ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

toyo-tさん 相互訪問

翌日も早朝から、toyo-tさん宅に。

フィルターを外して再調整されたとのことで、高域もスッキリ伸びた爽やかサウンドに変身していました。
toyo-tさんは高域の違和感が気になるようでした。

特別、ハイ上がりな音には感じませんでしたが、高音用ドライバー RADIAN 475PB-8の
音色は若干癖があるようでして、弦楽器などは少し音色の違いが気になります。

toyo-tさんも、このドライバーの組み合わせは相性に問題があることは気が付いているようでしたので、弦楽器の音色の美しさといえばあのツイーターが良いのではと思いオススメしておきました。

高級ハイエンドスピーカーやSonus faber(ソナス・ファベール)のスピーカーなどにも
採用されているあれです。
そう、スキャンスピークのツイーターです。
katyanさんもホーンシステムに、このツイーターを使われていますので、katyanさんにお願いして
持ってきてもらって視聴してみたらどうですか?と好き勝手にオススメしておきました。w

katyanさんすみません。037.gif

c0141933_22144272.jpg


toyo-tさんは、スピーカーの設置を測定した特性が良くなる様に設置位置を追い込みして、
位相を追い込んでいくという方法で設置されているそうです。

ですが、聴感上どのように聴こえるかという追い込みがもう一歩という感じもありましたので
私が耳で聞きながらのSP設置の追い込みを好き勝手にSPを移動させ、視聴ポジションも
変更してみました。

左右の壁に違いがありますので、左右非対称のスピーカー設置となりましたが
センターもピシッと合って、ボーカルの口も等身大の高さに出現しました。

音場の再現が良くなり音の広がりも出ています。
音が広がりながらも、定位がしっかりしていますので、やや中抜けしていた音場が中央に
集まったことで楽器の音色も厚みがまして、かなりいい感じに変化しました。

この変化は、toyo-tさんも驚いたようで、SP設置の追い込みだけでこれほど音が変化するとは!!
と、かなりびっくりされていました。
今回のオフ会はいい刺激になったようで、『これまで以上に音楽を聴く楽しみが増えまました。』と
言って下さいましたので、私も微力ながらお役に立てて良かったです。

その後、一緒にラーメンを食べて我が家にも遊びに来ていただきました。
心地よく音楽を楽しんでいただけたようで、一瞬寝てしまったとのことでした。w
癒し系サウンドの我が家としては、眠りに誘うことが出来ればOKでしょう。ww
c0141933_2214523.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2008-05-08 22:22 | オーディオオフ会 | Comments(2)
Commented by t-toyo at 2008-05-10 08:47 x
その節はお世話様でした。各SPの位相管理を徹底するためにはSPシステムをある方向に固定する必要があるため、これまで一度もSPの振り角を調整したことがなかったのです。RYOさんに調整していただいて、これが大きな間違いだったことがわかりました。
お蔭様で調整後は音楽を聴く楽しみが倍化し、リスニングルームから出られなくなりました。ありがとうございました。
Commented by RYO at 2008-05-10 19:19 x
たしかに位相調整後にSPを動かしてしまうと位相が狂ってしまいますものね。
かといって、耳での聴感上での追い込みをした後に、その動かした分だけ位相値を変更すると、聴感上で違和感を感じるようになってしまいましたね。
そこらへんの妥協点をどこに持っていくかの判断が、このような大型のマルチチャンネルの難しいところでもあり、面白いところでもあるように思います。
名前
URL
削除用パスワード