ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

1950年代のSANSUI  真空管アンプ

cantea邸のフルレンジスピーカーを真空管で鳴らすというので、讃岐国まで
初期型プリウスで出動してみました。
流石に、ツアラーVと同じペースで行く事が出来ませんので、いつもよりちょっと
遅れ気味で讃岐に到着。

今回は、AMIEさんが持ち込みした懐かしいB級女性アイドルが中心でしたが、
カイザークリニックで調整されたP-610MBの音は、不自然な誇張のない絶妙な
バランスで鳴っていて、この日初めて聴いたAMIEさんも相当に感心されていました。

c0141933_2093834.jpg



CECのアンプで鳴らしているということで、AMIEさん持込のCECのバランスケーブルや
電源ケーブルなど持込してみましたが、現状のバランスが一番自然な感じでした。


最後に、1950年代のSANSUI  真空管アンプでダイアトーンの610を鳴らします。
今から60年も前のアンプで、AMIEさんのおじいさんが自分で改造して使っていた
そうです。w

c0141933_2094187.jpg


c0141933_2094275.jpg



球は、当時の貴重な物で東芝(マツダ)製真空管と松下。

c0141933_2094776.jpg


c0141933_2094892.jpg


c0141933_2094752.jpg



CECのアンプとの相性も悪くなかったのですが、SANSUIの真空管アンプで
鳴らすボーカルは絶品!!
ただしボーカル限定。w

c0141933_2094070.jpg



比較的新しい録音の音楽や演奏の激しい曲などは、アンプのパワー不足を
感じますが、このアンプで鳴らす音には他には変えがたい魅力がありました。005.gif
[PR]
by contakuto79 | 2011-01-05 20:16 | オーディオ訪問記 | Comments(4)
Commented by cantea at 2011-01-05 21:38 x
ホントにこのアンプで鳴らすボーカルは最高でしたね。
ウチのアンプでは到底太刀打ち出来ないものがあります。
何度でも聞いてみたい逸品でした
Commented by AMIE at 2011-01-05 21:44 x
リスポジで聞くボーカルは絶品でオーディオ的なコメントなど必要ない音でしたね
ネタのつもりで持ち込んだのですがビックリでした

私の手持ちSPに繋ぐとイマイチな音しか出ていませんでしたので
ただ古いだけのアンプだと思っていたのですが
これと610を組み合わせて聞いていた祖父を見直しましたw
Commented by M_-2000 at 2011-01-05 22:21 x
とっても、綺麗ですぅ、まさしく逸品ですね☆

610はもとより、ローサー(ラウザー)とか、今なら、フェアストレックスのフルレンジ・ユニットとかでも、鳴らしてみたいですねっ!!異次元の響きが聴けるかと…。
Commented by RYO at 2011-01-06 00:03 x
canteaさん
私が、以前いい音だなあ~と思ったお宅も610+真空管の組み合わせでしたから、真空管との相性の良いユニットなのかもしれませんね。


AMIEさん
流石、AMIEさんのおじいさん。只者ではなかったのですね。w
おじいさんは、このアンプでどんな音楽を聴いていたのでしょう?


M_-2000さん
あら捜しをすると、低音も高音も伸びていないレンジの狭い音なのですが、そんな事を全く感じさせない魅力が610にはありますね。
真空管との相性も抜群でした。
いろいろな他の石アンプと組み合わせると、どんな音がでるのか興味もありますね。
名前
URL
削除用パスワード