ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

カテゴリ:旅行( 198 )

天岩戸別神社は諦め、またも懲りずに別のルートから大川原高原を目指してみます。

こちらの道路はちょっと観光地化されているので狭い道ではありますが先ほどよりはましです。w
標高1000M程登って大川原高原に到着です。

c0141933_1943940.jpg



c0141933_19425855.jpg


高原の牧場といえば、やはり濃厚ミルクのソフトクリームでしょうか。
下界で売っているソフトクリームとはやはり味が違うのですね。
濃い味なのに、くどさがない。旨し!!

c0141933_1943520.jpg



バーベキューなどもここで食べれるみたいです。

c0141933_1943178.jpg



オじゃべり好きなお店のおばちゃんと世間話。
この前の台風でこのお店の屋根が飛んでしまったそうな(汗)

c0141933_19425072.jpg



山頂地には風車がたくさん設置されています。

c0141933_19443128.jpg


あちこちで見かける風車による発電ですが、風の力で発電して
その電力を利用しているだけだと思っていましたが、どうやらそうではないそうです。

なんと、風がなくて風車が回らない時は、普通に電気で風車を回して発電したりも
するそうです。
電気で風車を回して発電した電気を売る。
どうやら普通の電気料金よりも、風車で発電した電気の方が補助金で高値で
売れるカラクリがあるようで、ほんとまさしく税金の無駄遣いでしょうか。

c0141933_19443848.jpg


伊方原発の周辺にも風車がたくさんあり、意味がないと思っていましたが
どうやら電力会社には無駄な建設であってもそれで得をする人達がいるのでしょう。

c0141933_19443422.jpg


この大川原高原 かなりの広さですが、この広いスペースで20頭ほどの牛を
放牧しているそうです。

c0141933_195959.jpg


c0141933_19584385.jpg



天気が良ければ、素晴らしい眺望 が楽しめたはずなのですが
残念ながらこの日は深い霧に包まれて大パノラマはぜんぜん見えません。007.gif

c0141933_200572.jpg


c0141933_1959278.jpg




放牧中の牛もどっか遠くに行ってしまったのか近場で見れたのは1頭しかいませんでした。w

c0141933_19585691.jpg


c0141933_19585942.jpg




先ほどの大崩落に続き、大川原高原の悪霧にも見舞われたRYOさん。
2度あることは3度ある。この後も、何やら嫌な予感がしてなりません。008.gif
[PR]
by contakuto79 | 2014-08-19 19:00 | 旅行 | Comments(2)
上一宮大粟神社に続いて、普通の観光客はまず行くことはないであろう超ディープな場所にある
佐那河内にある天岩戸別立岩神社に向かいます。

c0141933_0465465.jpg



どんどん道幅が狭くなり車一台が走るのがやっとの細道をさらに上って行きます。
しかし、先日の台風の影響で大きな被害を受けた徳島県。

山間部のあちらこちらにも台風の爪あとが残っています。

c0141933_047298.jpg



うおっ、大きな木が道路を塞ぐように倒れています。
なんとかギリギリ車が通れるスペースがありましたので
さらに山奥を目指して進みます...が...


c0141933_0473358.jpg



道路がない...008.gif

c0141933_0475776.jpg



山間部が大きく崩れ大崩落が起きています。008.gif

c0141933_0484527.jpg


c0141933_048535.jpg



いつ足元が崩れてもおかしくない状態。

c0141933_0505172.jpg




道路も道幅1m位しか残ってない状況で、わずかに残った道路の下も
大きく三日月状にえぐれていて非常に危険!!


c0141933_0542845.jpg


おしっこちびりそうな足元でなんとか写真を数枚撮影してこれ以上先に進むのは断念。
写真で見る以上に足元は水分を多く含んでズブズブ。
ズボンもドロドロに汚れた。w

c0141933_0551313.jpg



車をUターンさせる場所も近くにないので、しばらくバックで車を走らせながらも
なんとか無事下山しました。042.gif

悪路を走った影響で、jaysonさんの車がハンドル切るたびにギーギー変な音が出るようになった。w

やれやれだぜ...
[PR]
by contakuto79 | 2014-08-17 19:00 | 旅行 | Comments(6)
台湾料理の後は、阿波踊りまで時間がありますので、
前回の徳島遠征でも紹介した阿波古代史プロジェクト 
〜阿波に広がる古事記の世界〜 の散策での続きです。


