ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

カテゴリ:オーディオ( 199 )

大阪から来られる高圧真空管さんが忘年会のときに、視聴用に300Bの
真空管プリメインアンプを持ち込みしてくれることになりました。

ということは、A8をネットワークで鳴らせるようにしておく必要があります。
しかし、我が家の手持ちの機器ではネットワーク駆動より
マルチアンプ駆動の方が鳴りっぷりがいいのです。

視聴してもらうなら、マルチアンプ駆動
しかし、持込してくれる300Bもネットワークで鳴らしてみたい。

また、SPを運び出して裏板を外して内部配線をやりかえなどしてたら
そんな作業だけで半日つぶれてしまうし。008.gif

仕方がありませんので、無い知恵絞り出してこんなのを作ってみました。


マルチアンプ駆動 時々 ネットワーク駆動 
超簡単配線切り替え式スピーカーターミナル



c0141933_130132.jpg



名前が長いか。037.gif

ネットワークへと繋がる入力用端子のその横に、内部のウーハーとドライバーへと
直結するスピコン端子のメス端子を追加しました。

c0141933_130763.jpg



そして内部のネットワークBOXからのウーハー用、ドライバー用
それぞれの配線4本を一度、スピーカーエンクロージャーの外に引き出して
スピコン端子のオス端子(4配線仕様)を取り付け

これで、スピコン端子を差し込むだけでネットワーク仕様のアルテック A8になります。

c0141933_1301047.jpg



おまけに、チャンネルデバイダーからの信号を入力したドライバー用ウーハー用の
それぞれのパワーアンプからのスピーカーケーブル4本もスピコン端子のオス端子を
取り付けしました。

c0141933_1301639.jpg



これで、ネットワーク用、マルチアンプ用のスピコン端子のオスが2種類出来ましたので
A8のメスのスピコンに差し込むだけで、超簡単にネットワーク仕様、マルチ仕様に
切り替えできるようになりました。


その切り替え作業は1分で完了しますので、オフ会でもマルチやネットワークの違いなど
簡単に聞き比べして遊ぶことが出来るようになりました。

これでようやく裏板外して毎度配線やり変えなんて面倒な作業から開放されました。ww

c0141933_1301962.jpg



c0141933_1425127.gif

[PR]
by contakuto79 | 2013-12-28 01:43 | オーディオ | Comments(4)
ALTEC  515Bの片チャンのウーハーから音は出るものの、
低音スカスカというよりほとんど低音が出ていません。

配線確認したり、アンプの故障を疑ったりしてみるもそれらは問題ないし。
どうやらウーハーに何かしらの問題があるようです。

仕方がないのでウーハーを取り外し、どこかおかしいところがないか
確認してみますと...

あれっ
ウーハーのコーン紙を手で押してもビクとも動きません。008.gif


カッチカチやぞ!!



c0141933_21403481.jpg




低音の出るもう一方のウーハーは、コーン紙を押すとトランポリンのように沈みます。
うむむ、もしかしてこれは噂に聞いたことのあるウーハーの固着か。

エッジやダンパーが変質して硬化したような感じではありませんので
アルニコの磁石が何らかの衝撃により、センターからずれてしまい
内部で磁力で張り付いてしまったのかもしれません。

c0141933_21282532.jpg



ヤマハの1000Mのウーハーなどは磁石を接着剤で取り付けしているので
接着が剥がれて磁石がずれてしまうことが時々ありますが、アルニコユニットの
ウーハーの固着なんて聞いた事がありません。

高価なウーハーですのでここは専門の修理店にお願いすることにしましたので
ウーハーを送ってみました。

結論から言うと、やはりアルニコ磁石のセンターがずれていました。
スピーカー修理専門店曰く、
『私もアルニコユニットの固着なんてはじめてみました。
磁石がずれないように専用のガイドが入っているのでちょっとやそっとの衝撃では
磁石がずれることなんてないんですけどね~。
よほどの衝撃が加わったのかもしれません。』

とのことでした。
ユニットを見る限り、落として破損させたような傷はないのですが
何かしらの衝撃が加わったのは間違いなさそうです。

ただ、修理業者によると症状は磁石のずれだけなので、再度センター出しをして
固定し直したそうです。
『その他は、コイル等はオリジナルのままですし、ユニットの状態としては
ジャンクユニットが多く出回っている昨今で、このユニットの程度としては
最高の状態なので結果としては良い買い物だったと思いますよ。』
と太鼓判をもらいました。w

c0141933_21281889.jpg



22~23日とオーディオ忘年会で県外から視聴に来られる予定でしたが
残念ながら515Bは間に合いませんでしたので、416Zウーハーに戻しました。

しかし、その後の仕事が忙しくオーディオ弄りしている暇もないまま週末を迎えてしまい
オフ会前日の深夜から突貫工事でシステムを組み上げ。042.gif
結局、オフ会当日のAM4:30までかかってなんとか音出し出来る状況まで
システムを組み上げた即席オーディオで視聴していただくことになりました。w

c0141933_21283329.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-12-26 21:41 | オーディオ | Comments(4)
先週の日曜日、部屋の中が相変わらずのオーディオ実験場と化した
私の部屋にK・Kさんとkuniさんが遊びに来られました。

音楽をまともに聴いてもらえる状況ではありませんでしたので
いつものオーディオ弄りにお付き合いしていただきました。(汗)

最近、増えすぎて部屋の置き場に困っていた機器をいくつか売却しましたので
新たにアルテック 515B の38cmウーハーを入手してみました。

私は、515Bの厚みがあるけど重すぎない軽やかさも同居した515Bの低音の音色は
好きなので一度使ってみたいと思ってました。049.gif

ALTEC A8の背板を外し、416Zのウーハーを取り外します。

c0141933_232916.jpg


c0141933_23292450.jpg



重量8キロの軽い416Zウーハーに比べ、磁器回路の強力な515Bウーハーは
11.8キロと約4キロほど重たいです。

K・Kさん愛用のトルク機能付きの電動ドライバーでトルク管理しながら
ウーハーを取り付け。

c0141933_23291084.jpg



さて、どんな低音が出てくるか期待に胸膨らませながら音出ししてみます。

c0141933_23294762.jpg



おお~、低音スカスカのラジカセみたいな音だ!!

なんじゃこりゃ~!!


c0141933_23415524.jpg



片チャンのウーハーから音は出るものの、低音スカスカというよりほとんど低音が
出ていないようです。

配線確認したり、アンプの故障を疑ったりしてみるもそれらは問題ないし。

c0141933_23293932.jpg



どうやらウーハーに何かしらの問題があるようです。

やれやれだぜ...
[PR]
by contakuto79 | 2013-12-25 23:42 | オーディオ | Comments(8)
忘年会の会場 杢居に林さんのJBLのシステムが設置されていますが、
心優しき jaysonさん。


『忘年会の会場に、マイシステムを持ち込み、宴会しながら
杢居システムの鳴らし比べ会でもやろう!!』
と、軽トラの荷台一杯の機材をわざわざ事前に運び込んでばっちり視聴できるよう
オーディオシステムを構築してくれたjaysonさん。

c0141933_20505339.jpg



しかも、小型SPにプリメインアンプとか簡単に持ち運べるようなシステムではなく
専用箱の3WAYマルチチャンネルシステムです。005.gif

c0141933_20505835.jpg



チャンネルデバイダーからそれぞれのSPユニットを駆動するためのパワーアンプ
MACのPCオーディオも持ち込み、専用マイクを立てて測定までして
しっかり周波数調整までしてくれてました。

c0141933_20511057.jpg


c0141933_2051631.jpg




オーディオ好きの友人が遊びにくるからと、わざわざ飲み会の会場にまで
大量の機材を持ち込んで体力、時間を使ってここまでしてくれる人はそうはいません。

この日の夜は、感激にひたりながら音楽を楽しみ、美味しいお酒を飲めて
最高の一日になりました。043.gif

c0141933_2051358.jpg



音質が良いとか悪いとかそんな事はどうでもよくなるほど、この日の杢居で聴いた
音色は心魂に響き渡り、忘れることのない素敵な夜となりました。

jaysonさん ありがとうございました。051.gif


私が感激しながら音楽を聴いている横で、キッチンに立って手際よく宴会の準備を
進めるjaysonさんと、普段キッチンに立つことなどなさそうな黒猫ビルさんの図。(笑)

c0141933_20503778.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-11-17 20:59 | オーディオ | Comments(2)
サトル邸を後にして、今夜の忘年会の会場に移動。

