ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

K.Kオーディオクリニック お礼

K.Kさんより、オーディオクリニックの感想とお礼をわざわざ送っていただきましたので
こちらに転記しておきますね。

*****************************************

K.Kです。
RYOさん、先日はありがとうございました。

RYOさんに、サンスイのアナログチャンデバ(CD-10)、ローランドのグライコ(E-23I)、
カナレのデジタルケーブルを持参して頂きこれを我が家のシステムに接続して聴きました。

音全体のことを言いますと
音質が非常に柔らかく、音楽に漂うような雰囲気もあり、また、力強さもあります。
我が家のスピーカーもこの様な音も出るのかと驚きました。
長年このスピーカーを使っていますが今までPAに近い音(荒い)しか聴いていませんでした。
このスピーカーで当分続けて行けそうな気がしました。

これまで使っていたチャンデバは
簡易なICで出来たアナログ式のものと、デジタル式のものでしたが
質の良い部品で組み上げたアナログ式に軍配が上がるようですね
また、デジタル式はD/A変換するときに何か情報が欠落するのでしょうかね

パワーアンプもクラウン(D-45)がJBL-2235を鳴らすのには驚きました。
このパワーアンプは出力が小さく、ツイター位いしか使い方が無いと思っておりました。
それに引き換えベルウッドの発熱の大きなA級のパワーアンプはJBL-2235をドライブできません。
同社の営業言葉に乗せられた様な気分です。後悔

グライコいいですね。気になっている帯域を細かく補正できるので非常に便利です。
また、接続することによる音質の変化もほぼ解りません
我が家にも一台欲しいと思いました。

お休みのところ我が家で一日中お付き合いして頂きありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。


****************************************


KKさんがベルウッドのアンプに後悔されているようでしたので、私からも一言追加説明を。

ベルウッドのアンプは、音色がちょっと緩いので大型ウーハーをゴリッと鳴らすにはあまり向いてない
ような気がします。
もちろん、大型ウーハーにもいろいろ種類がありますので一概には言えませんが、
JBL 2235 との相性はあまり良くないですね。

むしろベルウッドのパワーアンプは小型スピーカーを鳴らしたほうが、小口径のウーハーを
ゆったり量感ある低音で鳴らしてくれると思いますので、小型SPとの相性の方が良いと思います。034.gif

オーディオ機器にも適材適所があります。
多少の緩さと音の柔らかさを持つベルウッドのアンプを中域に使うことで、音質全体を
柔らかい雰囲気に感じさせるために、ベルウッドを中域にチョイスしてみました。
これが、そっけない音のD45を中域に使っても柔らかな雰囲気は出ないです。
オーディオは、相性探しみたいなもので、どのように組み合わせてどんな形を作るのかを
楽しむパズルみたいなものだと私は思っています。003.gif
[PR]
by contakuto79 | 2011-12-01 00:18 | オーディオオフ会 | Comments(5)
Commented by woo at 2011-12-01 03:05 x
そう、相性なんですよね^^

だからボクみたいな電気/機械音痴でも何とかなる
ケースがあるからヤメラレナイ(笑)
Commented by jiro307 at 2011-12-01 10:23
オーディオクリニック、さすがですね。
マルチアンプ駆動も、とても勉強になりました。
Commented by RYO at 2011-12-01 12:24 x
wooさん
オーディオも男女の関係も相性が大切。同じですね。(^^)
Commented by RYO at 2011-12-01 12:28 x
jiroさん
マルチアンプ、シングルアンプ駆動 それぞれメリット デメリットがありますので、どんなスピーカー使うかで選択肢が変わりますね。
何でもマルチにすれば音が良くなるなんてことはありません。(^^)
Commented by woo at 2011-12-01 23:53 x
オンナを語るのはまだチョット早い、アハハ♪
名前
URL
削除用パスワード