跡にある 伊豆温泉村 百笑いの湯 

c0141933_1583742.jpg


c0141933_1583940.jpg



1日券2000円 立ち寄り湯 1000円との事。

風呂に入るだけに2000円は高すぎるので、1000円の立ち寄り湯で入ることにした。
しかし、この立ち寄り湯 1時間の時間制限付き。

入場したのが4時27分だったので、1時間後の5時30分まで良いですと
3分サービスしてくれた。w

しかし、1分でも過ぎたら1日券料金の2000円になりますので
ご注意下さい、と店員より念押しされる。ww

c0141933_1584418.jpg


c0141933_1584776.jpg



時間が気になってのんびり出来ないので30分程で風呂から上がって早々に退散した。
伊豆での心の充電は失敗した。(爆)

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2013-02-13 02:07 | 旅行 | Comments(10)
PM4:30 woo邸出発
熊本県から大分県目指して来た道逆戻りの大移動の始まりです。070.gif

あっ、忘れていましたがwoo邸を出発する頃から雨が降り出しました。057.gif
やはり雨男伝説は健在だなあと思っていましたが、umekichiさんは昼間の観光中は
曇っていたけど雨は降らなかったのでギリギリOKとか意味不明なことを。w

まあ、明日雨が降らなければ今回は雨男伝説不達成という事にしときますかね。

wooさんの300馬力(3000CCターボ車)もある大馬力の外車の先導に
追尾して大分を目指しますが...
我々を置き去りにするような飛ばし方で他県人にはわからないような山の中の
裏道を爆走していきます。(爆)

私の遠距離用遠征車は、非力な76馬力しかない初期型プリウス(初期型はセダンタイプ)で
高速走行は苦手な車なので、アクセル全開でも追いつけないし。008.gif
走行距離26万キロオーバーのツアラーVは、すごく速いですが非エコなので
遠距離遠征にはお財布に厳しいので出動していません。

道中、今年の夏の大雨被害による大規模土石流や道路崩落など被害の爪あとが
たくさん残っていました。

おお~これは酷いなどと感傷に浸る暇もないペースでwooさんは爆走を続け、
遅い車は、何ちんたら走っているんじゃ~!!といわんばかりに追い越し。

これはシルバーアロー号でハンドル握ると性格変わるumekichiさんに
ドライブしていただく必要ありですな。037.gif

国道442号経由で大分入りとなりました。
しかし、今回国道442号を走りましたが、ここも国道とは名ばかりの酷道ですな。w
地図上での道路だけはチェックして知っていましたがもっと広い道かと思っていました。



PM7:00 なんとか無事に大分入りしましたので、wooさんと一時お別れして
大分町内会 第一の刺客と対峙する時がいよいよやってきました。

続く...
[PR]
by contakuto79 | 2012-12-05 22:00 | 旅行 | Comments(7)
遅くなりましたが、九州遠征記スタート。w


11月11~12日と九州は大分熊本に遠征してきました。

8月に熊本のwooさんがオーディオ仲間の大分町内会とかいう怪しい謎の軍団を引き連れて
愛媛に襲来されましたので、今回の遠征はそのお礼参りというわけです。^^
http://contakuto.exblog.jp/18356948/

1泊2日ですべてのメンバーを襲撃予定!!

美音倶楽部トラベルツアーの参加者は、愛媛からエクスクルーシブさん、umekichiさん
香川から参加の ひでさん

ひでさんは、AM2:00に出発して松山集合 (移動中ほぼ爆睡しているので問題なし)
私は、AM2時に就寝してAM4時起床 4時半出発
道中の運転手も私ですので居眠りは出来ません。w

