ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

DIATONE P-610MB

先月、讃岐国よりお代官様が、canteaさん ひでさんの二人の家臣を引きつれ
わざわざ我が家を尋ねてきてくれた。
canteaさんがマイミクカレンダーに激しくヒマと予定を書かれていたのを見かけたので、
急遽、お礼参りツアーに出かけることにした。w

http://kyousyuku.exblog.jp/11740962/

愛車のハヤブサ号で久しぶりに高速ツーリング。
メッシュジャケットを着ているので、走ってると意外と涼しいが止まるとかなり暑いので
休憩なしで一気に爆走する。w

canteaさんが新たに導入した伝説の銘ユニット DIATONE P-610MBを
聴かせて頂いた。
現在、デジカメが手元にないのでiPhone3GSの内臓カメラで撮影。
やっぱり画質だめだね。iPhoneのカメラは...

c0141933_21354531.jpg


ダイアトーンは、まだ導入したばかりなので使いこなしの追い込みはこれからだと思うが
伝説と言われるその片鱗はちらちら顔を覗かせている。
が、まだまだぜんぜんこんなもんじゃないと思う。!!
低音も高音もない完璧なるカマボコ特性だし。ww

試しにiPhoneの簡易周波数測定で調べると、やっぱり予想通りの結果になった。w

c0141933_2126313.jpg


持ち込みの特注銀線を繋ぐと、なかなかの音が出てきた。
新たに製作したというフルレンジャーの自作バランスデジタルケーブルも
ナカナカの音がしていたが、今まで使用していたRCAデジタルケーブルは
ちょっと残念な音だった。w
スタンドの設置の仕方と610用のケーブル吟味と、フルレンジを駆動する
アンプの選択により別物の音に大化けするような予感が...005.gif


ウイーンアコースティック T2-G limited も測定

c0141933_21251978.jpg


250Hz~500Hz 1600Hz~4000Hz付近に妙なディップがある。
T2-Gのネットワークのクロスポイントは 400Hz、2200Hzらしい。
ディップとクロスポイントが同じなのはただの偶然なのだろうか...008.gif

c0141933_21355612.jpg


焼き肉屋に行くのは9ヶ月ぶりだというcanteaさんと、昨日に続き昼間から焼き肉に行く。
今日は自腹の折半だけど。w
[PR]
by contakuto79 | 2010-08-14 21:44 | オーディオ訪問記 | Comments(3)
Commented by M_-2000 at 2010-08-14 22:42 x
RYOさん、こんばんはっ。お代官様!!「観目麗しく、情けあり…」(^^♪

canteaさん宅の両sp, 音楽がとっても楽しく奏でられそうです。
Commented by cantea at 2010-08-15 07:49
素晴らしい周波数特性ですね~我ながら感動してますw。610はケーブルとスタンドのセッティグで化ける余地はかなりありそうでまだまだ余力はありそうな予感。
それとウイーンのクロスは記憶違いで正確には200と3000でした。それでもその付近は十分落ちてますねw
Commented by RYO at 2010-08-15 16:27 x
低音痩せ気味の610には、石アンプより低音ゆったりした真空管アンプとの相性の方がいいかもしれません。
そちらの方も検証してみると面白い音が出てくると思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード