ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

naokオーディオ研究所 パート2

naokさんが現在、メインスピーカーとして使用されているのはフィールド型スピーカーです。

一般的なスピーカーユニットは磁石を使用てスピーカーを製造しているのですが
フィールド型は、励磁式と呼ばれる磁気回路に電磁石を使っています。

c0141933_22294584.jpg


つまり電気で磁力を発生させてスピーカーを鳴らしています。
フィールド型が全盛の時代は良質のマグネットの入手が困難な時代です。
いわゆる電磁石(励磁型)の磁気回路を採用したユニットは現代のハイテク素材を使い
量産性を最優先させたスピーカーには無い人間の感性に訴える”何か”が存在したのです。

しかし、電磁石を駆動するための電源が難しく、この電源により音が多様に変化します。
電圧を上げて磁界を強くすると音が力強く、電圧を下げると逆に変化します。
電源のインピーダンスによっても音の素性が大きく変化するようです。
インピーダンスが単純に高い低いということだけではなく、インピーダンスの質的な問題で
大きく音に影響を与えてしまうのです。

c0141933_22301841.jpg


フィールド型スピーカーは、まさしくオーディオ遊びをやりつくしたマニアが
最後にたどり着く桃源郷なのかもしれません。

naokさんが使用されているユニットは、ドイツの古いユニットが中心です。
いろいろ実験されているようですが、今回視聴したものは、第二次世界大戦以前に
製造されたという相当に古い物で、すでに70年以上経過しています。w
イギリスのBBC放送の創業開始時にも採用されていたユニットとか。

そんな古いユニットのスピーカーだと蓄音機のような古めかしい音がするのでは?
と思っている人もいるかもしれません。
しかし、これがびっくりするほど生生しい人の声を再現してくれます。
そんな昔に、これほどのスピーカーを作ることが出来たドイツの技術力に驚きです
naokさんのユニットも、アドルフ・ヒトラーを声をリアルタイムで鳴らしていたのでしょう...

c0141933_2230482.jpg


ビンテージユニットですが、駆動するアンプは、
デンマーク社のデジタルアンプ Acoustic Reality eAR1001 に採用されている
アイスパワーのアンプモジュールを使用しています。
もちろん、そのままノーマルアンプで鳴らしているわけではないですけどね。w
c0141933_22281827.jpg



フィールド型の電源部です。大きな真空管が整流管として使用しています。
c0141933_22271730.jpg


後面開放のエンクロージャーですので、ドスドス腹に響く低音は出ません。
しかし、人の声を再現するには十分な低音が出ています。
複数ユニットを使用したスピーカーにはないフルレンジゆえの定位、声の質感は流石です。

c0141933_22274971.jpg


ボーカル物中心に視聴していたエクスクルーシブさんが思わず、この後に続くオフ会
エクスクルーシブ&ナカナカ邸では ボーカル物は再生しないで下さい。
と、ひでさんにお願いしていました。w

ひでさんのミクシー日記の訪問記です。

初めてnaokさん宅に訪問した時は、ディナウディオのコンフィデンスでした。
JBLを自作ネットワークで駆動して、まるでハイエンドスピーカーのような
美音を聴かせてマニア達を驚かせたこともありました。w
今は、部屋の片隅でいつの日か復活できる日を待つ日々です。
c0141933_2236515.jpg

JBLの自作ネットワーク
c0141933_22354235.jpg


ひでさんは、いろいろな真空管を、私は外付けCDドライブ PLEXWRITER Premiumを
お土産にレンタルさせていただきました。w
c0141933_22313885.jpg



naokさん どうもお世話になりました。
naokさんのオーディオを見ていると、『私も、もっとがんばらねば...』
といつもいい刺激をいただいています。
更なるパワーをいただき、ドクターnaokの島を後にしました。
[PR]
by contakuto79 | 2009-08-08 22:42 | オーディオ訪問記 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード