ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

2012年 04月 08日 ( 2 )

パイオニア PL-X9のオペに見事に失敗して、棺桶送りにしてしまったRYOさんは
次の獲物を物色してこんなのをゲットしてみました。

DENON◆DP-51F フルオートレコードプレーヤー
http://audio-heritage.jp/DENON/player/dp-51f.html

フルオート機能により、Startボタンを押すとレコードのサイズ・回転数(30cmで33 1/3回転、
17cmでは45回転)をセンサーが自動検出して演奏スタートします。
再生終了するともちろんアームが自動で戻ってきてターンテーブルの回転も止まります。

c0141933_2284320.jpg



レコード置いて、ボタン一つでお手軽再生出来るので、CDを再生するような
お手軽にレコードを楽しむ事が出来ます。

1981年発売で、69,800円で販売されていたプレーヤーですが、なかなかしっかりした
作りで、コストパフォーマンスは高そうなプレーヤーです。
今時の見た目だけ豪華なプレーヤーならこれでも十分対抗出来そうな感じですが
フルオートのアームを制御している部品が故障するとご臨終していまいます。

c0141933_2284756.jpg



シェルは、専用のPCL-50を使用。お手軽にシェル交換して針を変えることが出来ません。
故障のリスクもありますので古いフルオートプレーヤーを入手することはオススメしません。
マニュアルプレーヤーをゲットしたほうが音質的にも有利ですし、故障のリスクも少ないです。

サブのBGM用レコードプレーヤーとしてしばらくは活躍してもらおうと思います。
[PR]
by contakuto79 | 2012-04-08 22:20 | オーディオ | Comments(9)
選曲からLP,EPの判別、33回転、45回転の回転数合わせから、ボタン一つで
フルオートで動くパイオニア PL-X9 のレコードプレーヤーの調子が悪くなりました。

c0141933_053637.jpg



動画:パイオニア PL-X9 卒業写真 フィーリング ハイ・ファイ・セット 


トレーがスムーズに出てこなくなっていました。
ベルトが駄目なのか、グリスが固まったのか、モーターが駄目なのか
原因はわかりません。

c0141933_053410.jpg



最近、ビンテージオーディオ機器を修理するのが流行しているようですので
便乗してとりあえずバラシテみました。w

どんどんネジを外していきます。

後先考えず、ばらせるだけばらしてみます。w

c0141933_053798.jpg



訳もわからずばらしてみましたが、私の頭でこんな複雑なメカ理解出来るはずもなく
適当に組み立てて元に戻してみます。

そして、完璧に壊れてしまいました。(爆)

私が機械物をばらすと必ず故障するのを知っていながら機械物の分解に手を出したのが間違いでした。w
良い子の皆さんは、真似しないように。ww
[PR]
by contakuto79 | 2012-04-08 00:20 | オーディオ | Comments(4)