温泉もある徳島県神山町にある 上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)に
連れて行ってもらいます。

スマホ撮影でちょうど逆光になっていましたので写真写りが悪いのはご容赦を。

c0141933_005017.jpg


c0141933_005415.jpg



なかなかの急勾配の参道を登っていきます。
運動不足の体にはちとキツイデス。w 


c0141933_01571.jpg


c0141933_01848.jpg


車でも上まで行けますので高齢者でも大丈夫!!

こちらの神社は、古事記にも登場する大宜都比売命 (おおげつひめのみこと)が
祭られた神社で社伝によれば、大宜都比売神が伊勢国丹生の郷(現 三重県多気郡多気町丹生)
から馬に乗って阿波国に来て、この地に粟(アワ)を広めたといわれているそうです。

c0141933_01250.jpg



穀物神の大宜都比売が祀られていた国であるから徳島がアワの国と呼ばれるように
なったとする説もあるとか。

c0141933_005990.jpg


全国からの参詣者が絶えない伊勢神宮の外宮に祀られる豊受大神(とようけのおおかみ)と
大宜都比売神(おおげつひめがみ)とは同一神であるとも言われているそうです。

c0141933_011710.jpg


c0141933_012034.jpg





本殿とご神木です。

c0141933_01142.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2014-08-16 19:00 | 旅行 | Comments(2)
阿波古代史プロジェクト 〜阿波に広がる古事記の世界〜 ④


最後は、天石門別八倉比賣神社です。

c0141933_22516.jpg



創建の年代は不詳ですが、安永2年(1773年)に書かれた文書には、
鎮座から2150年と記されており、逆算すると紀元前378年(孝安天皇15年)となり
かなり歴史のある神社です。


c0141933_222076.jpg



社伝には天照大神の葬儀の様子が記されているとか。

c0141933_221317.jpg



境内は前方後円墳で、本殿が前方部、奥宮が後円部の上に築かれています。

c0141933_222317.jpg



社殿裏手の奥宮には、五角形の磐座があります。
一説には卑弥呼の墓であると言われているそうですが詳細は不明です。

c0141933_222965.jpg



某テレビ局の放送で、被破壊検査法にて地中を調べたそうですが
五角形の正面に向かって右側の前方の地中に石棺と思われる人工物が
埋まっているのを発見したそうですが掘って調べることは了解が得られず断念したそうです。

c0141933_222697.jpg



高所恐怖症の人は足がすくみそうな階段を下って古事記の世界を
巡る旅はおしまい。
旅といっても2時間程度見学しただけなのですが。w

c0141933_223216.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-12-12 02:08 | 旅行 | Comments(4)
阿波古代史プロジェクト 〜阿波に広がる古事記の世界〜 ③


続いて、阿波史跡公園(あわしせきこうえん)です。
阿波史跡公園は1992年3月、市制100周年事業の一つとしてオープンしました。

c0141933_0455791.jpg



公園内には本物そっくりに再現された竪穴式住居や、県内最大の古墳群があります。

c0141933_0445876.jpg



c0141933_0451385.jpg





周辺には気延山古墳群が存在し、四世紀初めから七世紀初めにかけての古墳が
200以上もあるといわれ、この辺り一体がエジプトの王家の谷のような感じに
なっているそうです。
その古墳の中には、古事記に登場する多くの人物の古墳がここにあるそうです。

c0141933_0451026.jpg



c0141933_0451527.jpg



徳島の田舎町に、なぜ日本最大の古墳群があるのか?

c0141933_045312.jpg



徳島市国府町の西端にある気延山(きのべやま)の麓に、
3300~3800年前の西日本最大級の弥生時代の集落跡が発見されました。
面積6万5000㎡もの集落跡、13万点を超える遺物が発見され、
日本最古の水銀朱を精製する「たたき石」などが出土し、
国府町が水銀祭祀の先進地として機能していたことがわかっています。

