ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

上妻宏光 DVD "AGATSUMA SPIRIT"

上妻 宏光(あがつま ひろみつ (1973年生まれ )日本の津軽三味線奏者。茨城県日立市出身。

古典曲の独奏に限らず、民謡伴奏や洋楽とのセッションおよび作曲においても
高い評価を得ており、木乃下真市と双璧をなす若手第一人者とされる。
趣味で三味線を弾く父親の元で育ち、6歳より茨城県日立市の佐々木光義に入門して津軽三味線を学ぶ。

1987年、14歳で全日本津軽三味線競技大会(青森県北津軽郡金木町、現・五所川原市)
において同大会史上最年少優勝
中学卒業後に上京(堀越高等学校入学)、ロックバンド六三四に加入するなどの活動を続けて
腕を磨き、1995年および1996年の津軽三味線全国大会(青森県弘前市)で2連覇を果たす。

2001年にアルバム「AGATSUMA」でメジャーデビューし、同アルバムで
第16回日本ゴールドディスク大賞の純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞
2003年には第11回スポニチ文化芸術大賞優秀賞を受賞した。

2003年、喜多郎らが所属するDomo Records(ドーモレコード)よりアルバム「Beams」にて
全米デビューを果たす。

国内に限らず、アメリカやEUでツアーを行うなど海外でも精力的に演奏。
ニューヨークのジャズクラブに飛び入りでセッションしたり、スペインでフラメンコと
セッションするなど、古典にとどまらない活動を見せる。

(Wikipediaより)


DVD "AGATSUMA SPIRIT"
上妻宏光 "津軽じょんがら節"






上妻宏光 "我風"





[Live] Hiromitsu Agatsuma (上妻宏光) - Aranjuez~Spain


[PR]
by contakuto79 | 2009-03-22 03:29 | 映画ソフト | Comments(5)
Commented by モモンガ at 2009-03-22 08:23 x
いつも貴重な映像楽しませていただいています。三味線と洋楽器とのコラボ すばらしいですね。感動ものです。
Commented by M_-2000 at 2009-03-22 08:59
やっぱり、日本人には心地よい三味線の響き。RYOさんが11日に紹介された「フィンランド出身の若き天才ギタリスト ペッテリ・サリオラ 」のプレイを観た時も、思わず三味線を思い浮かべておりました。お話は大分にとびますが、柴田昌弘のコミックス「紅い牙」中には準主人公のサイボーグのベーシストが「64ビート奏法」なる超絶テクで観衆のド肝を抜く場面があったこと等を突然想いだしましたです。
Commented by RYO at 2009-03-22 16:40 x
オーディオ遊びも停滞気味なので、最近はBGMサウンドをまったりと聴いています。
三味線も演奏の仕方で洋楽器とのコラボもなかなかいい感じです。
ギターも三味線もある一線を越えると技術的に共通する部分があるのかもしれませんね。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-03-22 17:30
三味線のスペインなんか、また違った感じで楽しいですね。
三味線トリオなんかでジャズの定番やってみてしいですね。
Commented by RYO at 2009-03-22 17:48 x
伝統楽器も演奏者しだいというとこでしょうかね。
生での演奏一度は聴いてみたいものです。
名前
URL
削除用パスワード