ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

AC-Music Conductor Rosenkranz

AMIEさんが遊びに来られましたので、先日のオーディオセミナーの際、
カイザーさんよりAC-Music Conductor/Rosenkranz という電源ケーブルを
貸して頂きましたので、ケーブルによる音の変化をいろいろ検証してみました。

c0141933_22404746.jpg



ケーブルは、プリアンプ:ジェフローランド シナジー に使用し、コンセントは
電源コンディショナー: TICE AUDIO ELITE 3 に差し込みます。

シナジー純正の電源ケーブル、いつも私が使用しているホスピタルグレードプラグ(松下電工)を
使用した安物電源ケーブルは音の傾向としては、高域煌びやかなシナジー特有の音色を
そのまま表現してくれます。

c0141933_22405242.jpg



が...AC-Music Conductorに交換するとプリアンプ交換したのかと思うほど
音が変化します。008.gif
シナジー特有の煌びやかな高域が影を潜め、ツイーターの存在感が
減少する感じ。

カイザーさんのオーディオクリニックも、高域は同じような聴こえ方に調整されていて
このケーブルを使用するだけで、クリニックを受けた時と近い雰囲気の音になります。
低域は、締まった低音というよりは、より弾力があるように弾む感じで量感が増えます。

高域が積極的な主張をしくなる分、シンセサイザーなどの電子機器によって演奏された
優秀録音の曲を再生すると、高域のシャワーがふりそそぐような派手さ
が少なくなりますので、オーディオ的な快感度が減少するようにも感じます。

しかし、最近の流行曲に多い高域ハイ上がり気味で、ボリューム上げると
高域のきつさが耳に付くようなCDを再生すると、楽器の音色がより自然になります。

c0141933_22405069.jpg



いろいろなジャンルの音を聴いたのですが、特に圧巻だったのが
アート・ブレイキー(Art Blakey)の "Moanin'" (モーニン)を再生した時の事。

この曲は、1950年代に録音された曲なのですが、まるで現代録音のように
鮮明なサウンドが展開され、楽器の生々しさが凄いです。

ウィルソンのシステム5から、まるでホーンスピーカーが鳴っているかのような
力強くエネルギー感溢れたテナーサックスやトランペットの音が飛んできます。
ブルンルブン弾けるベース。

これには、AMIEさんと顔を見合わせて吃驚しました。
まさかウィルソンからこんな音が出るなんて...005.gif

今回は、ケーブルの音の違いだけを検証する為に、他のセッティングは
触らないようにしましたが、このケーブルの特性に合わせて追い込みをしてやると
生々しい楽器の質感が再現出来るかもしれません。

AC-Music Conductorの詳細はこちらをクリック


幅広いダイナミックレンジや情報量、高域の伸びなど、オーディオ的な快感を
追求するなら、このケーブル以外にもそれに特化したケーブルはあると思います。
しかし、楽器の音色の質感にこだわる人や、現代ハイエンドSPにありがちな
低域ヤセ気味でハイが耳に付くようなシステムにお困りな人にはドンピシャに
マッチングするかもしれません。



Art Blakey & The Jazz Messengers Moanin' (1958年)





カイザーさんより、ローゼンクランツのHPのクリニックのコーナーでアップした
今回のオーディオセミナーの記事に、言葉足らずな点があり、一部の方に
真意が伝わらず誤解を与え、不快な思いをさせてしまった事への謝罪がありました。
説明不足であった内容を追加して、記事の修正を行いました、との連絡をいただきましたので
こちらでご報告させていただきます。
[PR]
by contakuto79 | 2010-10-05 22:51 | オーディオ | Comments(4)
Commented by たくみ@深川 at 2010-10-05 23:41 x
RYOさん こんばんは。
カイザーさんの電源ケーブル、なかなかの優れモノのようですね。
私のところのクリニックの時には、ケーブルまで至らなかったので、
機会があれば是非お借りして聴いてみたいと思います。
もっともカイザーさんからは「次に手を付けるならラックとピンケーブルだよ。」と
言われているのですが・・・。
Commented by RYO at 2010-10-05 23:51 x
たくみ@深川さん
コメントありがとうございます。
この電源ケーブルは、音の変化量がかなり大きいので、これを入れた時にはセッティングの変更が必要になりそうですよ。
この音が好みであれば嵌るでしょうし、オーディオの音の快楽を求める人には向いてないかもしれません。
今回、結構なクリニックになったそうですし、まずはピンケーブルあたりで様子見でしょうかね。w
Commented by AMIE at 2010-10-07 03:05 x
交換すると何時ものウイルソンの音では無かったですね
私にはRYOさんが冗談で「ハイ上がりの音を聞きすぎて物足りないだけじゃ?」
と言われたコメントそのままの音でしたw

現行ハイエンドで古いJAZZを聞きたい方には高価ですが良いケーブルですね
Commented by RYO at 2010-10-07 22:07 x
高域フェチのAMIEさんには降り注ぐシャワワ~ンな快感が必要ですものね。w
現在は、昔のテープのライブ音源に感心があるようなお話されていましたので、その辺りのソースもこのケーブル製作に影響を与えているのかもしれません。
名前
URL
削除用パスワード