くらし体験ハウス 杢居(もっきょ)にて忘年会です。
この杢居は、今回オーディオオフに参加されていた林さんが建設された
木のぬくもり、木の香りを感じることが出来る家を体験するための
くらし体験ハウスです。

c0141933_281572.jpg



林さんは、徳島県建築士会の会長も勤められた事もあるお方で、
現在は本業の設計事務所の他にもNPO法人 とくしま 山・すまい・まちネットの
理事長もされています。

c0141933_281238.jpg



この杢居は、今回の忘年会のようなイベント利用目的としても
施設利用することが可能です。
興味ある方は、詳細はHPをご覧ください。

http://tokushima-taiken.net/category/0244365.html

http://www.yama-sumai-machi.net/modelhouse/index.html

c0141933_283697.jpg

c0141933_282485.jpg


お風呂も広くて快適。ラブホテルの二人で入れるお風呂サイズです。。w
c0141933_283355.jpg


c0141933_282184.jpg



木のぬくもりを体験出来るだけならそれなりに似たような施設はあるのですが
オデオ的にここが面白いのはここから。


林さんがオーディオ好きということもあり、この杢居は音響特性を測定して
フラッターエコーが発生しないようルームチューニングが建設段階から
建築資材の組み合わせを考慮しながら建設されています。

天井も平行面をなくすように建築されています。

大学の音響工学のプロのアドバイスも受けつつ、専門家に残響特性なども
測定してもらってデータを出していました。

c0141933_2292241.jpg



そして、杢居にもオーディオ機器がしっかり設置されていて、この施設を利用する人は
自由に使用可能となっています。w

c0141933_281823.jpg



なかなかマニアックなアンプを使われていました。
スピーカーはJBLです。

c0141933_284620.jpg



Kensonic Accuphase C-200\155,000円(1973年8月発売)
Accuphaseシリーズ第一弾として発売されたコントロールアンプ
当時の社名はケンソニック。

c0141933_284277.jpg



Accuphase PRO-10

c0141933_28393.jpg


林さんにこちらのオーディオシステムの調整をお願いされましたので
忘年会の後、酔っ払いながらあれこれオーディオ弄りして遊びました。003.gif

c0141933_282798.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2013-11-16 02:34 | オーディオ | Comments(4)
baroさんの 密閉箱スピーカー

c0141933_2041373.jpg



スピーカーユニットにアルミマグネシウムコーン DIY.AUDIOのSA/F80AMG
スーパーツイーターは、TAKE-T BAT PURE
c0141933_20414380.jpg



スタンドも非常に凝った作りです。
まだまだ製作途中とのことです。

c0141933_2041417.jpg



まるせいごさんの作品 まる9 with ZERO5 TW
16cmのSPにビクターのZERO-5のリボンツイーター
後部に45mmの空気穴 簡易バスレフ仕様

c0141933_20464961.jpg


まるせいごさんの自宅のオーディオよりはるかに良い音で鳴っています。
上流機器との相性や、再生音量の違い、部屋の影響などが
音に大きな影響を与えていると思われます。

c0141933_20465178.jpg



F本さんの作品

ビンテージスピーカー 「カールソン・ストラスバーグ方式」

c0141933_20541522.jpg



1920年代前後のWEやJENSENのSPの時代のバックロードホーンの原型。
当時のスピーカーの設計図を入手したとのことで、図面から再現して
製作されています。
オリジナルモデルは、38cmウーハーとのことですが、サンスイの16cmの
フルレンジSPユニットを使用して縮小版を製作されました。

c0141933_20541714.jpg


キャビネット内は三分割されたチェンバーがダクトでつながっており、
トリプル・バスレフに似た形との事。


総勢総勢15人も集まり、オメガの会例会は大変盛り上がりました。
広島の皆さんの情熱溢れる姿に感銘を受けました。
そして何よりより皆さんがとても仲が良く、積極的にオーディオを盛り上げようと
皆が積極的にイベントに参加され活動されている姿がうらやましく思えました。


帰りの途中、呉の港で炭火焼肉を食べて少しでも広島のエネルギーを
充電していこうと大盛りご飯で満腹になるまで食べて帰りました。w

c0141933_2103131.jpg



おしまい・


オメガの会 HPのリンク先です。
http://homepage3.nifty.com/sakatani/omega/
[PR]
by contakuto79 | 2013-11-05 20:38 | オーディオ | Comments(2)
タカタさんのオーディオルームにて追悼会が行なわれましたが
あわせてオメガの会 例会も開催されましたので会員の皆さんの力作を
見学させていただきました。