日本最古の祭祀用土面が出土し、矢野遺跡は西日本の一大祭祀センターであったのです。


ちなみに、この阿波史跡公園を作る際にこの古墳地帯の山を削って
大造成したそうなのです。
そのときに、貴重な古墳をたくさん壊してしまったそうで、削り取った山肌から
石棺が露出しているような酷い状況であったようです。


時間の都合でゆっくり見学することは出来ませんでしたが、
考古資料などを収蔵・展示する資料館や展望台などいろいろあるようですので
また機会がありましたら今度はゆっくり見学でもしてみましょう。

パート④に続く
[PR]
by contakuto79 | 2013-12-10 20:00 | 旅行 | Comments(0)
仕事とオーディオ忘年会の参加者の皆さんとの打ち合わせに
追われてブログの更新をする暇がありませんでしたが、
少し時間が出来ましたので遅くなりましたが続きを更新。


阿波古代史プロジェクト 〜阿波に広がる古事記の世界〜 ②

パート①パート①で紹介した徳島には古事記にまつわる貴重な史跡がたくさんあるそうなので
jaysonさんに近場で行けるところをいくつか連れて行っていただきました。

まず最初に訪れたのは立岩神社社(たていわじんじゃ)

c0141933_017682.jpg



古事記を読みながら、立岩神社についてjaysonさんからいろいろ教えていただきます。
古事記に登場する 鍛人天麻羅(かぬちあまつまら)が祭神といわれています。

c0141933_017984.jpg


c0141933_017189.jpg



日本一の巨大陽石を御神体とする神社で、陽石は高さ七メートル、幅四メートルの巨岩
基部正面に左 右二個の大玉石を配している姿から 男根(ちOこ岩)といわれているそうな。w

c0141933_017146.jpg


c0141933_0172177.jpg





続いて 金山神社(かなやまじんじゃ)

c0141933_019492.jpg



境内奥に鳥居が立ち、階段を上ると小さな祠が祀られているだけの
小さな神社です。

c0141933_0195814.jpg


c0141933_0195250.jpg


古来、この地には銅の精錬・鋳造所があったと伝えられ、神社右脇の
山がえぐれた部分は古代のたたら跡といわれ、ここが三種の神器の八咫鏡を
製作した場所と言われているそうです。

c0141933_0195542.jpg



パート③に続く
[PR]
by contakuto79 | 2013-12-10 00:22 | 旅行 | Comments(2)
徳島遠征二日目
徳島には古事記にまつわる貴重な史跡がたくさんあるそうなので
jaysonさんに近場で行けるところをいくつか連れて行っていただきました。

古事記とは、日本最古の歴史書のことです。
学校の歴史の授業で名前は聞いていますが、その内容を理解している人は
私を含めあまりいないのではないかと思います。

わが国最古の歴史書『古事記』には、四国に関する謎かけのような記述があります。

イザナギ、イザナミの夫婦神が日本という国を生むくだり。
まず彼らは淡路島を生み、次に四国を生む。
四国(※古事記には、次のように書かれている。「この島は、身体が一つで顔が四つある。
伊予の国をエヒメ(愛比売)といい、讃岐の国をイイヨリヒコといい、
阿波の国をオオゲツヒメといい、土佐の国をタケヨリワケという。」)

現在では、四国といえば田舎の小さな島みたいなイメージで
四国のことも良く知らない人が多いような状況でありますが
古事記が書かれた当時は、四国という場所が特別な地であったようです。034.gif

そんな日本文明のルーツともいえるような史跡がたくさん徳島には残っているそうなのですが
その歴史継承がされておらず、徳島県人ですら古事記にまつわる史跡が残っていることすら
知らないという状況のようです。008.gif

jaysonさんによると、ほとんどの人に知られていないそうですが
全国の有名な観光地とされている歴史ある神社(出雲大社や諏訪大社など)の
元宮の多くが徳島にあるそうなのです。


このままでは、歴史的に重要な史跡が人々から忘れ去られて消えてしまうことを
危惧したjaysonさんが、阿波古代史プロジェクト 〜阿波に広がる古事記の世界〜
をテーマとしたテレビ番組を制作して徳島県人に向けて放送するとのことで
その撮影スポットのいくつかに連れて行っていただきました。

