ブログトップ

RYO オーディオ美音倶楽部

contakuto.exblog.jp

RYO オーディオ美音倶楽部

騒音レベルと許容基準

最近は、四国の100dB倶楽部という存在が四国外のオデオマニアに何かしら影響を
与えているらしいとの噂を耳にしました。w

私は中音量程度なので大丈夫ですが、防音ルームや近隣に迷惑を与えない環境を持つ
オーディオマニアは、皆爆音派へと変貌していく傾向にあるので、せめて耳を壊さない程度に
オデオ遊びをしていきたいものですね。


日常生活騒音レベル[dB]
音の大きさのめやす
極めてうるさい
140 ジェットエンジンの近く 聴覚機能に異常をきたす
130 肉体的な苦痛を感じる限界
120 飛行機のプロペラエンジンの直前・近くの雷鳴
110 ヘリコプターの近く・自動車のクラクションの直前
100 電車が通る時のガード下・自動車のクラクション
90 大声・犬の鳴き声・大声による独唱・騒々しい工場内    極めてうるさく感じるレベル
80 地下鉄の車内(窓を開けたとき)・ピアノの音 聴力障害の限界


うるさい
70 掃除機・騒々しい街頭・キータイプの音 うるさい
60 普通の会話・チャイム・時速40キロで走る自動車の内部

普通
50 エアコンの室外機・静かな事務所 日常生活で望ましい範囲
40 静かな住宅地・深夜の市内・図書館

静か
30 ささやき声・深夜の郊外 静か
20 ささやき・木の葉のふれあう音


騒音レベルと許容基準
人は長時間、80dB以上の音に触れ続ける事は、回復が困難な難聴等の聴覚障害をもたらすことになります。
下記の表は、騒音レベルの中で滞留できるおよその目安を示します。

騒音レベル(A特性音圧レベル)による許容基準 (産業医科大学調べ)
  例:90dBの騒音=2時間30分以上さらされると難聴が進行
1日の曝露時間 許容騒音レベル
(時間-分)    (dB)  
24-00      80
20-09      81
16-00      82
12-41      83
10-04      84
8-00       85
6-20       86
5-02       87
4-00       88
3-10       89
2-30       90

2-00       91
1-35       92
1-15       93
1-00       94
0-47       95
0-37       96
0-30       97
0-23       98
0-18       99
0-15       100

ちなみに、100dBの騒音だと15分以上視聴すると、耳が壊れ始めるそうです。w
壊れた聴覚細胞は元に戻らないらしいので、皆さんほどほどにと言うことです。034.gif

去年の2月から京都大学院耳鼻咽喉科で突発性難聴に対し、聴覚細胞を再生する世界初の治療を開始したそうです。
詳細はこちらをクリック
オーディオで爆音でしか何も感じなくなってしまったジャンキー気味のマニアの耳にも
効果あるんでしょうかね?ww

追加更新
てつ君が、爆音便乗記事アップしてくれましたので記事のリンクを紹介。
難聴についてももう少し詳しく紹介してくれています。
記事の詳細はこちらをクリック


こちらでも同様の内容で記事アップ中 詳細はこちらをクリック
[PR]
by contakuto79 | 2009-02-14 17:38 | オーディオ | Comments(8)
Commented by tetsu_mod at 2009-02-14 19:31
便乗日記書きました^^
ソマリア海賊退治に使われてるLRADは指向性を持った最大145~151dbハイパーサウンド・ビームが放射できるようです。ジェットエンジンより大きい!そりゃ近づきたくはないっすわw
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-02-14 21:58
自宅で聴いてるとついついボリュームを上げたくなってしまいますけど、防音も何もしてない家ですので上げられない環境でいると、大音量派の方がうらやましく思ってしまいますけど、大音量派の方でだいたいどれくらいの音量で聴いてるんでしょう??