トップバッターは、オメガの会 会長の2作品
「同軸音道バックロードホーン」

c0141933_20282143.jpg


エンビパイプを使ってスピーカーを製作してみたかったとのことで今回の
出展となりました。


c0141933_20282660.jpg



設計図

c0141933_20265665.jpg




もう一作品
平面バッフルと密閉箱を組み合わせて低域の打消しを無くしよう」というコンセプトで
設計されたスピーカー

c0141933_20291490.jpg



年末のオメガの会のコンテスト課題SPユニット、FOSTEX P1000K を2本
背中合わせに取り付けされています。

c0141933_20291739.jpg




K技研KさんのスキャンスピークのTWと10cmウーファーのダブルバズレフ
中低音にP1000K、高音にはスキャンスピークのツイーター

c0141933_20294218.jpg



A4サイズの小さなスピーカーから、驚くほどの重低音が出ていてこれには皆吃驚!!
Kさんの再生音楽の選択のうまさも影響いているかも?
聴き慣れた音楽で再視聴してみたいですね。

c0141933_20295671.jpg




アールefu さんの マコレ 不対面ダンディムチェンバーBH

c0141933_2033109.jpg



昨年度のオメガの会 コンテストグランプリ作品。
SPユニット FOSTEX FE83E 直径80mmの小型ユニット

c0141933_2033056.jpg



仕上がりも、既製品のスピーカーのような美しさです。

c0141933_20331430.jpg



パート2に続く
[PR]
by contakuto79 | 2013-11-04 20:38 | オーディオ | Comments(0)
たまたま、上京した日にハイエンドオーディオショーが開催されていたので
最後にちょっとだけ立ち寄りました。

実は、東京に行っている最中に開催されているのを知ったぐらいで
もうあまり関心も薄れつつあるのですが。

アクオスホォンの残念な写真ばかりですがアップしときます。

逸品館のブース ここは
いつも気合が入ってますね。

c0141933_1295945.jpg


c0141933_130820.jpg

c0141933_130533.jpg


ONKYO 
大手家電メーカーの出展はONKYOだけと寂しい状況です。
e-onkyo musicのハイレゾ音源を再生してました。

c0141933_1301151.jpg



c0141933_1301348.jpg


面白いとこでは、香川大学のダイスターオーディオアンプ


IC,トランジスタ、真空管等の増幅素子を使用しないアンプ。
論文でこのアンプを発表すると、増幅素子を使わないでアンプが出来るわけがないと
業界からの反発があったそうで、それならと現物アンプを製作して
ハイエンドオーディオショーで公開することにしたとのこと。

これが、最初で最後の出展になるそうです。

c0141933_1303326.jpg


このアンプは、発光ダイオード(LED)とフォトダイオード(光センサー)だけで
構成する新増幅素子「ダイスター」を応用してオーディオ向けに開発されたもの。
従来のトランジスター型アンプと比較してノイズを約1/1000に抑えたという。

c0141933_1302285.jpg



LEDと受信用ダイオードの間に名刺を差し込んで光を遮断すると音が出なくなります。
またLEDを近づけたり遠ざけたりすると音量が変化します・。

c0141933_1303179.jpg




c0141933_144291.jpg


1枚のダイオードで、数ワット程度の出力、枚数を増やす事で
大出力も可能だとか。

いつの日か、この技術が使われた製品が世の中に出てくるかもしれません。



音的には、どこのブースもハイエンドで綺麗な音色で面白みが少ないのですが
一つだけ面白い音を出しているブースがありました。
英国EARの真空管アンプを扱っているヨシノ・トレーディング

c0141933_130192.jpg



イタリア製のディアパソン Diapason Astera(アステラ)というスピーカーを
EARの真空管アンプで駆動。
オープンリールでジャズを流していましたが、その音は熱く濃くエネルギッシュなサウンドで
他のブースとは根本的に目指している方向性が違うサウンド。060.gif
私的には好きな音でした。

ちなみに、このディアパソン HPによると...
標準販売価格: ¥1,20,000(税込¥1,260,000)(ペア/専用スタンド付)

http://www.yoshinotrading.jp/products/diapason/astera/

なになに、本体12万円だと  これは安い!!と思ったら
税込み価格は126万円になるそうです。(爆)

ヤレヤレだぜ!!




