ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

Exclusive P3

スーパーアナログサウンド用のターンテーブルをゲットしてみました。
Exclusive P3
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/player/p3.html

そう、アナログマニアのAMIEさんも使われているスーパーアナログサウンド用の
ターンテーブル Exclusive P3 です。w

今から30年ほど前に、当時定価60万円で販売されたまだ日本が元気だった時代に
日本の技術の粋を集めて作り上げた超弩級レコードプレーヤーです。005.gif

c0141933_21255191.jpg



キャビネットは、ブラジリアンローズウッドの天然木目仕上げ。
ハウリング防止に優れた強化ガラス製のダストカバーが採用されています。
一般的なプレーヤーのダストカバーはプラスチックが普通ですよね。w

重量も45kgありますので、一人で持ち運ぶのもかなり大変です。008.gif
腰痛持ちですがなんとか気合入れてラックに担ぎ上げました。042.gif

c0141933_21254691.jpg



そして、このプレーヤーの最大の特徴は、ダイレクトドライブであります。
ダイレクトドライブは、名前の通りターンテーブルのプラッター(レコードを乗せる部分)と
モーターが直接繋がっている方式です。

最近のプレーヤーは、ベルトドライブ式が採用されています。
プラッターとモーターをベルトで繋ぐ方式です。
ベルトドライブだと小型のモーターでターンテーブルを回すことが出来ますので、
この方式は比較的価格も安くターンテーブルを作ることが出来ます。034.gif
現在、販売されている海外製の高級プレーヤーもコストの安いベルトドライブ方式が採用されています。

レコードプレーヤーのターンテーブルでのダイレクトドライブ方式は、他の機械類と異なり、
非常に低い回転速度(33と1/3又は45および78rpm)を維持したまま、高いトルクかつ
高い精度が必要となります。

低い回転数をコンスタントに保つためのモーターは、高回転モーターに対して、
物理的に大きくなってしまいます。
ベルト駆動のターンテーブルに使用するモーターの直径は約2.5cmで回りますが
ダイレクトドライブ方式のモーターは直径約10cmにもなります。
その為、ベルトドライブの製品よりコストがかかるため販売価格は高騰します。

c0141933_21255549.jpg



現在は、P3レベルのダイレクトドライブに使える大型モーターは生産されていませんので
残念ながら、今ではもう作ることが出来ないプレーヤーとなってしまいました。002.gif

とりあえず、説明書に書かれてある程度の調整はしてみましたので音出し
出来るようになりました。
すでに自宅では過去最高のレコードの音になりました。当たり前か。w
しかし、またまだ奥が深いアナログの世界。

スーパーアナログサウンド目指していざ前進です。049.gif
[PR]
by contakuto79 | 2012-04-15 21:38 | オーディオ | Comments(19)
Commented by Kuni at 2012-04-15 22:30 x
RYOさんのところもきらきらした美音にますます磨きがかかっていることでしょう。皆さん凄いです!
Commented by Exclusive at 2012-04-15 22:57 x
Exclusiveと名乗っていますが、P-3は高嶺の花ですな。
Commented by AMIE at 2012-04-15 23:12 x
拙宅のは「( ゚д゚)、ペッ3」です
こんな高価な機械ではありませんw
Commented by RYO at 2012-04-15 23:16 x
kuniさん
キラキラ系の美音とはまた違ったサウンドですが、音の情報量は格段に増え、音の力強さも格段にレベルアップしましたよ。(^^)
Commented by スタタボ at 2012-04-15 23:17 x
Exclusive P3 ゲット、おめでとうございます。
一度は聴いてみたい逸品ですね。
BL-71との違いは如何でしょう?
Commented by RYO at 2012-04-15 23:22 x
Exclusiveさん
密かにブツを入手しているのはバレてますぞ。w
エベレスト売れたら、p3ゲットしてp3軍団結成しましょう。(^O^☆♪
Commented by RYO at 2012-04-15 23:26 x
AMIEさん
高級オーディオジャンクハウスのターンテーブルがスーパーアナログサウンド奏るのですから困ったものです。w
お時間ある時に、私のヘタクソ調整の駄目出しお願いします。f^_^;
Commented by RYO at 2012-04-15 23:30 x
スタタボさん
出てくる音が全然違いますよ。
とにかく音が鮮烈で情報量の多さが全然違います。
ただp3の長所をいかすフォノイコがないと宝の持ち腐れになりますが。^^;
Commented by woo at 2012-04-16 03:03 x
泥沼にようこそ♪
Commented by シール屋ようすけ at 2012-04-16 11:24 x
ついに行ってしまいましたね・・・
貧乏人はよだれ垂らしてみています。
Commented by RYO at 2012-04-16 12:13 x
wooさん
マイクロでそこそこにアナログを楽しんでいた方が、悩みも少なくて幸せだったのかも。f^_^;)
Commented by RYO at 2012-04-16 12:16 x
シール屋ようすけさん
私も貧乏人ですが、稼いだお金は右から左に受け流して景気アップの社会貢献をしています。
財布はすっからかんですが^^;
Commented by darda95_215 at 2012-04-17 05:29
ヒネリのない選択でつまらーんとか思ったりしたことは内緒だけど。