ハイパーサウンド・ビームをくらった人がどうなるんかも見てみたいですね!
Commented by RYO at 2009-02-15 01:11 x
てつ君
海賊も、まさか爆音で攻撃されるとは思ってなかったでしょうね。w
ハイパーサウンド・ビームだと、流石に耳栓した位じゃ駄目なのかな?
便乗記事 リンク追加しときますね。

ta-mo-ta-moさん
JBLだと、ある程度爆音再生させないとJBLの良さを生かせないところはありますよね。
ホーンならではの音のエネルギー感がポイントでもありますし。
爆音といっても、それになれると普通に感じてしまいますし、聴く人により感じたかは違いがあります。
オフ会での経験では、オーディオ視聴時にドラムのスネアとかのアタック音が本物に近い雰囲気の音量が出ていたら間違いなく爆音派の仲間入りです。w
Commented by tetsu_mod at 2009-02-15 01:34
中耳の増幅率は約40dbと言われています。(だからどんなにいい耳栓でも-40dbです。)
空気を伝播した粗密波が頭蓋骨も揺らしてるとしたら、耳栓をしてもまだ100dbくらいは聴こえる計算ですね。充分、使えるかと思います。LRADをくらった外国人リポーターは『音というより鼓膜をぶん殴られてるようだよ!』と言ってました(笑)
Commented by tetsu_mod at 2009-02-15 01:45
一応、追記しましたが90-100dbというのは人体の聴力保護システムが働くくらいの大音量です。(大声や犬の鳴き声はそもそも威嚇ですし、車のクラクションも注意喚起ですし。) それくらいの大音量である、ということを自覚しておいて出来ればかけがえのない耳ですからご自愛いただければ幸いです。

音楽好きに関わらず、音を失うのは恐ろしいことです。音楽好きならば耐えられないかもしれません。騒音性難聴はiPodなどで増加が言われていますが、治らない恐ろしい病気なのです。
Commented by RYO at 2009-02-15 02:40 x
鼓膜ぶん殴りですか。w
爆音派の皆さんにはなかなか刺激的な言葉かと。w

生体における防御システムが働くほどの大音量を日常的に浴び続けて快感を感じる皆さんはやっぱ恐るべしですな。w

私のミクシー日記にもこの記事のレスが入ってましたので向こうでもがんばって長文レス書いときました。
Commented by 丹波 at 2009-02-15 08:55 x
私も最初にネットで騒音レベルの記事を見てビックリしましたが、
実際は心地よく眠れますから、オーディオにおける100dBと騒音の100dBはまったく別のモノなのでしょう。

耳で聴くというより、身体に音のシャワーを浴びる、そんな感覚が近いです。
音のシャワーを浴びているうちにだんだんと疲れが取れてきて眠ってしまうのでしょう。
だいだい、耳に痛いサウンドだと100dBまで音量上げられませんしね。

机上論と実際は違う、良い見本ですか。
Commented by RYO at 2009-02-15 21:27 x
同じ音圧でも騒音と音楽では脳内で感じとるストレスは全く違います。精神的な癒し効果という意味ではそれが爆音でも音楽で癒されるということは大いにあるでしょう。

ただ精神的に癒される効果と、爆音で難聴になるということは全く意味が違いますのでそこを一緒に考えてしまうと正しく物事を理解できなくなってしまいます。

大きな音を日常的に聞き続けると、それが大きい音だと感覚が麻痺して感じられなくなってしまいますので、そちらの方がむしろ怖いことなのです。
こちらの追記も合わせてどうぞ。
ttp://naseba.exblog.jp/9339743/

以前、丹波さん宅にお邪魔した時は思わず耳を塞ぎたくなるような音に感じられた時がありました。
思わず、高域のアッテネーターを絞って欲しいとお願いましたが、それが耳に痛いレベルだと気がつかなくなってることの方が怖いことなのです。
少なくとも私が香川に住んでいた頃の丹波さんはあそこまでの爆音派でなかったことだけはお知らせしておきますね。

何かオーディオに水をさした記事になりましたが、世間一般の人より耳の悪い、オーディオマニア になってしまってからでは手遅れですよ!!ということでご勘弁を。w
名前
URL
削除用パスワード