ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

パイオニア PL-X9 完全体!!

最近、導入した パイオニア PL-X9

到着後、トレーが出てこないという不具合が発生して、前オーナーに修理してもらいました。
前回の修理は、ハイ.トレイゴムが年代物で伸びプーリーからはずれ
トレイが出てこなくなったとのこと。
ゴム新品に取替えで対応。

その後、到着するも再度不具合発生。
自動再生すると、時々アームが外に流れてレコード盤の外に針が降りてしまいます。

古い品につき、やはりあちこち調子が悪いようです。
またまた修理することになりました。

今回の問題点
アームのリフトアップのゴムの電気接触部分の問題でした。
部品もすでにパイオニアに在庫が無いものですが前オーナーが永年オーディオやっていて
手持ちの部品があったことにより完全に直りました。

動作確認しましたが、動作も全く問題ありません。
LPレコードも選曲ボタンで好きな曲を自動再生出来ます。
EPレコードの再生もボタン一つなので快適そのもの。

音もなかなかのもので、レコード盤の状態が良ければDCSのDACに負けないような
音が出てきます。
高出力の専用MCカートリッジ41MCが使われているそうで、現状は手持ちのフォノイコ
Pro-Ject Phono Box SE  を使用していますが他にもいろいろ試してみたくなりますね。

PL-X9の詳細はこちらを参考に
兄貴的な存在でもある本体がフルサイズのPL-88F

前オーナーには、購入後のメンテナンスを無償でしっかりしていただきました。
入手不可の部品もあり、メーカーでの修理も出来なくなってきていますので、
いろいろ対応してくださりありがとうございます。

オーディオ暦も長いようで、なかなか面白そうな機器を使用されているとのこと。
機会あれば視聴してみたいところです。

SP:JBL ハークネス縦横2台 オリンパス L101 アルテックA7 610
アンプ : マランツ7を3台 SG520 5台 C-22 マークレビンソン
オープン : ナグラ TS  テレフンケン76Cmです
プレーヤー: マカラ. トーレンス224.と124 Gラード301
[PR]
by contakuto79 | 2008-05-28 01:21 | オーディオ | Comments(2)
Commented by AMIE at 2008-05-29 01:37 x
これまた、懐かしいですね。
プライベートとか言うシスコンのADPだったと思います。
結構、ハイ上がりでシャキっとした音がしていた記憶があります。

当時、各社からこの手のADPが発売されていました。
高級機だとTechnicsのSL-10が良い音してましたね。

しかし、DCSと同等の音がするとは、恐るべしです。
280LやP3は、もう用事ないですね(汗
Commented by RYO at 2008-05-30 00:14 x
おもちゃのようなアナログプレーヤーですが意外と馬鹿に出来ない音がしますね。
ただし、盤の状態が良くて録音が良いものに限定されますが。w

DCSと同等と言っても、CDとADの同じソースを聞き比べしたわけではないので気のせいかもしれません。w
280LやP3持ち込みすれば、間違いなくもっといい音がして
錯覚だったことに気が付いてしまうでしょう。(爆)

私のアナログレコードは、小学生の頃から楽しんではいますが
気持ちよく鳴ればいい程度にしか音質の追求はしていませんので
話半分で聞き流してくださいね。w

X9の弟分的な機種もあるそうですが、そちらはちょっとハイ上がりで
エネルギッシュに元気良くなるそうです。

しかし、オーディオ視聴モードに頭のスイッチを入れて視聴すると
気になる点がないわけでもない...
昔のアイドル物を再生していると、声量が大きくなるところで
音がひずんでいるような気が...
レコード盤の影響か...プレーヤーの影響か...針の影響か...
フォノイコか...

AMIEさん、気のせいだったことを証明する為に、280L持ち込みしませんか?(爆)




名前
URL
削除用パスワード