ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

Oscar Sound アルミ合金インシュレーター

Oscar Sound(オスカーサウンド)のオーディオアクセサリー

まず最初にチェックしてみるのは、アルミ合金インシュレーターです。

c0141933_23555860.jpg



3個で13,500円(税別)

合金の材質などは不明。
スパイクのような尖った形状ではありませんので、スパイク受けなしでも
機器とオーディオ機器の間にそのまま使用出来ます。
上下の方向性のみ管理設計しているとのことで、細い方を上にして使うとのこと。

c0141933_23555576.jpg



プリアンプやユニバーサルプレーヤー、CDプレーヤーの足元に入れてみます。

私個人的には、アンプの足の音にはあまり敏感に音の変化を感じる事はありませんので
特にこだわりは持っていないのですが、回転系メカが搭載されている機器類
CDプレーヤーなどの足元は、音にかなり影響すると個人的には思っています。

CDプレーヤーの下のボードの材質が石か木かガラスか金属かでも
プレーヤーを買い換えたほど音が違って聴こえますので、当然プレーヤー下に
インシュレーターを使うと、音の変化量は一番多いように思います。

Marantz CD-15をトランスポートとして使っていますので、この下にも
アルミ合金インシュレーターを入れてみました。

c0141933_2356277.jpg



木製ラックの中でボードは御影石を使用。
ノーマルの足に比べ、音の分解能がはっきりして楽器の定位がより明瞭になります。
音のエッジが立ちますので、より鮮明な音の印象に変化します。034.gif

音の分解能は向上しますが、音色自体を大きく変化させない所は個人的にはGood!!

チタンや真鍮を使ったインシュレーターは、音色の変化も大きいので求めている
変化と合致してくれれば良いのですが、それが合わない場合はケーブルも含めて
全体の音のバランスを再構築する必要があります。

別に無理に再構築する必要ない人はしなくていいんだけど、私はへそ曲がりな性格なので
インシュレーター1個変えて幸せになれるほど単純じゃないのです。(爆)

その点、このアルミ合金インシュレーターはそこまで音色を変化させないまま
音の向上が感じられますので、ある程度追い込みしているシステムに介在させても
現状のバランスを失わないまま利用出来そうです。
また、初心者の方でも使用プレーヤーの音のベースはそのままに空間表現など音質向上が
見込めますので、プレーヤーのバージョンアップに使えそうです。

スレッショルドのプリアンプの下にも入れてみましたが、残念ながら価格相応の音質向上は
感じられませんでした。

まあ、『 オーディオのガラパゴス島 』 などと言われたこともある私のシステムでの
視聴なのであくまで参考程度にして下さい。w
[PR]
by contakuto79 | 2012-08-07 00:19 | オーディオ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード