ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

精密位相合成 toyo-t邸視聴会

精密位相合成のtoyo-t邸にてオーディオ視聴会が開催されましたので
kuniさんと参加してきました。

今回、新たにオーディオ音質向上計画でtoyo-tさんが取り組まれたテーマは3つ。

① これまで一般的な電圧伝送方式のDACを使ていましたが、これとは全く異なる
電流伝送方式のDACを自作しました。

② 数種類の代表的なフィルムコンデンサを比し、最も優れたものをチャンネルデバイダー
に使用しました。

③ 音質劣化の大きな要因となるグランドループを、できるだけ回避するよう
アースラインを見直しました。

電気の知識に疎い私とkuniさんのために、詳しく教えていただきながらオーディオ視聴も
させていただきました。

toyo-tさんのスピーカーは5WAYになっています。

c0141933_1355262.jpg



ロー:38cmウーハー~121Hzまで
ミッドロー:121Hz~647Hz
ミッド:607~2300Hz
ミッドハイ:2680~8500Hz
ハイ:11500Hzから上

1Hz単位で調整されていましたので1桁単位で追い込みしたのですか?
と質問しましたら、たまたま調整してたらこの数字で落ち着いただけとの事です。w

プリは、電源がバッテリー式の自作パッシブ構造になっています。
内部にDACが内臓され、RCA端子から出力される信号は、DACチップから
出力された電流伝送の信号をそのまま流しています。034.gif

一般的なCDプレーヤーやDACの音声信号は電圧伝送でRCAから出力されますが
電流伝送だと流れる電流の量が大きいために、長いケーブルで接続しても
ケーブルにより音質劣化の影響を受けにくいのだとか。
パワーアンプと上流機器の距離が離れている人には音質的に有利かも。

デメリットとしては、うっかり普通にパワーアンプにそのまま接続してしまうと
大変なことになってしまいます。(爆)
toyo-tさんは、パワーアンプの横に電圧-電流方式変換機を設置しています。
SP足元の小さなシルバーのボックスがそれです。

c0141933_13553659.jpg



パワーアンプやチャンネルデバイダーなども内部も改造されています。
チャンデバの内部は、CROSS-CAPのコンデンサーに変更しているとか。

c0141933_13544638.jpg



音質劣化の大きな要因となるグランドループについても取り組まれています。
完全なモノ構成の電源ラインにしたいそうですが、まだD-45のパワーアンプにのみ
小さなグランドループが残っているとかで、今度の課題としてこれを完全なモノアンプに
交換したいとのこと。

ちなみに、自作のDAC内臓パッシブプリアンプですが、DAC部とプリ部で完全に別電源と
なっていますので、アンプの背面には電源入力端子が2つあります。
DAC部とプリ部でそれぞれ、バッテリー接続する構造になっています。034.gif

c0141933_13542760.jpg



c0141933_1354659.jpg



toyo-tさんは、現在CD再生はMACのノートパソコンを使ってPCオーディオのみで
音楽を聴かれています。

PCオーディオの音声信号取り出しも進化していました。
MACのPCの場合は、FireWireよりUSB接続の方が低レイテンシーだとか
難しい話がいろいろあって、知能指数の低い私には理屈はわかりませんので
耳で聴いて、音が良いか悪いかの判断しか出来ません。w

toyo-tさんのPCオーディオは、デジタル信号を取り出すサウンドインターフェイスに
自作のUSBケーブルで接続しています。
このUSBケーブルは、音質に悪影響を与えるといわれているUSB用の電源供給ラインのみ
カットしているとのこと。

c0141933_13524325.jpg



その為に、USBからの電源供給が出来ませんので、バッテリーを追加して
外部電源方式としています。

c0141933_13531328.jpg



特別に、サウンドインターフェイスの中身を見せていただきました。

c0141933_1356631.jpg



中から出てきたのは... 005.gif

音が良いと評価の高い、M2TECHのhiFaceです。w
http://www.m2tech.org/hiface.html

c0141933_13533042.jpg



通常はUSB端子に差し込んで使うタイプですが、外部電源仕様に改造されていました。
良質なDC電源を確保するには、パーツを購入して自作すると結構な出費になってしまう
とのことで、安価に出来るバッテリー式にしているそうです。