ちょうど私が徳島に訪問したときが、撮影直前だったようです。
後日、プロモーションビデオが完成したとの連絡をいただきましたので
こちらでも紹介します。
本編の放送は、来春になる予定との事です。




おまけ動画。
全国放送でも日本文明のルーツ 四国 古事記に関するテレビ番組が
製作されたことがありました。



時間の都合であまり多くの場所を見学することは出来ませんでしたが
後日写真をアップしておきます。
[PR]
by contakuto79 | 2013-11-24 18:39 | 旅行 | Comments(4)
東京二日目の午後、一仕事終えて東京駅まで移動。
偶然、同じ日に東京をうろうろしていたjiroさんとまさかの再会。005.gif

帰宅の飛行機の時間まで少し時間があるので散策。

c0141933_1154029.jpg



JR東京駅の丸の内南口前に2013年3月21日にニューオープンした「KITTE(キッテ)」。
日本郵便が初めて手がける商業施設とか。
http://www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/130311/topics.html
吹き抜け構造の凄い建物ですな。

c0141933_1164559.jpg



有楽町の中華料理店 紅虎餃子房 にてランチ

c0141933_1172478.jpg



海老シュウマイラーメンを注文してみると、jiroさんにこんなあっさりしたのを食べているの
初めて見た!!とか突っ込まれた。w

c0141933_1171974.jpg



そんなにこってりした物ばかり食べてるわけでもないんだけどなあ。(汗)
こう見えても、健康診断の血液検査はすべて正常値なのですぞ。w

c0141933_1172255.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-10-25 01:21 | 旅行 | Comments(2)
エコドライブ 第3弾は、以前CDをプレゼントしていただいたスタタボさん宅への
お礼参りツアーとしました。

グーグルマップで移動距離を調べてみますと、千葉県のスタタボ邸までの
片道移動距離872キロ 移動予想時間11時間

プリウスでスーパーエコ運転すればノン給油でスタタボ邸までたどり着けるかも
しれませんが、往復22時間以上もドライブ出来るほど暇人でもありませんので
今回はやめときました。w

そんな馬鹿なことを考えていましたら、出張で上京する機会がありましたので
サクッと飛行機で飛んできました。041.gif

c0141933_0111621.jpg



飛行機なら愛媛から東京まで格安券で片道1万5千円 1時間30分で到着です。
ちなみに、東京から愛媛までの往復移動だと片道1万円と地方から上京するより格安です。

c0141933_011227.jpg



不慣れな都会の満員列車に揺られること1時間半、フラフラになりながら
スタタボさん宅の最寄り駅まで到着。020.gif
ご自慢の愛車 EP82GTスターレットターボでお迎えに来てくれました。
[PR]
by contakuto79 | 2013-10-22 00:15 | 旅行 | Comments(0)
日常の足もプリウスになり、燃料代の出費が月に数万単位で安くなりそうですので
遠征も今まで以上に行動範囲を広げやすくなりました。

そこで、エコドライブ 第一弾は、夏のビアガーデン企画に県外から泊まりで
参加してくれました高知軍団へのお礼参りツアーとしました。

9月15日、天気は雨057.gif
台風が接近中、雨男伝説が頭を過ぎりながらもにもとりあえず出発!!

K・Kさん、Umekichiさん、 katyanさん が同行されました。


33号線を南下し、途中で四国カルストへ立ち寄ります。

c0141933_21361759.jpg



名物のチーズケーキは売り切れ。
四国の標高1000mオーバーのものすご~い山奥の台風の早朝9:45分で
売り切れってどういうことでしょう。
相変わらず人気がありすぎで困ったものです。
11時までまてば1個だけ販売可能だとか。w

四国カルスト滞在中のみ、雨が降らず景色も良く見えました。

c0141933_213620100.jpg




曲がりくねったクネクネの山道ドライブで、K・Kさん車酔いでダウンしながらも
無事高知入り。


昼食は須崎の鍋焼きラーメン 豚キャベツ鍋焼きラーメン+メンチカツ丼

c0141933_21364027.jpg


やっぱり食事は、カロリーを気にしていない食べ物の方が美味しいのだ。w
毎日は食べられないけどね。www


パート2に続く...
[PR]
by contakuto79 | 2013-10-06 21:42 | 旅行 | Comments(2)