ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

伊方きらら館

帰宅途中、道の駅 伊方きらら館で休憩します。

道の駅 きらら館 は、四国の最西端、日本一細長いといわれる佐田岬半島のつけ根に位置し、
古くからは杜氏の町として、また今は四国で最初に原子の火を灯した町として知られています。

伊方原子力発電所ビジターズハウスも併設されていて、ここでは原子力発電のしくみや
エネルギー問題などを近代的な装置やパネル表示、映像・音響設備などで
わかりやすく紹介しています。

c0141933_0293743.jpg


せっかくなので、伊方原子力発電所ビジターズハウスにも入ってみますが
ちょうど夕方5時で閉店の時間となっていました。残念!!

小腹がすいたので、タコせんをゲット!!
お菓子のタコせんべいの間に、タコ焼き3個をはさんで、ソースをたっぷり塗っています。
200円と安く、意外と美味しかったです。w

c0141933_0272097.jpg


OTさんのSRXのデコンプワイヤーが切れるトラブルもありましたが
なんとか無事エンジン始動出来ました。

きらら館から横道に入り、ここからの帰宅はメロディーラインを走らずに旧道の255号線を
走ります。
佐田岬の北側の海岸線を細くクネクネの道が続きます。
交通量 ほぼ0 我々以外 対向車1台見ただけでした。w
道路整備があまりされていないので、バイクで走りにくい道路でした。

海岸からの眺めはなかなか良かったです。
原子力発電所の建物は、メロディーラインからは見えない場所に建てられていますが
255号線からだと建物の様子を見ることが出来ます。

伊方原子力発電所
c0141933_026345.jpg


しかし、快適ツーリングもここまで。
寝不足状態で、炎天下長時間走っていた影響か頭がクラクラし始めます。w
頭クラクラなので、クネクネ道を走るのに大きなバイクに振り回されます。

ヘロヘロになりながらも、なんとか378号線の合流地点までたどり着き、ボ~とする頭で
バイクから降りて一休み~と何も考えないまま左足を地面に付いたと思ったら...

草の茂みに足を突っ込んでしまい、ズブズブと沈みゆく左足。w
アレ~~ と思ったときにはすでに時遅し。
大きく開いた両足の間で隼がコテッと寝てました。w

バイク起こすとダメージなさそうでラッキーと思ったら、クラッチレバーポッキリ折れてました。007.gif

クラクラの頭と折れた操作しにくいクラッチレバーのおかげで、ここから自宅に戻るまで
発進時 5回もエンストしてしまいましたとさ。w

おしまい。


AM9:30 出発 ~ PM7:45 帰宅
本日の走行距離 約300キロ

教訓 : ロングツーリングに行く日は、夜更かししないで早く寝ましょう。w

2008年式 GSX1300R 隼のクラッチレバー結構なお値段しますね。
ネットで調べてみると、1万円位するものばかり。
来月に車検控えてる上に、車のタイヤ4本変えないと車検通りそうにもないので
金欠警報発令されています。
安くて良さそうなの知ってる人いましたら、情報お待ちしています。


道の駅 伊方きらら館

c0141933_0295650.jpg


* 駅施設
駐車場大型4台・普通43台・
身障者用1台/トイレ/
ふれあい水槽/民俗資料室/
展望デッキ/ ほか

* 営業時間
4月~9月:午前9時~午後6時
10月~3月:午前9時~午後5時
(駐車場・トイレ・電話は24時間)

* 休館日
12月29日~1月1日

* 連絡先
愛媛県西宇和郡伊方町九町越
TEL:0894-39-0230(FAX兼用)

* 最寄りのアクセスIC
大洲北只IC

きらら館 ホームページはこちらをクリック
[PR]
by contakuto79 | 2009-09-11 00:39 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード