ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

Sheena Easton / It's Christmas All Over The World

DJ イン マイ ライフ がヒットしていたちょうど同じ頃、映画史上初のサンタクロースが
主人公になった映画が公開された。
アメリカ映画 『サンタクロース』 1985年 
この映画は、スーパーマンシリーズを手がけたスタッフが、当時125億円をかけて製作した
超大作だ。。

年下の従兄弟二人と弟をつれて、今はなき松山グランド劇場にこの映画館に見に行った。
この映画のエンディングに、シーナ・イーストンの「世界中のクリスマス」という曲が
流れていた。

当時、女性ボーカルはJ-POPのアイドルの歌など聴く程度だったが、その圧倒的な
歌唱力と一度聴くと耳に残るメロディーに映画以上に感動した記憶がある。

私が、本格的に洋楽が好きになる大きな影響を与えてくれた一曲だ。
この頃からオーディオ遊びはいろいろしてはいたのだが、この曲との出会いがなければ、
ここまで本格的にオーディオにのめり込むことはまずなかっただろう。

It's Christmas All Over The World / 「世界中のクリスマス」
Sheena Easton /  シーナ・イーストン 



ちなみに、この映画はDVDで発売されていない。
当時、レーザーディスクとVHSで発売されたが、私はレーザーディスク版を所有している。


映画 『サンタクロース』 
1985年アメリカ映画 108分

c0141933_0504930.jpg


【STORY】
昔からずっと毎年子供たちにプレゼントを配りつづけているサンタクロース。
さぁ今年も子供たちからたくさん手紙が届きました。
今年からサンタの助手を務めることになったパッチは機械を使ってたくさんのおもちゃを作るのですが
これがみんな不良品ばかり。
この失敗でサンタの信用を失ったと思ったパッチは、助手をやめ、北極を出ていってしまいます。
そのパッチを利用して悪徳おもちゃ会社のビージーは「空を飛べるキャンディー」を開発。
ところがそのキャンディーは火に近づけると爆発する危険なものだったのです。
さぁ、サンタクロースは子供たちを救えるのでしょうか?

【CAST】
クラウス:デビッド・ハドルストン
パッチ:ダドリー・ムーア
ビージー:ジョン・リスゴー
アニア:ジュディ・コーンウェル
タウザー:ジェフリー・クレイマー

【STAFF】
【監督】ヤノット・シュワルツ「ある日どこかで」「スーパーガール」
【脚本】デビッド・ニューマン「俺たちに明日はない」「スーパーマン」
【音楽】ヘンリー・マンシーニ「ティファニーで朝食を」「ひまわり」
【出演】ダドリー・ムーア、ジョン・リスゴー、デビッド・ハドルストン
[PR]
by contakuto79 | 2009-09-05 01:20 | 映画ソフト | Comments(2)
Commented by M_2000 at 2009-09-05 05:41 x
RYOさん、おはようございますっ!

これは、うちの長女が観たら、とても喜びそうです~。
(LD版の画質はとても良さげ、ですねっ!)
Commented by RYO at 2009-09-05 22:15 x
興業的には大失敗した作品なので、知名度は低いですが大人が見ても心が温かくなる良い作品ですよ。
レンタルビデオになかったら、ヤフオクなどで安くVHSが売られていると思います。
お子さんが見るなら吹き替え版が良いですね。
名前
URL
削除用パスワード