初日、ホテルへのチェッインは午前様になる予定の殺人的スケジュールの
強行遠征スタートとなりました。003.gif


松山から2時間100キロ車で走って佐田岬のフェリー乗り場にAM7:00到着
そこから1時間15分の船旅で、九州大分県上陸となります。

c0141933_2192766.jpg



8:50 大分の佐賀関港から熊本を目指します。

10:20 途中、大分と熊本の県境 すごうの道の駅で大分名物 『丸福』の唐揚げを
ちょっと早いですが昼食もかねていただきます。
個人的にはとり天よりもモモの唐揚げの方がジューシーで美味しいです。

c0141933_2191494.jpg


c0141933_2192399.jpg



今回は、新婚当時奥様と両親と熊本の阿蘇に家族旅行して以来の30年ぶりの
阿蘇旅行となるumekichiさんが参加されていました。012.gif
オーディオがメインの遠征ですから車窓からの眺めを楽しみながら
思い出を振り返る撮影時間を確保するだけの観光しか出来ませんが
なんとかギリギリのスケジュール059.gifで阿蘇らしい風景を楽しめるルートで
熊本を目指します。

c0141933_2110134.jpg



12:00 熊本県阿蘇外輪山の大観峰に到着
ゆっくり観光する暇はありませんので、急いでお土産を購入して
観光はアイスを食べながらの5分ほど撮影タイムのみ。
ヘリコプターの誘惑もありましたが、この日は時間がなく乗れず。w

c0141933_21102357.jpg


c0141933_21102751.jpg



南阿蘇を目指して、阿蘇山経由で南下
阿蘇山 草千里の無料駐車場にて3分の撮影観光で移動。

c0141933_21111059.jpg


c0141933_21111213.jpg


c0141933_2111154.jpg




阿蘇山火口は、山頂の料金ゲートから距離1キロほど車で3分で移動出来ます。
エクスクルーシブさんの5分間のトイレ休憩時間を利用しての阿蘇山火口見学。
エクスクルーシブさんはこの前、火口見たからもういいとの事。(汗)

c0141933_2191725.jpg



南阿蘇入りして熊本でのオーディオ訪問は2件訪問予定。
2:10 まずは1件目のオーディオ道場に到着♪

オーディオ道場のマスターが笑顔で迎えてくれました。

続く...


PS.
今回の遠征ですが、iphone5を導入しましたので、そのテストもかねて
熊本県滞在中の画像はすべてiphone5で撮影してみました。
[PR]
by contakuto79 | 2012-12-02 21:17 | 旅行 | Comments(17)
valve845邸訪問の後は、近所に巨木があるらしいのでちょっと寄り道タイム。

国指定天然記念物の「野間の大ケヤキ」です。

c0141933_23264628.jpg



説明板では、樹齢/1000年、幹周/14m、樹高/30m、
ケヤキとしては全国で4番目の巨樹とのこと。

c0141933_23265382.jpg



c0141933_23264911.jpg



大阪府の巨樹としては第2位の巨樹とか。

c0141933_23262987.jpg




大ケヤキの周囲には、駐車場やトイレ・ベンチも完備されていて、
近所の人がケヤキの回りに集まってお弁当を食べている姿がたくさん見られ
このケヤキに寄せる思いが伝わってきました。

c0141933_23261442.jpg



能勢町けやき資料館が併設されています。
資料館に切った主幹の一部が展示されています。

c0141933_2325596.jpg


c0141933_23255248.jpg




野間の大けやのすぐ近くにある 『 お食事処 けやき 』 にて昼食タイム。w

c0141933_23251033.jpg


c0141933_2325789.jpg


日替わりランチ950円 この日のメニューは、しめ鯖の押し寿司

c0141933_2325122.jpg



なかなか美味しゅうございました。003.gif

Katyanさんは、このお店で昼食にうどんを注文されていたのですが、
愛媛への帰宅途中、愛媛の石鎚サービスエリアに立ち寄った時に
自分へのお土産に、しめ鯖の押し寿司を購入されていました。(笑)

注文しなかったしめ鯖の事が気になっていたのかもしれませんね。037.gif

大阪遠征 おしまい
[PR]
by contakuto79 | 2012-10-29 23:29 | 旅行 | Comments(4)