c0141933_131118.jpg


上京物語 おしまい
[PR]
by contakuto79 | 2013-10-27 02:08 | オーディオ | Comments(6)
kuniさん所有のaudio-technica AT6061 と 私が所有していた
STEREO誌の付録デジタルアンプ LXA-OT1 [新品未開封] を
交換しました。

ハードオフで回転寿司になっていた AT6061 を3000円程で入手されたとか。
私のLXA-OT1も入手価格3000円程

プレミア価格になっているLXA-OT1 1万円以上でヤフオクで取引されたりも
しているようなのでわらしべ長者的には私の負け?

c0141933_2314318.jpg



でも、滅多に売りに出ることもなさそうなAT6061
似たような大きさのオーディオリプラスのインシュレーターとか買う事を考えると
破格の安さなので、やっぱりわらしべ長者的には私の勝ちということで。w

c0141933_2315078.jpg


c0141933_2315213.jpg


ただ、使い道を考えずに入手したけどさてどうしましょう。w
耐荷重:100kg(1個)らしいのでアルテックA8とかにも使えるけど
説明書きによると、 『 高域のヌケをよくし、引き締まった低音を実現 』

これ以上A8の低音を引き締めてもスカスカサウンドになってしまうしなあ。ww
[PR]
by contakuto79 | 2013-08-14 23:21 | オーディオ | Comments(2)
フォノイコライザー 聴き比べ パート2

私は、子供の頃からレコードは聴いてきましたが、長い間レコードとは
そこそこ楽しめるような音で鳴ればそれでOK!! という距離感で付き合ってきました。

ですので、レコードに対して詳しい知識を持つベテランオーディオマニアの皆さんに
私からあれこれ評価みたいな意見もあまり書くことはないのですが、
一部の方から書いて欲しいと言われてましたのでちょっとだけ私の感じた事を
書いてみます。

Accuphase C-280L (内臓フォノイコを使用)
http://audio-heritage.jp/ACCUPHASE/amp/c-280l.html

MM・MC型対応フォノイコライザー:Pro-Ject Phono Box SE
http://naspecaudio.com/discon/pro-ject-discon/mm-mc-phonoequalizer-amplifier/

Aurorasound(オーロラサウンド) VIDA ブィーダ
http://www.aurorasound.jp/vida.html#vida




視聴フォノイコは上記3種類

発売時期も価格もぜんぜん違います。
C-280L は、1987年発売の当時70万円位のプリアンプ
まさしくレコード技術も熟成されたレコード全盛期に発売されたもの。

c0141933_2325015.jpg


Pro-Ject Phono Box SE
Pro-Ject(プロジェクト) 1991年に設立されたオーストリアのオーディオメーカー。 
本社はオーストリア・音楽の都ウィーンに拠点を置いています。 
発売時期は多分2004年頃?
当時4万円程度のフォノイコです。

c0141933_233210.jpg


Aurorasound(オーロラサウンド) VIDA ブィーダ
2011年発売。
オーロラサウンドは、元はPCオーディオやDACをやっていたそうですが
昔のアナログマスターテープをハイレゾ音源にしたものをいろいろ聴いているうちに
オリジナルのLPレコードが聴きたくなったからということで製品開発され
販売されたようです。
価格は31万2900円

c0141933_2325818.jpg


視聴レコードは、エクスクルーシブさんが2枚持ち込み。
最近、話題のこのレコードも。
でもひこうき雲 音質悪すぎ。(汗)
4曲目が好きとのことでそちらを中心に。

c0141933_2394518.jpg




我が家のレコードもいくつか。

c0141933_2353563.jpg



視聴レコードは1970年代 1980年代に発売されたレコードなどいろいろ

1980年代に発売された高音質レコードの感想。

Aurorasound(オーロラサウンド) VIDA ブィーダ
ぱっと聞いた印象は、低音の解像度が高く周波数特性的にもフラットな
バランスの良い鳴り方。
280L程鮮烈な音は出てこない。

Accuphase C-280L (内臓フォノイコを使用)
重低音の伸びが凄くて重厚な低音と音が弾け飛ぶような鮮烈な音。

Pro-Ject Phono Box SE
Accuphase C-280LとAurorasound VIDA の中間的なサウンド
低音の量感も280L程じゃないけど程よく弾むようになってくれます。



