ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

たくみ@深川邸訪問 VICTOR ニッパー君

PM7:00 阿修羅邸を後にした私は、次なる目的地 たくみ@深川さん宅を目指します。

蕨駅から御徒町駅に移動。
乗り換えの為の新御徒町駅の場所がわからずプチ迷子に。007.gif
一度地上に出て移動しなければならないようで、もう少し案内板をしっかりしたものに
してほしいですね。(わかりにくい場所に小さな紙切れ1枚張ってました。)

なんとか新御徒町駅から門前中町駅に無事到着し、たくみ@深川さんが
駅まで迎えに来てくれました。

たくみ@深川さんとは、最近メールを頂いたとこがきっかけでお知り合いになりましたが
直接お会いするのは初めて、しかも都会のオーディオマニアからも一目置かれている
オーディオ会の重鎮らしいです。005.gif
カイザーサウンドの貝崎さんが、私が訪問する前日にオーディオクリニックに行ったそうで
貝崎さんのオススメで、急遽訪問させていただくことになりました。

まいぼうさんや阿修羅さんからも、オーディオ会の重鎮とお聞きしていましたし、
小心者の私は、『怖い人だったらどうしよう!!』 と、ビビりながらの訪問となりました。w

巷の噂によると、文章の書き方や使用機器などから想像するにたくみ@深川さんは
推定年齢50歳位と皆さん予想されていましたが、お会いすると私とほぼ同世代の
お若い方でビックリです。

見た目の印象も、非常に温和な感じの青年といった感じでやっぱり直接お会いしてみないと
ネットのやりとりだけではわからないものだなあ~と思いました。

当日は、千葉にお住まいのサンフラワー☆さんもオフに参加されていましたが、
サンフラワー☆さんも、『たくみさんは50歳位かと思っていました。』とか。w
サンフラワー☆さんは、非常に珍しいSPでオーディオしているそうですが
ちょっとでも音量上げると家族の反感があるそうで、いろいろ苦労人のようです。037.gif

PM8:00過ぎオフスタート

たくみ@深川さんのオーディオルームは、18畳程の広い空間で床はフローリング、
壁は無垢の木を壁材としした、山小屋風の内装の非常に落ち着く空間です。

狭い部屋でオーディオしている私には、これだけ素晴らしいオーディオルームがあれば
もっとオーディオ遊びが楽しめるのに...非常に羨ましく思いました。

この広いオーディオルームのど真ん中に、ビクターマークとしておなじみニッパー君が
鎮座しています。

おお~(〃゚O゚)スゲー! ライトアップ機能付きw

c0141933_024939.jpg



***************************************

ビクターマークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。
フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアを
かわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとり
フランシスが育てました。

たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、
ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に
聞き入っているようでした。

 
そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。
その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、その後円盤式に
画き変えられました。そして、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

c0141933_0362859.jpg



亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の
発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。
それ以来この由緒あるマークはビクター商品に美しく記され、最高の技術と品質の象徴として
みなさまから深く信頼され、愛されています。 

                                    (VICTOR HPより)

***************************************

c0141933_0241123.jpg




私が子供の頃、我が家には家具調の大きなVICTORのステレオがありました。
そのステレオは、今は亡き私の祖父が息子のために購入したのものだったそうですが
私が物心つく頃には、我が家にそのステレオがありました。

祖父が購入したのは、今から40年近く前のことではないかと思います。
私が小学校、中学校当時、なけなしのお小遣いを握りしめレコード盤を
買っては、そのVICTORの家具調ステレオで良く音楽を聴いていました。

そのビクターのステレオが私のオーディオの原点でもありますので、
このニッパー君を見ると、私もオーディオを始めた頃のことを思い出してしまいます。


たくみ@深川さんがお茶の準備に席を離れましたので、こっそりもらって帰ろうかと思いましたが
ニッパー君は結構な大きさがあり、旅行カバンの空きスペースにはとうてい入りそうもない
大きさでしたので、残念ながら諦めました。(爆)

昔のことを思い出し、私もライトアップニッパー君欲しくなったたくみ@深川邸オフでした。
深夜12:00 近所のホテルまでたくみ@深川さんに送っていただき、
前日の睡眠時間30分にも負けず、この日の長い一日がようやく終わりました。w


c0141933_0364534.jpg

[PR]
by contakuto79 | 2010-10-18 00:38 | オーディオ訪問記 | Comments(2)
Commented by 雪まるだ at 2010-10-18 21:44 x
素敵なニッパー君、私も欲しいけど置き場所が・・・。
広いリスニングルーム羨ましいかぎりです。
私も父親がビクターの家具調ステレオを持っていたので
それでレコードを聴いていました、アンプは真空管だったです。レコードプレーヤーがトップにあって確かベルトドライブでした。昭和40年くらいに買ったのかなぁ、子供ながらに良い音だなぁと思っていて私の原点かもしれません。RYOさんと同じ原点だなんて、同じスピーカーを使っているだけのことはありますねぇ^^
Commented by RYO at 2010-10-18 23:24 x
雪まるださんちにも、ビクターの家具調ステレオありましたか。
ビクターのロゴマーク見ると、昔を思いまします。
光るニッパー君 今でも入手出来るんでしょうかね?w
名前
URL
削除用パスワード