ダンプ用のシリコン、入手した物の粘度が高すぎて音が死ぬんで
少し粘度が低いWAKO'Sのデフオイルを使ってました(真っ赤)
私のはグっとお安いPL70だったけど w
Commented by RYO at 2012-04-17 12:43 x
だーださん
p3以外に、買えそうな価格帯で他に欲しくなる程の音のプレーヤーにまだ出会った事がないというオチでして^^;
オイルダンプ用のオイルは、車検みたいに定期的に交換しないと駄目みたいですね。
pl70しばらく使ってるとコストダウンによる強度不足から残念な事になってしまうプレーヤーとか(^^;;
Commented by darda95_215 at 2012-04-17 15:55
そーなんだ、とっとと売っぱらって正解だったな w
Commented by umekichi at 2012-04-17 20:34 x
Ryoさん、とんでもない武器を手に入れてしまいましたね。
ある意味、アナログ界のリーサルウエポンですね。
調整が難しいと聞きますが、Ryoさんの凄耳にかかれば
あっという間に飼い慣らしてしまうのでしょうね!!

それにしても羨ましいブツです。
私も欲しいですがとても手が出ません。

またレコード持って試聴しに行きますので、
よろしくお願いします。
Commented by RYO at 2012-04-17 23:20 x
umekichiさん
だーださんの言うように、ヒネリのない選択ではなりますが、愛媛のオーディオ仲間の間でP3の実力は皆が知っていますから、必然的にこれになりました。w
私のアナログスキルではオーバースペックではありますが、ぼちぼちスーパーアナログサウンドに近づけるよう弄ってみようと思います。
お暇なときには、またお気軽におこし下さいね。
Commented by コリン at 2012-05-03 23:36 x

 先日P10の復活に立ち会いましたが、素晴らしい創りに感激しました。P3は更に上級機、創りもストリップにしたときにその大きな構造の違いに唖然とします。正に『中身は別物!』ですから。 この時代国産でもまとまりのよさと完成度使いやすさと音、価格を考えても日本でトップのDDアナログプレーヤーでした。アームもモーターも素晴らしいし、そのシャーシも! とにかくスーパープレーヤーでした。友人も30年近く愛用されている方が3名いらっしゃいます。 拙はP10の流れを汲むPL70LⅡ、50LⅡを長年愛用しています。 パイオニアのプレーヤーが大好きですのでP3はその頂点。 いまだに憧れもありますが、拙はトーレンスを導入して愛用しています。 
Commented by RYO at 2012-05-04 00:14 x
コリンさん
トーレンスのアナログらしいゆったりとした厚みのアルサウンドも魅力がありますねえ。
P3は、初期型のP3とP3aでは音が違うらしいですが、初期型のP3の解像度、音の情報量の多さとアナログ特有の密度感が両立したサウンドに惹かれています。
まあ、P3に相応しいフォノイコが必要ですが。W
名前
URL
削除用パスワード