ぱっと聴いた印象では上記のような音

ただし、レコードを変えると評価はまた違った印象になります。
2000年以降に発売されたデジタル主流時代の一般的にに高音質版と
言われているレコードを視聴。

c0141933_2404765.jpg



Aurorasound(オーロラサウンド) VIDA ブィーダ

最近の高級トランスポートと高級DACを組み合わせた現代的な
ハイエンドサウンド CD音源を聴いているような良く似た印象。
CDとレコードの同じソフトを聞き比べしてもあまり大きな違いを感じません。

Accuphase C-280L
重厚な低音の伸びがあだとなり音が低音が膨らみ気味で重たい印象
弾けるような鮮烈さもありません。
同じソフトならレコードの方がCDより音質が悪く感じます。

Pro-Ject Phono Box SE
鮮烈な音も出ませんが、重たい印象もなく聴き易い音。
これも、C-280L VIDA の中間的なバランスの音。


レコードは昔からボチボチ続けていしましたのでそれなりに数は持ってはいましたが、
特別アナログに詳しいわけでもない私が、Pro-Ject Phono Box SEを当時
購入した決め手になったのは上記感想の通り 音楽ソフトの音質の違いによる影響が
あまり出ないので聴き易いから。034.gif

もっと高音質のフォノイコがあることはわかっているのですが、レコードは
発売された時期によって音の録音バランスがぜんぜん違うのです。



レコード全盛期に発売された80年代頃の高音質レコードは、
その当時に発売された音の良い機器で再生するとビックリするような
鮮烈な音がします。

70年代頃のレコードは、鮮烈な弾け飛ぶような音はありませんが
もっとレンジが狭く枯れたような音色が多いかな。

c0141933_2394940.jpg


90年頃に入ってCDの発売とともにレコードの衰退でスタジオの機材もデジタル化されていく
影響かレコードの音もだんだん悪くなっていくような印象。

2000年以降のオーディオマニア向け 重量盤高音質レコードなどは
レコード全盛期の80年代の高音質盤とは音のバランスが全く違います。

これらの録音バランスの違うレコードを聴くわけですが フォノイコ選びを考える時に
私が思うに一番考えるべきことは、どの時代のレコードを中心に聴くのか?

そしてそのレコードが発売された当時の機器を揃えるのが一番の近道かな。

こんな考えをレコード遊びするたびに感じています。

オーディオオフ会ではまず再生される事のないこんなレコードも
今日は再生してみました。w

c0141933_240553.jpg



スケバン刑事Ⅱ このレコードには当時のドラマのテレビの音声が
収録されています。
私世代の人は、子供の頃からテレビでよく耳にしていた耳馴染みの役者さんの声も
収録されています。

これらの声を高級オーディオ機器で再生すると、人の声が別人の声に聞こえるとがよくあり
遺伝子に刷り込まれた記憶が反応してもの凄い違和感を感じるのですね。w

まあ女性ボーカルなんかを意図的に音色を変えて構築する美声オーディオも
ありではあるのですが。ww

そんな1980年代のレコードを再生すると一番声に違和感を感じないのは
Accuphase C-280Lでした。

c0141933_240432.jpg



1985年発売の中森明菜さんのレコードを他のフォノイコで再生してみますと、
kuniさんが一言。
声が違う...

C-280L に戻しますとそうこの声との感想でした。

ジャズやクラシックなど音楽にもよりますが、人の良い悪いの感想ほど
あてにならないものはありませんから音の評価などは他人の100の感想より
自分のシステムで聴いてみる。
これしかありません。(爆)

ただし、新しいレコードを中心に聴くのか?
はたまた80年代
70年代?
50年代やSPレコード?

聴きたいレコードが発売された当時の機器で再生する。
これが私なりのレコード 及び フォノイコ選びの一つの指針かな?

ただし、古い機器は心配という人もいるかもしれませんので
Aurorasound VIDA あたりを狙っている人は、カートリッジや
プリアンプなども昔の物ではなく、今時の新しい機器で統一した方が
音色の相性が良くて好印象になりそうな感じです。003.gif

期待通りのオーディオ雑誌に出てくるようなレビューではなくて
すんません。
ソフトレビューなんだか機器の感想なんだかよくわからないような文章の上手な
オーディオライターが書いたような音楽レビューのような感想は
オーディオ雑誌でどうぞ。w
[PR]
by contakuto79 | 2013-08-05 02:57 | オーディオ | Comments(8)