ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

GENELEC 8260A  渋谷 Rock oN Company

東京3日目は、朝からお勤めでしたがPM4:00に開放されました。
帰宅便は、PM7:15の飛行機ということで、PM6:30までには空港入りしたいので
空港までの移動時間を余裕をみて1時間、PM5:30までの1時間30分遊ぶ時間を
確保出来ましたので、またも遊びに行きます。w

原宿駅に移動。徒歩で渋谷方面に向かいますが...
もの凄い人ごみに巻き込まれ遭難寸前のRYOさん。w
流石、原宿。凄い人だなあ~と思っていましたが、何やら様子が変です。
同じ方向に群集が流れていきますのでどこに向かうのかと思っていたら
代々木第一体育館に皆が向かっているようです。

道路には縁日の出店まで出てきて、ちょっとしたお祭り状態。042.gif
そいいえば今日ここで、浜崎 あゆみのコンサートがあったのを思い出した。w

なんとか群集を抜け出し、渋谷の楽器店 Rock oN Company に向かいます。
ここのお店は、一般的なオーディオマニアが行くようなお店ではありませんが、
コーディング機材、楽器、音楽ソフト/ハードの専門店で、どちらかというと
音楽製作する側の人がよく利用するようなお店です。

http://www.miroc.co.jp/

ここに来た目的は...ずばり知人が怪物スピーカーと絶賛していた
GENELEC 8260Aの視聴です。041.gif
本当は、オタリテックの視聴ルームに行ってみたかったのですが、事務所が移転したばかりで
まだ引越し荷物の整理も終わっていないと言う事で、今回は断念。
オタリテック社のGENELEC担当者からこちらの楽器店を紹介してくれましたので
東京の残り時間を使って、アポなし視聴に行ってみました。w

GENELECのスピーカーは、音楽製作スタジオではかなり普及している
プロ用スタジオモニターSPです。
小型SPから38cmウーハーまでスタジオの規模に合わせていろいろな種類がありますが
今回は、デジタルDSP技術を投入した最新式の大型ラージモニターを視聴します。
スピーカ本体はペアで110万円ですが、その他の付属品も含めて一式揃えると
だいたい150万円位必要になります。

GENELEC 8260Aの詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。


見よ!!この圧倒的な存在感を!! 


c0141933_23562166.jpg



流石、110万円もするスピーカー 高級感と仕上がりの美しさが安物とは違います。
決してミニコンポのスピーカーみたいとか口が裂けても言ってはいけません。(爆)

店員さんに、よく持ち出ししている事が多いのですが、今回は運良く置いてありますと
うれしいお言葉をもらいながら持ち込みCDを聴かせていただきました。003.gif

GENELEC 8260Aは、同軸ユニットと25cmウーハーの組み合わせの3WAYになります。
パワードスピーカーになりますので、アナログ式のパワーアンプが3台内蔵され
それぞれのユニットを駆動します。
入力信号は、アナログ、デジタルどちらでも入力する事ができ、内部で一度デジタル信号に
変換されDSP処理をしてからアナログ信号に戻してパワーアンプに信号が送られます。

オーディオマニア的には、スピーカーケーブルもパワーアンプも選ぶ事が
出来ませんので、オーディオ弄りを楽しみたい人には向いていません。034.gif
卓上のパソコン用SPの大きいやつみたいな感じなので、『良い音で音楽を楽しむことが
出来ればそれだけでいい。』 というような人には、失敗がないのでお手軽にいい音で
音楽を楽しむ事が出来ます。


ミキサーにPCオーディオが接続されていましたが、CDの再生が出来ないとの事で
急遽、STUDERのCDプレーヤーを接続していただきます。

c0141933_23562270.jpg



STUDERのCDプレーヤーからミキサー経由で、GENELEC 8260Aに入ります。
今回は、 8260A内臓のDSPは使用していません。

c0141933_23561984.jpg



このDSPは、パソコンと接続して専用マイクで部屋の特性を測定して
左右独立して周波数がフラットになるように音色をイコライジングしています。
左右の壁が違うなど、部屋の影響を受けやすい場合は、このDSPはかなり有効に機能します。
こんな感じの測定値になるらしいですがはたして?w

c0141933_23561119.jpg


RYOさん コレクション Vol.1のディスクを好き勝手に聴かせていただきました。
最初の感想は、分厚い低音。なんというか低音の鎧を身にまとったような音です。

ここでは小音量再生でしたし部屋の大きさもぜんぜん違いますので、正確な比較では
ありませんが、日東紡音響のスピーカ: NES211S に似た雰囲気の低音の量感です。

25cmウーハー一発でここまで分厚いサウンドなのは、普通の民生用のスピーカーでは
あまりないような音作りで、やはり業務用の大型モニターSPらしい音になっています。

ウッドベースを再生しても空気感が伝わりなかなか分厚い低音なのですが、
低音過多のブーミーな音がするJ-POPのCDを再生してもブーミーな音にならない
かっこいい低音が出てみます。
おお~凄い!!この低音は私も好きかも。w005.gif

c0141933_2356211.jpg




中高音は意外と柔らかい音色ですので、追い込めばいい感じの音楽再生も
出来そうな雰囲気はあるのですが...
中高音 なんか音がめっちゃこもっているような感じが...(汗)
しかもハイ落ちだし。(爆)

まだ高域難聴になっていない感じの若い店員さんが対応してくれたので、
『中高音の音色 何かこもった感じしない?』 とはっきり質問してみました。

店員さんもそのことも認識しているのか、『ここの部屋は吸音材を張っていることと
機材が周りにたくさんありますので音響的に良くないみたいで...』 との回答でした。

東京遠征中に、こだわりを持ったマニア達の音や究極のオーディオルームなど
良い音をたくさん聴きすぎて耳が普通の音では満足出来なくなったのかもしれません。

どんなに良いSPでもそれなりの追い込みがないと、その性能を生かすことは
出来ないみたいです。

正直、このSPの限界がどの程度のものかぜんぜん評価も出来ませんでしたので
こちらのSPは、また機会があればちゃんとした環境で視聴し直してみることにしましょう。
[PR]
by contakuto79 | 2010-11-01 00:02 | オーディオ | Comments(2)
Commented by tetsu_mod at 2010-11-01 00:28
前回、Rock oN Companyは時間的に行けなかったので非常に気になってました。オタリテックでは1038/8260ともにめちゃ追い込んだうえにDSPでキャリブレートしてありました(実測データも見せてくれました。)そう考えると、条件に差があるのかもしれません。
横のムジークも聴かれました??
Commented by RYO at 2010-11-01 00:37 x
てつ君
マニア的なレベルでのオーディオ視聴では、Rock oN Companyに行く事はオススメしません。w
ただ、たくさんプロ機材が置いてあるので興味がある人は退屈しないと思いますよ。
お店が混んでいて、ちょっと待たされたのと、原宿から渋谷まで散策も兼ねて歩き移動だったので、時間もあまりないので8260だけちょこっと視聴させてもらいました。
正直、ここでの音は110万の音ではなかったですが、オーディオは環境や追い込みでぜんぜん違うものになってしまう典型例だったかもです。
でも低音だけはなかなか素晴らしかったよ。w
名前
URL
削除用パスワード