外部電源方式のhiFace Evoなら私も所有していますが、toyo-tさんのhiFaceは
余計なものが付いてないシンプルな構造なので、RCAデジタル信号の取り出しに
限定すれば、hiFace Evoより音質的に有利な可能性もあります。

また時間のある時に、自作DACを我が家のシステムで視聴させていただく予定ですので
我が家のSPでどんな音になるのか楽しみです。

高額なオーディオ機器は当然凄いものですが、アイデアと知識でお金をかけないで
良い音を追求するtoyo-tさんに本当のマニアの姿をみた気がしました。038.gif

あっ、音の感想を書くの忘れてました。ww
いつものtoyo-tさんらしく、刺激音の少ない耳に優しい音で、分厚い低音ががっちり
骨格を支えた落ち着いたサウンドでした。

toyo-tさん どうもありがとうございました。003.gif
[PR]
by contakuto79 | 2012-11-04 13:59 | オーディオ訪問記 | Comments(8)
Commented by シール屋ようすけ at 2012-11-04 15:49 x
色んな体験されて、いい刺激を受けられてますね。
羨ましい様な・・・
Commented by RYO at 2012-11-04 19:58 x
シール屋ようすけさんも早くいろいろな体験が出来るといいですね。
近場から徐々に動いてみるのもいいかもしれませんね。(^^)
Commented by toyo-t at 2012-11-04 21:04 x
先日の試聴会はお疲れ様でした。
当方のオーディオシステムについて詳細にご紹介頂き、有難う御座います。
一部クロスオーバー周波数にミスがありましたので、あらためて記載したいと思います。
ハイ 11.5KHz~
ミッドハイ 2.68KHz~8.5KHz
ミッド 607Hz~2.3KHz
ミッドロー 121Hz~647Hz
ロー ~121Hz
以上の通りです。
その後、残っていたパワーアンプ回りのグランドループですが、片チャンネルのアースラインを外す方法で、改善しました。
今のところ、音質には十分満足していますので、これ以上の改善はないと思っています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Kuni at 2012-11-04 21:37 x
RYOさん、toyo-tさん、その節はお世話になりました。
お2人ともベテランでPCオーディオのにも造詣の深い方々だったので横で音楽再生と説明をお聞きするだけで精一杯だったのですが、よい勉強・刺激になりました。
機会があればまた誘ってください。
Commented by RYO at 2012-11-04 21:58 x
toyo-tさん
先日はどうもお世話になりました。
記事内の周波数クロス訂正しておきました。
ご自分で満足出来る音に仕上がったとの事良かったですね。
今回の訪問で、PCオーディオ関係の音質向上が特に感じられました。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by RYO at 2012-11-04 22:01 x
Kuniさん
私は、趣味は浅く広くがもっとうなので造詣も深くはありませんよ。w
ほー、へーといつも感心しているだけですから。
またオーディオ遊びしましょう。
今回は視聴会の参加ありがとうございました。
Commented by M_-2000 at 2012-11-05 21:18 x
RYOさん、こんばんはっ
>「刺激音の少ない耳に優しい音で、分厚い低音ががっちり
骨格を支えた落ち着いたサウンドでした。」

やはり、各素子を高グレードのものに置き換えますと、このような冴えた音になるという好例のようですね。

とってもイイ音のようですネっ(*^_^*)
Commented by RYO at 2012-11-05 22:31 x
M_-2000さん
定価の低い機器だとコストダウンでパーツもそれなりですから
少し手を加えてやることで、格段に良い音になりますね。
名前
URL
削除用パスワード